エリア51

書きたいことが多すぎる。

書きたいことが多すぎる。

写真は2019年3月14日、アメリカがUFOとエイリアンを秘密裏に匿っていることで有名なネバダ州のエリア51の近くにあるお土産物屋さん「エリア51エイリアンセンター」。この旅の冒頭、オレゴンから北カリフォルニアの沿岸部の想定外の寒さで風邪をひいてしまい、実は結構な発熱で朦朧とした状態で無理やりお道化て自撮りしている。ここは私みたいなアメリカの陰謀論マニアにとっては超有名なお店で、この時は2回目の訪問。ちなみにネバダ州は売春が合法なのだが、この店は売春の斡旋もしており、1回目に

スキ
3
「ネバダのミステリーサークル」の巻

「ネバダのミステリーサークル」の巻

 テレビの「SFドキュメンタリーもどき」が好きだった。UFOとか心霊現象とか、笑いながら見るのが大好きだった。矢追純一のとか。そういう番組では、もとのテーマから外れて、様々な超常現象とか怪奇現象を紹介することもよくあった。伝説のビッグフット、ネッシー、チュパカブラ、織田無道。こういうのが、同じジャンルに収まっているのがテレビのそっち系の番組だった。  そういう中で結構面白かったテーマのひとつに、ミステリーサークルがある。UFOの目撃譚などは、いくらでもでっち上げられるし、映像

ET技術?ロッキード・マーティンは口を割るか

ET技術?ロッキード・マーティンは口を割るか

ロッキード社と言えば、自分世代なら「ロッキード事件」で名前を覚えたように、昔はトライスターなどの旅客機も製造していたが、1995年にマーティン・マリエッタ社(既にゼネラル・エレクトリック社の航空宇宙部門を買収していた)と合併してロッキード・マーティン社となり、今では世界最大級の軍需産業メーカーである。 主な製品は、F-22、F-35戦闘機、その他あらゆる軍用機器や各種ミサイル、宇宙機などだが、特に「スカンクワークス」と呼ばれる、先進技術開発チームが、U-2やSR-71、F-

スキ
17
『第9地区』(2010年公開)

『第9地区』(2010年公開)

こんにちは! 『この映画観てもいいかも』の20.315です! 朝から雨模様なのでAmazonPrimeを検索していたら、『第9地区』が見れるということなので、早速見ました。 2010年の公開時に、実はロードショーで見ているんですが、何度見ても面白い映画です。 コメディーやスリラーの要素あり、ロボットアクションあり、若干のスプラッター要素あり、とそして、もちろんSF映画でもあります。風刺要素も多分に含んでいます。 まずは設定がぶっ飛んでいます。 UFOが飛来するのは北

気になる気にならないどちらにも、良いと悪いがあるの難しいな。

気になる気にならないどちらにも、良いと悪いがあるの難しいな。

わりと日常的に舞台観劇をする方です。この時点で、結構マイノリティだと思います。 舞台って観に行かないですよねあんまり。映画とはわけが違うと思います一般的には。ぼくも、今でこそ観ますけど、最初はなんか、ハードルが高いというか、というより、なんだか遠い世界の話って気がしてました。舞台ねー、へー、俳優さん生で見れるんだぁ、へー、変なのー。みたいな。そもそも俳優さんを生で見るっていう行為自体が、ちょっと想像ついてなかったです。そこでどんな演劇が立ち上がっているかということよりも、俳優

スキ
2
まちライブラリーZiba                 ~おすすめ本のご紹介~Vol.5

まちライブラリーZiba                 ~おすすめ本のご紹介~Vol.5

『絶対に行けない世界の非公開区域99 ガザの地下トンネルから女王の寝室まで』 ダニエル・スミス (著) ナショナル ジオグラフィック (編集) 小野 智子/ 片山 美佳子 (翻訳) この本を開いたのは、エリア51が載っていたから。 宇宙人も運び込まれた、と噂されたネバダ州の砂漠にあるアメリカ空軍の 施設、エリア51 18番格納庫の存在も図解で説明されているものの米軍の機密事項がぎっしりと詰まっている完全非公開エリア。 存在さえ隠されるというニューメキシコのダルシー基地

スキ
4
6月24日はUFOの日。トランプ大統領の置き土産、UFOについての政府報告書⇒米国議会へ。アメリカUFOニュース総ざらいまとめ。

6月24日はUFOの日。トランプ大統領の置き土産、UFOについての政府報告書⇒米国議会へ。アメリカUFOニュース総ざらいまとめ。

よう!エイリアン”いる派”の諸君。 元気してるかい? UFOの日だな。 エリア51あたりは大盛り上がりしているであろう今日この頃。 ということは明日は、お待ちかねのあの日だな。 2021年6月25日:米国政府報告書⇒米議会へ提出の日 遂に、来てしまうわけだが、明日に備えてこれまでの当報告書に関わるニュースを全部総ざらいしてしまおう!というのが今回の日記だ。 当日記始まって以来追い続けたシリーズが完結!?するかしないかはわからないが、これをみればアナタはどこよりも詳

スキ
57
エリア51と宇宙人

エリア51と宇宙人

エリア51ではいったい何をしているのか、本当に宇宙人と関係あるのかなど、かつて、いろんな噂がありましたが、2013年にアメリカのCIAがエリア51の存在を認めたあと、エリア51の存在には疑問がなくなりました。  アメリカ軍の機密の航空機のテストが行われているとか、ステルス機の試験飛行が行われているとか、特に、UFOや宇宙人について研究しているとか、あるいはUFOや宇宙人の基地とかなどの話もあります。  宇宙人の存在を信じますか、私はたぶんいるだろうと思っています。現在、宇宙人

スキ
1
もはや地上波でも注目?UFO映像、そして問題の報告書、公開日決定。

もはや地上波でも注目?UFO映像、そして問題の報告書、公開日決定。

やぁ。いる派の諸君。元気かい。 遂に決定したな。 問題のあの報告書の公開日が。 (引用元:FNNプライムオンライン© Fuji News Network, Inc.) 2021年6月25日。くしくも、6月24日=UFOの日の翌日だ。 【いる派】はもちろん注目していると思うが。 なんとこの放送は、地上波の最大手フジテレビで放送された。 ガッツリ話題だ。 番組内によると、「UFOが宇宙人の乗り物である証拠はみつからなかった」しかし、「UFOの乗り物である可能性

スキ
33
あの人もムー民!?芸能人いる派陣営!

あの人もムー民!?芸能人いる派陣営!

エイリアン【いる派】の諸君。 今日も【いる派】の時間だ! 今日は趣向を変えて、【いる派】な仲間たちを紹介企画だ。 題して、『あの人もムー民!?芸能人いる派陣営!』 ムー民とは?ムー民の『ムー』は、ワン・パブリッシングが発行する日本の月刊オカルト情報誌『ムー』のことである。 キャッチコピーは「世界の謎と不思議に挑戦するスーパーミステリーマガジン」。 また、意外にも、実はあの教育系出版社「学研」から創刊されている。 そんな同誌の愛読者や投稿者をの愛称こそ「ムー民(む

スキ
61