アーバンデザイン

【百年ニュース】1921(大正10)8月22日(月) 名古屋市が周辺16町村を併合し大都市に。市域は倍増し当時の東京市の2倍に,人口は60万人となり東京市の1/3に達した。ただし今回は下一色,川中,萩野,荘内,天白の5町村は合併せず。名古屋は大戦中に重工業が発展し都市計画が進んだ。
+7

【百年ニュース】1921(大正10)8月22日(月) 名古屋市が周辺16町村を併合し大都市に。市域は倍増し当時の東京市の2倍に,人口は60万人となり東京市の1/3に達した。ただし今回は下一色,川中,萩野,荘内,天白の5町村は合併せず。名古屋は大戦中に重工業が発展し都市計画が進んだ。

名古屋市が周辺16町村を併合し大都市に。市域は倍増し,当時の東京市の2倍の規模。また人口は60万人となり東京市の1/3に達した。ただし今回は下之一色、川中、萩野、荘内、天白の5町村については合併せず。第一次大戦中に重工業が発展し都市計画が進みました。 名古屋の都市計画と言えば「道路」が有名です。大正期は全国的に鉄道の整備が進んだ時代として知られているわけですが、名古屋大学の馬場俊介先生の1990年の論文「明治大正期名古屋の道路整備とその財源」によれば、名古屋では鉄道優先の時

スキ
2
アーバンデザインセンターとPlateau(プラトー)

アーバンデザインセンターとPlateau(プラトー)

■アーバンデザインセンターとPlateau(プラトー) 国土交通省都市計画課は3D都市モデル(Plateau:プラトー)をリリースしました。すでに数十都市のまちが3D化されており、自由にカスタマイズ可能なプラットフォームちして各地でこの実務的な活用方策が検討されています。  都市政策立案や各種のシミュレーションに極めて有効であり今後のさらなる活用が期待されます。  一方、総合的なまちづくりのためのプラットフォームとして「アーバンデザインセンター」が設立されています。海外の主要

スキ
5
マヌ50周年を迎えて Ⅱ.再開発篇 人・街・建築 〜草の根をさまよう〜 その2

マヌ50周年を迎えて Ⅱ.再開発篇 人・街・建築 〜草の根をさまよう〜 その2

 新たな仲間と共に、津田沼駅地区の再開発計画に挑む高野。高度経済成長の中、変容する商業地・再開発による市街地像のあり方を検討します。 「一つの概念とそれを構成する要素は時代によって特色がある。タイムマシンが現代と過去を結んでも、互いにその思うところを伝え合うのは困難であろう。けれども、(中略)時代を超えて通じ合う人間生活の様々なシーンが観察できるのである」 (本稿は、2014年のマヌ都市建築研究所50周年にあたり故・髙野公男が書き溜めていた原稿をまとめたものです。) (

マヌ50周年を迎えて Ⅱ.再開発篇 人・街・建築 〜草の根をさまよう〜 その1

マヌ50周年を迎えて Ⅱ.再開発篇 人・街・建築 〜草の根をさまよう〜 その1

まちづくり家・高野のコラボレーションによる取り組み。 マヌの仕事が軌道に乗り、高野は建築設計のみならず再開発・都市防災などの業務にも携わることとなります。 人間味のある都市や建築を作り出すことをめざした高野にとって、再開発事業での取り組みは、転機の一つとなりました。 (本稿は、2014年のマヌ都市建築研究所50周年にあたり故・髙野公男が書き溜めていた原稿をまとめたものです。) 1.商店街のまちづくり  マヌ創設6年目、昭和45年(1970年)は転機の年だった。再開発や都

スキ
4
Talking about your city #13 みっけるみなぶんについて/高橋舞さん、大川雄三さん

Talking about your city #13 みっけるみなぶんについて/高橋舞さん、大川雄三さん

「いい街ってなんだろう?」という問いについて様々な都市の実践者たちと対話し、考えるPodcast、Talking about your city. 今回は、about your city小泉も設計JVの一員として参加させてもらっている横浜市の「みなと大通り及び横浜市文化体育館周辺道路整備事業」の道路活用実験「みっけるみなぶん」について話を聞きました。ゲストは、設計JVメンバーの日建設計シビル高橋舞さんと、日建設計シビル大阪支社の大川雄三さんです。(上の写真、右から3番目が大

スキ
3
タウンスケープとは?建築ではなく景観

タウンスケープとは?建築ではなく景観

日本では1軒1軒の建築に興味がある人はいるし、建築家もいい設計をするために日々研鑽を重ねています。けれども、複数の建築群や自然環境で構成される街並みといったものに目を向ける人が多くないようです。「ランドスケープ」というと「風景」ですが、これに人工的な建築物などを加えたものが「タウンスケープ」または「景観」という概念です。これは、すべての人々が日々目にする景色を好ましいものにするためにおざなりにするべきではない公的な資産といえます。 建築家と都市計画家イギリスで都市計画の勉強

スキ
15
成績、連休そして腰の具合を求めてみた

成績、連休そして腰の具合を求めてみた

連休の意味も分からぬまま、夜を迎えました。 昨日の続きから。 【地域計画・設計特論】70点 こちらも昨年の前期で、途中リタイアした講義です。 #アーバンデザイン でした。 この講義は、先生から私の方が詳しいからと講義を受ける身が一部お話をする機会もありました。 【景観学特論】93点 ステキな講義でした。この時作成したパワポを先生が講演などで使いたいと言って頂きました。 機会があれば、noteにアップしたいと思います。 【道路舗装工学特論】85点 アスファルトを作る現場に

スキ
1
都市化社会におけるアーバン・デザインの方法 ~街づくりに立ち向かう方法は科学や技術の複雑な論理ではない~ その2

都市化社会におけるアーバン・デザインの方法 ~街づくりに立ち向かう方法は科学や技術の複雑な論理ではない~ その2

掲載誌:商業建築年鑑(昭和46年5月) 髙野が当時関わった「津田沼北口地区再開発計画」での経験を基に書かれた論考。 再開発の原型 再開発はいわばステレオアンプの買い換えや、在宅の改築のようなもので、その規模の大きくなったものと考えて間違いない。  今まで使っていたものが、いつのまにか、古くなって不便を感じたり、不都合を生じたり、好みに合わなくなったり、取り替えてしまおうとすることである。この場合には、必ずその「古くなったもの」とそのものの「主人」とその家族など、利用者がいる

スキ
3
生きのびるためのアーバンデザインを探して(URBANWORKS・後藤良子さん)

生きのびるためのアーバンデザインを探して(URBANWORKS・後藤良子さん)

東京、日本橋小網町。新しいものと昔からあるものが混在した、落ち着いた雰囲気をもつエリアに、コワーキングスペース「flat5」はあります。 私たちStory Design house(SDh)が入居し運営もしているflat5。デザイナーや都市設計プランナーなどが集まり、仕事の枠を超えたコミュニケーションが生まれる場所です。 今回はflat5の共同オーナーでもある後藤良子さんにインタビューしました。聞き手はSDhの原です。 ※このインタビューは3月下旬に行いました。 後藤良子さ

スキ
18
【発表論文】都市化社会におけるアーバン・デザインの方法 ~街づくりに立ち向かう方法は科学や技術の複雑な論理ではない~ その1

【発表論文】都市化社会におけるアーバン・デザインの方法 ~街づくりに立ち向かう方法は科学や技術の複雑な論理ではない~ その1

掲載誌:商業建築年鑑(昭和46年5月) 髙野が当時関わった「津田沼北口地区再開発計画」での経験を基に書かれた論考。「都市化」という課題に対して、トップダウンの「論理」で進めるのではなく、地域の身近な悩みを聞くことから解いていく必要があることを、独特の論調で説いている。 前文津田沼は東京と千葉市の中間にある中くらいのターミナル駅である。私がこの総武線を利用して通学していた10数年前までは、どこにでも見られる「田舎町」であった。ところが、ここでもやはりこの数年間に街の様相が一変

スキ
2