Tactics 1

26

バレンシアのプレーモデル:マルセリーノの1-4-4-2

非常に低いパフォーマンスの2シーズン後、バレンシアはマルセリーノ・ガルシア・トラルの手によって、例年のようにリーガ・エスパニョーラで上位争いをするまでに復調しているようだ。
この新監督はいくつかの非常に賢明な結果となる補強をした後、才能溢れるチームに彼のプレーモデルの原則を叩き込んだ。
マルセリーノスタイルの1-4-4-2の特徴により、バレンシアはファンが納得する興味深いチームへと回帰した。
バレ

もっとみる
スキありがとうございました!記事のシェアもしていただけましたら幸いです

ユベントスvsトリノ:ポジションチェンジによる多彩な攻撃

“デルビー・デッラ・モーレ”、別名トリノダービー。毎年、緊張感高まるこの試合で再び勝利を収めたのはユベントスであった。ユベントスは多くの局面において優れているチームではあるが、ライバルであるトリノに打ち勝つのは簡単ではなかった。実際、新指揮官ワルテル・マッツァーリが就任して以降、トリノはこの試合まで一敗しかしていない。今回は、ドグラス・コスタのFWとしての役割とアレックス・サンドロの素晴らしいパフ

もっとみる
スキありがとうございました!記事のシェアもしていただけましたら幸いです

ペップ政権下での初タイトル:リーグカップ決勝アーセナル戦

ときおり、スポーツの世界では勝敗よりも深い意味・意義をもたらす試合が行われる。それはイングランド・リーグカップ決勝、アーセナル対マンチェスター・シティの試合を観た多くの人々が体験したことであろう。ロンドンでは、指揮官アーセン・ヴェンゲルの終わりが日に日に近づいている。同時にマンチェスターでは、クラブそしてファンはチームの可能性とその未来への期待を膨らまし続けている。
ヴェンゲルとアーセナルは、シー

もっとみる
スキありがとうございました!記事のシェアもしていただけましたら幸いです

ミランvsラツィオ:‘‘狂犬’’が施した守備戦術

今シーズン厳しいスタートを切ったミランだが、数週間後にはチームは見違えるように変わったようである。ラツィオとの一戦で価値ある勝利を手にすることで、ミランは見事三連勝、勝ち点を重ねている。今のところ指揮官ジェンナーロ・ガットゥーゾはミランで良い仕事をしているようである。ラツィオを倒すことは簡単ではなく、はっきり言うと、ホームのミランに勝ち点3は値しない。まず、ラツィオの方が90分通して優れていた。次

もっとみる
スキありがとうございました!記事のシェアもしていただけましたら幸いです

トレーニング構成において気をつけるべきこと

なぜトレーニングを行うのでしょうか??

その第一の目的は選手を上達させることに他なりません。
そして、シーズンを通したプランに合わせ、トレーニングの構成とその計画を練ることは非常に重要であり、基準となる構成を予め決めておくことにより、毎回プランを立てる際や新しい要素を取り入れる際に余計な負担がかかることを回避することができます。

例えば以下のようなことも回避可能となります:

スキありがとうございました!記事のシェアもしていただけましたら幸いです

ペップが明かす、プレーモデルを組み込む上での10か条

ここでは、プレーモデルをチームに落とし込むうえで考慮しなければならない10の要素をペップ・グアルディオラの言葉をもとに紹介していく。

スキありがとうございました!記事のシェアもしていただけましたら幸いです
1

レバークーゼンvsバイエルンミュンヘン:敵に適応させるか否か?

ドイツ・ブンデスリーガ前半戦、レバークーゼンは翌シーズンのチャンピオンズリーグ出場圏内を手にするチームのひとつとしてその名を上げていた。その姿は、ピッチ内外でチームをまとめることが出来なかったロジャー・シュミットが指揮をとっていた昨シーズンとは見違えるものであり、これはバイエルンの予測していたレベルではなかった。

スキありがとうございました!記事のシェアもしていただけましたら幸いです

ダイヤモンド型のピッチ:新たなドイツ式トレーニングメソッド

2009年、トーマス・トゥヘルが指導者として初めて指揮をとったマインツ05、その初練習日は選手たちを震え上がらせるものであった。絶えずボールをサイドへと供給し、とにかくゴール前にセンタリングを上げるそのプレースタイルは、生産的だとは到底いえないものだったからである。バイエルンをルーツに持つ彼は、自身のフィロソフィーを基にしたこのプレースタイルを実現する以前に、こなさなければならない多くのタスクがあ

もっとみる
スキありがとうございました!記事のシェアもしていただけましたら幸いです

新生バレンシアの秘密

好調にシーズンの開幕を切ったにもかかわらず、Rufeteがスポーツ・ディレクターとして直面した最初の問題は、監督Marcelinoとの戦いであった。彼は代理人として有名なJorge Mendesがクラブに大きな影響を及ぼしていた時期に就任しており、ファンから強い不満を募らせていたのである。それ以来、バレンシアが過ごしてきたシーズンはすべて失敗であった。何人もの監督の交代劇は、チームに良い影響を与え

もっとみる
スキありがとうございました!記事のシェアもしていただけましたら幸いです

クラシコ:カタルーニャ人へ捧げる自由への道

今回のクラシコによって、今シーズンのタイトル獲得レースは終わりを告げることとなった。サンチアゴ・ベルナベウでの勝利後、FCバルセロナの選手たちがその余韻に浸る一方、R・マドリードの選手たちへと指揮官ジネディーヌ・ジダンが示した、バルセロナのキープレーヤーへのマン・マークは果たして本当に最善の戦術/戦略であったのだろうか・・・

スキありがとうございました!記事のシェアもしていただけましたら幸いです