お題

#忘れられない先生

お世話になった先生の印象深いエピソードや、今だから伝えたいことなどをnoteで投稿してみませんか?

人気の記事一覧

保健室

切り替えて頑張れって言葉にも力が抜ける 好き嫌い 傷付け傷付き 色々な先生 ごめんなさいありがとう 色々な私 夜 先生しかいない学校 煌々と月と見慣れないコントラスト 久しぶりに ふわふわ歩く 名前も知らない先生達がみんな優しい 壁も棚も賑やかな残響 身長測ってみようよって保健室に立ち寄った ずっと私のことを知っているようなトーンで 下の名前を呼ぶ保健室の先生 最後にここで貴方に逢えてよかったです いつか読んでね鍵付きの日記 いつのまにか こ

スキ
433

先生の産後パパ育休。

新学期。娘(小6)の担任の先生(30歳代、男性)がお休みしている。奥様の出産(初めてのお子さん)に伴う、出生時育児休業(産後パパ育休)を取られているのだ。 これは、一昨年新設された制度。 “柔軟で取得しやすい”とあるが、休業中の就業ができるようになったことなどがある。今まで育児休業取得を諦めていた方の心理的なハードルが低くなりそう。 わが家の時にはなかった制度。世の中、変わって行ってるんだなあと感じる。 私は、娘の口から「先生が育休取るんだって!」と聞いた時、なんとも

スキ
111

履歴書の職歴欄に書ききれないほど転職した私が、猫さんと暮らすために兼業シナリオライターになった話《恩師の言葉》

こんにちは、るーさんの乳母でございます。何か文章を書こうとすると「お世話になっております」と書き出しそうになる。 たぶん、フリーランス病w 本日もご覧頂きまして、ありがとうございます😊 本日はワタクシが今も大事にしている不屈の反骨精神が如何にして生まれたのか、を語りたいと思います。 ワタクシは非常に真面目な学生であり、模範的な優等生でしたが、中学のある時を境にプツンときて となったのでございますよ。何がきっかけかも分かりませんが、色々限界だったのでございます。 そ

スキ
177

小1息子が「おもしろ!」と目を輝かせた授業

特別支援級に通っている息子。 担任のK先生の教育方針が「子どもにとっておもしろい教材を提供すること」というもので、”面白い授業”ってどんなものだろう?といつも模索してくださっている。 K先生にインタビューした記事はこちら。 先生におすすめのケーキをプレゼンしてください! K先生がある日、「これ、教材に使おうと思ってるんですよ」と見せてくれたのは、クリスマスケーキのチラシ。 チョコレートケーキ、フルーツたっぷりのケーキ、いろんな種類のショートケーキの詰め合わせ…値段もい

スキ
82

いつも右手にもっている言葉

「座右の銘にしてるものってある? 」とかって聞かれると、自分にはそんな大層なものなどないよなあ ……って、いつも感じてしまいますσ(^_^; 人生を足掻くだけ足掻いたさきに出会えるものであって、自分の覚悟として確立できうる言葉、って感じの性格のものじゃないかしら?って思ってしまうのです ……歴史に名を残した偉人たちのように。 だからなんとなく、私が座右の銘を持つだなんて 烏滸がましいというか、私の人生においては縁遠い ものっぽいなあーとかって思ってたりするのやも。 偉人に

スキ
158

時刻表

かれこれ、40数年前の話になります。 3階の一番端の教室でした。テニスコート側の教室です。そして、近くには、鉄道が通っています。 こんな同級生がいました。 時刻表を作成した私の友人です。普通、時刻表というと、駅の発着を表しているのですが、何と…中学校の教室付近を通過する電車の時刻表を作ったのです。 机上に、その時刻表を張り付けているので、とうとう、担任の先生が気付く日がやってきました。 その先生は、苦笑いしながらも、「よくまあ、作ったな。」と、その友人をまず「認め」ら

スキ
75

顔面グーで殴られて鼻血出したことあるけど質問ある?

ノートを書いていると毎日がネタ探しである。 「書ける、書けるぞおおwwwwwwキーボード打つ指が止まらんwwwwww」って時と、「もう何も書けへんのや…これから一生おもろいこと何も書けへん、自分はなんて凡庸な人間なんや…」っていう周期が押しては返す波のようにやってくるのだ。この調子が悪い時期のことを一言で「スランプ」という。ああ、初めからスランプです。と言えばよかった。こういう部分がもうスランプじゃん。クソッ てなわけでスランプを抱えたかほさんは、安易にも「誰も経験したこと

スキ
73

「ぼちぼち」の精神

この間、何気なくドラマを観ていたとき。思いがけず、小学校5年生のときに配られていた学級通信のタイトルを思い出した。 観ていたドラマは、門脇麦さん主演の『厨房のありす』。確か、主人公のありすが人から何かを聞かれるシーン。質問に対して、ありすは「ぼちぼちでんな」と答えた。 「ぼちぼち」というワードは、大阪で育った自分としてはとても懐かしい。確か、人生で最初にこの言葉に出会ったのは、小学5年生のときだと思う。 小学5年生というと、私が大阪に引っ越してきて1年半くらい経った時期

スキ
54

命の炎、魂の舞。

先日、京都の北の方の料理屋さんに行ってあることを思い出した。 数年前、東京のとある大社長から、 「今、京都なんだけどさ、久しぶりに会おうよ。ランチ行こう。店は任せるからさ」 と、突然の電話が入る。 時計は午前10時半だった。 こういう時にスマートな返事と対応ができるのがかっこいい営業マンだと思い込んでいる僕は、急な予約と無理難題を聞いてくれる雰囲気のあるお店を数軒準備している。 「料理は50席くらいの朝食バイキングだけなんだけど、またホテルやるからさ、その時はゼリ君

スキ
42

一度でも誰かに光を当ててもらった記憶は、その人の一生を灯し続ける

戦後あるところに、両親を戦争で亡くし学校で悪さばかりする孤児がいました。 あるとき小学校の先生が「お前みたいな悪いやつはここへ来い!」と、当直室に連れて行かれ、その日の夜は先生と一緒に学校に寝泊まりすることになりました。その時、先生はその子のことをぎゅっと抱きしめてくれたそうです。 その孤児は両親の記憶が一切ありませんでした。でも先生に抱きしめられた時「これがお父さん、お母さんの温もりなのかな。お父さんやお母さんがいるって、こんな感じなのかな」と思えたそうです。 先生と

スキ
43

固定観念をとっぱらって、息子と接してくれる先生

10月から、支援級にお邪魔している小1の息子。 支援級の担任のK先生にはすっかりなついて、「学校楽しい!K先生が好き!」と毎日楽しんで学校に通っている。 K先生は35歳くらいの女性の先生。K先生ってどんな人?というのがわかるエピソードをいくつか紹介する。 とにかく、息子をよく観察してくれている。 そして、「この子にはどういったアプローチがベストなのか」を常に考えて接してくれるのだ。 このK先生の教育方針とか、背景にどんなものがあったのか、とても興味があって、先生に色々聞

スキ
84

小澤征爾さんといっしょに思い出される先生

 中学受験の時、面接は5人ずつ教室に入り、面接官は各教室に4人ほど先生がいた。  進学塾に通っているとハードで体調を崩してしまったので、算数と国語だけを近くの学習塾で学び、理科と社会は母とがんばった。面接の練習も。  母は勉強の教え方が厳しくて、良い先生とは言いがたかったし、恐怖心から私もズルしてしまったこともあった(もちろんこっぴどく叱られた)。でも面接の練習は楽しくて、「今日も面接の練習したい」と何度もお願いしたものだった。  特に何かを注意されることもなく、部屋への入

スキ
55

(短編ふう)忘れられない美術教師の言葉

校庭は、傾きかけた午後の陽で埃っぽいクリーム色をしている。 生徒たちは自分の椅子を持って教室へ引き上げ、見学にきていた家族たちも大方帰えり終えた。 役員の親と教師、運営の生徒たちが、残りの後片付けをしている。 運動会の片づけが凡そ終わろうとしていた。 朝礼台前でマイクの後始末をしていた生徒のひとりが遠くから名前を呼ばれた。呼んだ教師の指さす方を見上げて、了解の合図をして校舎の中に走っていく。 見上げた方の校舎の窓は、内側から貼られていた「赤白がんばれ」の画用紙もいつの間にかは

スキ
39

息子の体調不良カウンセリングで学んだ事

休職221日目です。 昨日は妻と私で息子の通う小学校へ。 スクールカウンセラーの先生とお話をしてきました。 相談内容は息子の給食中や体育の授業中の体調不良。 昨年末の冬休みあたりから顕著になった、食事の際の気持ち悪いーという息子の訴え。 新学期も始まり少しは良くなったかなと思ったらそうでもなかったみたいで…運動や勉強にまで派生してきました。 担任の先生も頭を抱えていると聞き、定期的に学校へ来てくれているスクールカウンセリングを予約しました。昨日がその日でした。 挨拶

スキ
95

忘れられない先生 2024.02.02

最近布団に入ってもなかなか寝付けないので その時間を利用して暗闇の中ポチポチ 書いていこうと思います。余計眠れなくなりそうです。 擬音語は「ポチポチ」で合っているのでしょうか。 タグ一覧から、今日は #忘れられない先生 忘れられない先生はたくさんいる。 そのなかでも中学3年のときの担任の先生の話。 といっても当時のエピソードを書くわけではなく 最近の、ちょっと後悔した話を。 私は高校のとき教科としての英語にハマり その延長で大学で英語を学び その延長で今も英語を勉強

スキ
26

自分の身体を大切に〜漢方編②〜

 漢方編①はこちら  2023年6月。漢方内科のある整形外科クリニックへ行った。  駐車場から、クリニックへ向かう道沿いに、クリニック入り口を知らせる看板があった。隣に犬の置物があり、なんだかほっこりとする。緊張しつつ、受付を済ませた。待合室に人はまばらで、そんなに待つこともなく診察室へ通される。  ぎろり。先生に見つめられて、ちょっとたじろぐ。なんて、強い眼差し。でも、そう、あのブログの「耳垢が詰まっちゃった」先生なのだ。怖いことはないはず。でも、本当はちょっと怖い。

スキ
45

Showcase Schools Visit 2 (Student Agency & CS) -生徒の行為主体性と、地域センターとしての学校-

2nd post about Showcase Schools visit that I've participated in almost weekly since last semester! さて、今回は先学期からちょこちょこ続けている学校訪問についての紹介第二弾! (前回の投稿はコチラ↓ Previous post below) 最終学期ということで忙しい日々を過ごしていますが、学校現場を訪れるまたとないチャンスはもう中々ないので、ほぼ毎週このShowcase S

スキ
51

緊急時、体裁、ルール

 出勤途中に便意を催し、コンビニのトイレを借りようと思ったら折悪しく個室が塞がっていた。  奥の一室は空いているが、そちらは「女性専用」と貼り紙されていたので使うわけにもいかない。  しばらく待っていると、後から来た男が何食わぬ様子で女子トイレへ入っていき、外まで聞こえる音を立ててぶりぶりやりだした。  そうしてやっぱり何食わぬ様子で出てきて、そのまま立ち去った。手も洗わないで。  残された自分は何だか面白くない。  ルールを無視したものが先に排便を済ませて去るなんて尋常で

スキ
33

人間が、答案用紙に見えていた頃の話。

 こんばんは、スミレです。(現在時刻午前3:25)  ……このところ寝るのも起きるのも下手っぴになって困っております。なんで途中で起きてしまうのか。  まあそんなことは置いておいて。  私が通っている通信制高校には、スクールカウンセラーさんとお話しできる機会が月に1度あります。  枠はそう多くはないので、次の月、また次の月と待つことがあるみたいですが、高校2年生だった頃の私は運良くすんなり予約を取れました。  今回はその時にハッとした出来事を書いてみます。  2年生の、進

スキ
42

先生が、家族旅を「学び」に昇華してくれた話/おやこで通う小学校㉚

無計画にもほどがあった福岡旅行。 それは、単に“楽しい家族旅行”で終わらなかった。 ************ 珍獣・兄は今年に入ってから、週2−3日のペースで登校している。登校先は4月からずっと、特別支援学級だ。 彼の要請により、わたしが1日中同伴する、いわゆる母子登校のスタイルで入学式からやってきたけれど 11月半ば以降、1時間目の終わりに教室まで送れば、後は下校まで1人で学校に滞在できるようになった。 少人数の、アットホームなクラス編成で 一斉授業ではなく、双方向型

スキ
36