Big Daddy

ニューヨークのマクロ系ヘッジファンドで働くトレーダー。米国の政治・経済・金融情報を日本の皆様にお伝えしています。 ★ブログはこちらから★https://investmentarchitecture.com ※記事はあくまで個人の意見であり、如何なる投資を勧めるものではありません。

Big Daddy

ニューヨークのマクロ系ヘッジファンドで働くトレーダー。米国の政治・経済・金融情報を日本の皆様にお伝えしています。 ★ブログはこちらから★https://investmentarchitecture.com ※記事はあくまで個人の意見であり、如何なる投資を勧めるものではありません。

    マガジン

    • ニューヨーク金融市場

      ニューヨークで話題になった経済情報を日本の皆様にお届けしています。

    • ニューヨークの休日

    • 食べログ in ニューヨーク

      ニューヨークのレストラン・カフェ情報をお伝えしています。 オススメ度の点数は食べログ基準をイメージしてます。

      • ニューヨーク金融市場

      • ニューヨークの休日

      • 食べログ in ニューヨーク

    最近の記事

    先週のグローバルマーケッツ(米国経済、英国債、FRB高官発言、注目チャートについて)

    先週もマーケットのボラティリティが高い1週間でした。 また、多くのヘッドラインが市場を動かし、その一つ一つのヘッドラインが何を意味するのか解釈しきれなかった投資家も多かったかと思います。 今日は先週の振り返りを兼ねて、重要な項目に的を絞って解説していきたいと思います。 米国の経済指標まずは先週発表された米国の経済指標をスライドにしました。 いくつかの重要な指標が発表されましたが、大切なのは「FRBのタカ的スタンス」を変えるような指標は無かったということでしょう。 一方

    スキ
    117
      • 大荒れとなったマーケット 〜FOMC,為替介入,英国債の解説〜

        先週(2022.09.19〜09.23)のマーケットはFOMCや日本の為替介入、急落した英国債など多くの出来事がありました。 歴史に残る1週間だったと言っても過言では無いでしょう。 今日はその中でも特に重要だった「FOMC」「日本の為替介入」「英国債相場」について書きたいと思います。 ①FOMCを受けた市場の解釈ポイントを簡単にスライドにしてみました。 まず、FOMC(米国の金融政策決定会合)は市場の大方の予想通り、0.75%の利上げを実施しました。 一部では利上げ幅が

        スキ
        164
        • 軟調なシーズナリティで迎えるFOMC

          今週はFOMC(米国)、BOJ(日本)、BOE(英国)、SNB(スイス)が東京時間の9月22日に金融政策決定会合を開きます。 元々、BOEは先週行われる予定でしたが、エリザベス女王が他界されたことに伴って9月22日に変更されました。 以下は9月22日に行われる主要中央銀行のスケジュールとそのコンセンサスを示していますが、多くの中央銀行がインフレ抑制の為、大幅な利上げに踏み切ると市場では考えられています。 上の表の予想はエコノミストのコンセンサスですが、この中でも米国、日本

          スキ
          316
          • 米国の『リセッション』は織り込み済なのか?

            Twitterでは週に何度か投稿していましたが、Noteでの記事は久しぶりとなります。 さて、今日は債券市場から見たときに『米国のリセッション』は織り込み済と言えるのか否かを考えてみたいと思います。 マーケットでは将来の政策金利を当てる為の先物が取引されており、その取引価格から市場が将来のFF金利(Federal Funds Rate : 米国の政策金利)をどう予想しているかを知ることが出来ます。 この取引価格から各FOMC会合の利上げ確率を計算するにはやや複雑な計算が

            スキ
            497

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • ニューヨーク金融市場
            Big Daddy
          • ニューヨークの休日
            Big Daddy
          • 食べログ in ニューヨーク
            Big Daddy

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            マーケットの利上げ織込みを知る方法

            今週も金利の上昇が止まらない1週間でした。 先日、『米国金利の考え方について』という記事を書きましたが、この中で中期金利までは『将来の利上げ(利下げ)織込みで決まる』ことを説明しました。 今日は、具体的にどういったツールを使って、マーケットの利上げ(利下げ)織込みを見ていけば良いのかを解説します。 また、今日の記事も『厳密な説明』より『分かりやすさと実用性』に重きを置いている点、ご留意ください。 Eurodollar Futuresとはまず、Eurodollar Fu

            スキ
            321

            米国金利の考え方について

            先週は久しぶりに米国金利がメルトダウンした1週間でした。 金利は全ての金融商品の現在価値を考える上で欠かせないファクターです。 株だけでなく、為替やオプションのプレミアムなどなど、あらゆる金融商品の現在価値を考える上で、金利は必ず必要になります。 また、株の配当利回りとリスクフリーレートである国債利回りを比較することで割安、割高といった判断材料にも使えます。 金利はそれほどに重要なのですが、株や為替と比べると小難しい部分も多い為、汚いものに蓋をするが如くあまり見ないよう

            スキ
            385

            Redditとは何なのか?

            今日ほど『Reddit』という単語が経済メディアで報道された日は無いかもしれません。 CNBCでお馴染みのJim Cramerは『Redditの個人投資家が結託して、ウォール街のヘッジファンドを完膚なきまでに叩きのめした、これは新しいパラダイムシフトだ』と述べています。 今日のニューヨーク市場ではいくつかの銘柄が暴騰と暴落を繰り返し、さながらフラッシュクラッシュ状態となりました。 その代表格であるGameStopの株価は150%近く上昇した後に急落しています。 ところ

            スキ
            149

            12月FOMCのポイント

            久しぶりの更新になります。 最近はもっぱらTwitterでの更新がメインだった為、noteとブログの更新をさぼっていました。 さて、今日は12月16日(東京17日早朝4時)に行われるFOMCのポイントについて解説したいと思います。 ポイント① フォワードガイダンスの変更前回のFOMC議事録のPage.4を読むと、量的緩和のフォワードガイダンス変更の可能性は極めて高いと言えます。 The September FOMC statement indicated that as

            スキ
            13

            大統領選以上に注目を集める『議会選挙』

            11月3日の大統領選まで残りわずかとなりました。 大統領選がマーケットにとって重要なイベントであることに変わりはありませんが、いま投資家の間でより話題になっているのは、同日行われる『議会選挙』です。 実は、マーケットで注目されている『経済対策案』や『税制改革』といった法案は、大統領の一存だけでは行うことが出来ません。 必ず、上院議会と下院議会の承認が必要になるのです。 そして現在の議会構成は上院が共和党(トランプ大統領の政党)、下院が民主党(バイデン候補の政党)となって

            スキ
            20

            モノサシを変えて眺める「株価」の本当の実力

            円安になると日経平均が上昇するという相関関係は、日本人にとっては感覚的に理解しやすいものだと思います。 なぜ、円安になると日経平均が上昇するのか?という質問に対して、多くの人が次のように答えると思います。 『輸出企業が多い日本にとって、円安は日本企業の期待収益を上げるので株価が上昇する』 この理解は将来の企業収益(=損益計算書)に基づく解釈であり、正しいです。 しかし、『通貨安と株高』の組み合わせは、企業の資産(=貸借対照表)に基づいて、次のように考えることもできます。

            スキ
            233

            早わかり!7月FOMCのポイントは?

            7月29日14:00(東京7月30日深夜3:00)にFOMCが行われます。 今回の注目ポイントをおさらいしたいと思います。 次の政策オプションとして考えられているのは3つ前回(6月)の会合は5月の雇用統計が大幅に上振れ、経済のV字回復期待が高まる中で行われました。 それから1ヶ月間が経ち、7月に公表された経済指標は引き続き改善傾向にありますが、改善幅は徐々に縮小してきています。 加えて南部の州を中心にコロナウイルスの感染が広がり、一部の州では経済再開の巻き戻しが行われまし

            スキ
            48

            「金価格」の上昇と「実質金利」の低下について

            金価格が遂に1オンス1900ドルを突破し、2011年来の高値まで上昇しました。 4月2日に『全ての国が”金融緩和と財政出動”を行なった次の世界にあるもの』という記事を書きましたが、世界中で行われている金融緩和と財政政策が、貨幣価値の毀損に繋がり、逃避マネーが「金」に流れ込んでいるというのが私の理解です。 実は「金」というのは不思議なプロダクトで、通常、コモディティに分類されますが、一種の「通貨」として分類されることもあります。 少しマニアックな話ですが、例えば米国の金融情

            スキ
            248

            コロナで激減する観光需要が直撃する国は?

            日本は『Go To トラベル』というギャグみたいなキャンペーンが検討されているそうですが、皆様もご存知の通り、グローバルにみるとまだまだ旅行自粛ムードです。 一方、アジアでは観光産業が、その国を支える根幹事業となっている国も少なくありません。日本でも観光収支が2014年から黒字化し、経常収支を支える一つの柱になってきました。 実際にアジア各国の観光収支と、観光収支が経常収支の大きさに占める割合を実際に見てみましょう。 このグラフを見ると、一部のアジアの国では日本とは比べ

            スキ
            31

            オックスフォードとモデルナのワクチンは何が違うのか?

            コロナウイルスの『治療薬』ではギリアド社のレムデシビルが先行していますが、『ワクチン』開発で先行しているのはオックスフォード(アストラゼネカ社と共同)が開発している「ウイルスベクターワクチン」と、モデルナ社の「mRNAワクチン」です。 この二つのワクチンは既に臨床試験の第三段階(モデルナは7月27日から)に入っています。第三段階の臨床試験では第一、第二段階とは異なり、大規模な実施を行い、ワクチンの効果と安全性を検証する作業になります。 ご存知の方も多いかもしれませんが、一

            スキ
            28

            中国ファンダメンタルズをチェック

            今月に入ってから上海総合指数は、15%も上昇しており、2015年の中国株バブルを彷彿させる。 マーケットでは6日に中国証券報が論説で『コロナウイルス後の世界で、中国株はさらなる上昇が必要』と報じたことが火をつけたと言われている。 もう少し裏を読むと、そもそもマーケットは『コロナウイルス後の中国の政策対応は金利の引き下げ』が主であると考えられていた。 実際、4月までは国務院やPBOCも「積極的な金融緩和を進める」と発言していたが、蓋を開けて見ると5月以降、中国金利は100

            スキ
            24

            金在庫の急増は価格下落の前触れなのか?

            最近、こんな質問を頂きました。 金在庫が急増していると聞きました。 4月に原油在庫が急増して、その直後に原油価格がマイナス圏まで暴落したのは記憶に新しいです。金でも同じことが起こると思いますか? 確かにいくつかの点で金在庫の急増は4月に見られた原油在庫の急増に似ています。 例えば以下のような点です。 1)コロナショックでインドや中国などの装飾需要が急減している点(実需の急減) ⇒原油もロックダウンで需要が急減しました。 2)個人投資家がETFに殺到している点 ⇒これも

            スキ
            49