見出し画像

911運命の糸に操られた日

エムケイコンサルティング

アメリカ同時多発テロ事件が起きる直前まで私はフロリダにいました。
あれから20年、9月11日が近づくと奇妙な一連の記憶が鮮明に蘇る。

2001年9月2日、日本出国。

ラスベガスで一泊してロサンゼルスへ移動、ビバリーヒルズで仕事を済ませてマンハッタンへ向かい会議に出た後はフロリダでしばらく休息して帰国する計画でした。

しかし、マンハッタンでの予定が急遽変更されたので、先にフロリダで休んでから9月11日にマンハッタンへ行くことに決まりました。

思えば、この時から奇妙な運命の糸に操られることになりました。


フロリダで大いに羽を伸ばした後、マンハッタンへ行く用意をしているところへ再び連絡が入りました。

よほどの事情があったのか、異例のスケジュール再々調整を懇願されましたが私にも帰国後の予定があり相手の要望に合わすことができず、話し合いの末、取り敢えず今回のマンハッタン行きは取り消すことにしました。

ニューヨーク行きもなくなり十分に休息もできたので予定を早めて帰国することにしました。

帰国日のフロリダは快晴。

保安の目的で、出入国のフライトはJALを利用することにしているので、フロリダからエアバスでシカゴへ飛び、シカゴからJALに乗り継いで帰国しました。

長旅の末、ようやく成田上空まで帰ってきたと思いきや、上空での長い着陸待ち。原因は911事件の勃発でした。

着陸後に事件を知り、一連の奇妙な出来事が、運命を操られていたのだと分かりました。

二転三転した日程、予定を早めての帰国、どれも何の理由もない成り行きだと思っていました。

しかし、その理由は、あの時間あの場所で事件が起きるからでした。

もし、予定通り貿易センターのすぐそばの会議場へ行っていたら事件に巻き込まれた可能性はじゅうぶんにあります。

もし、帰国予定を早めていなかったら、事件の影響で、帰国できずに足留めされていたでしょう。

しかし、私の運命のオペレーターは、寸分の狂いなく、私を日本へ連れて帰りました。

画像1
パスポートの出入国判

私は子供の頃から、こういう奇妙なことを数えきれず体験しているので、あの一連の奇妙な出来事も、またいつものやつだと独り合点しました。



老子は、
人の人生における生と死は同じサイクルの中にある
と説いています。

人が或るイベントに遭遇した際、生死は紙一重であり、その人に死がつけいる隙が有るか無いかで決まるといいます。

2977人の犠牲者がでたアメリカ史上最悪のテロ事件。

死がつけいる隙があるかないか…

人は壮年期をしきりに動いて死に近づいてゆく

私にとっては老子の言葉を心に銘じた事件でした。

事件のすべての犠牲者に心から哀悼の意を表します

エムケイコンサルティング 良仁

ジョホールバルでのミッションも、確かに今考えるとネコさんが仰るように確率的に起こりえない偶然に助けられた仕事でした。よろしければ、お楽しみください。私が33歳の恐いもの知らずの無鉄砲な若造だった時のお話です。思えば、この頃は、すでに日本社会で浮いている自分を意識していました。だから、外国では、やりたい放題、自分流の仕事ができるので、どんな難題でも相手が何様だろうが勝つのが楽しくて仕方なかったのを覚えています。いつも体張っていましたね。今、生きているのが不思議な気もします。人生、生きてるだけで丸儲けってことですね。(笑)


エムケイコンサルティング
民主的で健全な食市場形成に役立つ店舗開発/業態開発/商品開発サービスを提供します。食と健康その他を自由に好き勝手に投稿します。常識を簡単に飛び越えてしまうマーベリックたちの投稿を存分にお楽しみください。https://consultancymk.p-kit.com/