ニューヨーク金融市場

137

大統領選以上に注目を集める『議会選挙』

11月3日の大統領選まで残りわずかとなりました。
大統領選がマーケットにとって重要なイベントであることに変わりはありませんが、いま投資家の間でより話題になっているのは、同日行われる『議会選挙』です。

実は、マーケットで注目されている『経済対策案』や『税制改革』といった法案は、大統領の一存だけでは行うことが出来ません。

必ず、上院議会と下院議会の承認が必要になるのです。

そして現在の議会構成は

もっとみる
引き続き応援よろしくお願いします!
20

モノサシを変えて眺める「株価」の本当の実力

円安になると日経平均が上昇するという相関関係は、日本人にとっては感覚的に理解しやすいものだと思います。

なぜ、円安になると日経平均が上昇するのか?という質問に対して、多くの人が次のように答えると思います。

『輸出企業が多い日本にとって、円安は日本企業の期待収益を上げるので株価が上昇する』

この理解は将来の企業収益(=損益計算書)に基づく解釈であり、正しいです。
しかし、『通貨安と株高』の組み

もっとみる
引き続き応援よろしくお願いします!
226

早わかり!7月FOMCのポイントは?

7月29日14:00(東京7月30日深夜3:00)にFOMCが行われます。
今回の注目ポイントをおさらいしたいと思います。

次の政策オプションとして考えられているのは3つ

前回(6月)の会合は5月の雇用統計が大幅に上振れ、経済のV字回復期待が高まる中で行われました。

それから1ヶ月間が経ち、7月に公表された経済指標は引き続き改善傾向にありますが、改善幅は徐々に縮小してきています。
加えて南部

もっとみる
スキありがとうございます!
50

「金価格」の上昇と「実質金利」の低下について

金価格が遂に1オンス1900ドルを突破し、2011年来の高値まで上昇しました。

4月2日に『全ての国が”金融緩和と財政出動”を行なった次の世界にあるもの』という記事を書きましたが、世界中で行われている金融緩和と財政政策が、貨幣価値の毀損に繋がり、逃避マネーが「金」に流れ込んでいるというのが私の理解です。

実は「金」というのは不思議なプロダクトで、通常、コモディティに分類されますが、一種の「通貨

もっとみる
スキありがとうございます!
229

コロナで激減する観光需要が直撃する国は?

日本は『Go To トラベル』というギャグみたいなキャンペーンが検討されているそうですが、皆様もご存知の通り、グローバルにみるとまだまだ旅行自粛ムードです。

一方、アジアでは観光産業が、その国を支える根幹事業となっている国も少なくありません。日本でも観光収支が2014年から黒字化し、経常収支を支える一つの柱になってきました。

実際にアジア各国の観光収支と、観光収支が経常収支の大きさに占める割合

もっとみる
引き続き応援よろしくお願いします!
30

オックスフォードとモデルナのワクチンは何が違うのか?

コロナウイルスの『治療薬』ではギリアド社のレムデシビルが先行していますが、『ワクチン』開発で先行しているのはオックスフォード(アストラゼネカ社と共同)が開発している「ウイルスベクターワクチン」と、モデルナ社の「mRNAワクチン」です。

この二つのワクチンは既に臨床試験の第三段階(モデルナは7月27日から)に入っています。第三段階の臨床試験では第一、第二段階とは異なり、大規模な実施を行い、ワクチン

もっとみる
引き続き応援よろしくお願いします!
29

中国ファンダメンタルズをチェック

今月に入ってから上海総合指数は、15%も上昇しており、2015年の中国株バブルを彷彿させる。

マーケットでは6日に中国証券報が論説で『コロナウイルス後の世界で、中国株はさらなる上昇が必要』と報じたことが火をつけたと言われている。

もう少し裏を読むと、そもそもマーケットは『コロナウイルス後の中国の政策対応は金利の引き下げ』が主であると考えられていた。

実際、4月までは国務院やPBOCも「積極的

もっとみる
スキありがとうございます!
23

金在庫の急増は価格下落の前触れなのか?

最近、こんな質問を頂きました。

金在庫が急増していると聞きました。
4月に原油在庫が急増して、その直後に原油価格がマイナス圏まで暴落したのは記憶に新しいです。金でも同じことが起こると思いますか?

確かにいくつかの点で金在庫の急増は4月に見られた原油在庫の急増に似ています。

例えば以下のような点です。

1)コロナショックでインドや中国などの装飾需要が急減している点(実需の急減)
⇒原油もロッ

もっとみる
スキありがとうございます!
47

7月の相場のカタリストとコンセンサス

S&P500指数はこの四半期で24%も上昇し、コロナショックで失った大半の時価を僅か3ヶ月で取り戻した。
まだまだ様々なリスクが存在する中で、米国の市場関係者はどのような材料を次のカタリストとして考えているのだろうか。

7月の相場のカタリストとコンセンサスについて纏めた。

追加財政刺激策

7月31日に特別失業手当の期限が切れる為、その前に次の財政刺激策が議会で纏まるとマーケットは考えている。

もっとみる
引き続き応援よろしくお願いします!
51

先週の注目チャートを解説。EUR/JPY, VIX, 米国コロナ第二波など

以下は私が注目した先週のチャートです。見解は個人的なものになります。

<為替>EUR/JPYとSoftbank

先週、為替で一番気になったのはEUR/JPYの動き。
正確にはその前の週に鬼門の125抜けを失敗して反転していたので気になっていました。

特に今週、注目したのは、ソフトバンクのTmobile売却に関する報道が多くなってきたからです。

だいぶ前からソフトバンクが保有するTmobil

もっとみる
スキありがとうございます!
85