「まちづくり家髙野公男」アーカイブ

故・髙野公男は1964年4月に一級建築士事務所マヌ設計連合(現マヌ都市建築研究所)を設立し、1992年東北芸術工科大学教授に就任、2015年に他界するまで日本の建築・まちづくりの実務・研究・教育に尽力しました。「まちづくり家 髙野公男」が遺した論考などをアーカイブしていきます。

マヌ50周年を迎えて Ⅱ.再開発篇 人・街・建築 〜草の根をさまよう〜 その5

ついに再開発編の最終回です。 上野アメヤ横町の再開発計画に参加した高野は、バラック建ての店舗がひしめく空間をさまよう中で、アメ横の特性を活かした商業空間を探りま…

マヌ50周年を迎えて Ⅱ.再開発篇 人・街・建築 〜草の根をさまよう〜 その4

 商業診断業務にて携わった、千葉県中小企業相談所の指導員、多田三郎氏とのエピソード。  「物語性も地域づくりの資源だ」という持論を持ち、地域診断の心得、各地域の…

マヌ50周年を迎えて Ⅱ.再開発篇 人・街・建築 〜草の根をさまよう〜 その3

 津田沼での再開発プロジェクトをきっかけに、地域計画や商店街のまちづくりに興味を抱いた高野。都市計画や建築計画のコンサルタントとして、講師の仕事を依頼されます。…

マヌ50周年を迎えて Ⅱ.再開発篇 人・街・建築 〜草の根をさまよう〜 その2

 新たな仲間と共に、津田沼駅地区の再開発計画に挑む高野。高度経済成長の中、変容する商業地・再開発による市街地像のあり方を検討します。 「一つの概念とそれを構成す…

マヌ50周年を迎えて Ⅱ.再開発篇 人・街・建築 〜草の根をさまよう〜 その1

まちづくり家・高野のコラボレーションによる取り組み。 マヌの仕事が軌道に乗り、高野は建築設計のみならず再開発・都市防災などの業務にも携わることとなります。 人間…

都市化社会におけるアーバン・デザインの方法 ~街づくりに立ち向かう方法は科学や技術の複雑な論理ではない~ その2

掲載誌:商業建築年鑑(昭和46年5月) 髙野が当時関わった「津田沼北口地区再開発計画」での経験を基に書かれた論考。 再開発の原型  再開発はいわばステレオアンプの買…