ワインの感想 トーレス ヴィーニャ エスメラルダ ロゼ 2020
+1

ワインの感想 トーレス ヴィーニャ エスメラルダ ロゼ 2020

トーレス ヴィーニャ エスメラルダ ロゼ 2020(TORRES VINA ESMERALDA ROSE LIMITED EDITION 2020)の感想です。 今回の品種はスペイン・カタルーニャ地方のガルナッチャのロゼワイン。グラスはリーデルの『リースリング用グラス』と『シャルドネ用グラス』を使用。 リースリング用グラス:甘い香り、乳酸菌の香り、花の香り。香りはどれも濃い。味は酸っぱく、果実味がある。飲みやすい。後味にわずかな甘味と桃の香り。 シャルドネ用グラス:

スキ
3
ワインの感想 トーレス サングレ デ トロ オリジナル 2018
+1

ワインの感想 トーレス サングレ デ トロ オリジナル 2018

トーレス サングレ デ トロ オリジナル 2018(TORRES SANGRE DE TORO ORIGINAL 2018)の感想です。 今回の品種はスペイン・カタルーニャ地方のガルナッチャとカリニェーナのブレンド。グラスはリーデルの『ボルドー用グラス』と『ブルゴーニュ用グラス』と『シラー用グラス』を使用。 ボルドー用グラス:濃厚な果実味を感じる香り、アルコールを感じる香り。香ばしくて湿った葉っぱの香り。味はタンニンと果実味が目立つ。飲むと果実味と酸味が舌に広がる。ア

スキ
3
カタルーニャなう
+7

カタルーニャなう

おはようございます、こんばんは、Mariaです。 今日は、相棒の実家にお泊まりに来ました。 相棒の実家は、バルセロナがあるカタルーニャ州にあります。(タイトル上の写真は、カタルーニャ出身の芸術家サルバドール・ダリの美術館名物の卵です。) 北部にあるベルガという小さい街で、初夏に大きな祭りを開くので有名なところで。。。 それは、身動き取れない人だかりの狭い市役所前で(写真半分上)、頭にたいまつつけた人々が一気に襲ってくる(写真下)、と言う大狂乱火祭りなのです。 逃げる

スキ
5
メッシ退団の理由 〜クラブ以上の選手になってしまった神の子

メッシ退団の理由 〜クラブ以上の選手になってしまった神の子

決して好きな選手ではありません。 しかし、野球をよく知らない人でも、イチローや大谷は知っているように、 「ノルウェイの森」しか読んだことがなくても、村上春樹は世界的な作家であることはわかるように、 FCバルセロナの10番は、誰にとっても特別な存在であり続けました。 リオネル・メッシ。34歳。 プロデビューから17年間。 バルサ一筋。 クラブ歴代最多の775試合に出場し、 同じく最多の670ゴールをあげ、 これも最多の35個ものタイトルをクラブにもたらしました。 メッ

スキ
3
欧州サッカーで学ぶヨーロッパの工業地域

欧州サッカーで学ぶヨーロッパの工業地域

初めてアビスパ福岡となんも関係の無いnoteになります。 ヨーロッパの工業地域は全国統一共通テスト(旧センター試験)で出たならば必ず点を取りたい分野になると思います。 そこで今回はヨーロッパサッカーと関連付けて覚えよう!と思ってこのnoteを書きました。 是非読んでください。 ヨーロッパ 上の地図に番号が書いてある22地域を今回はピックアップして解説していこうと思います。 イギリス ①:ロンドン イギリスの首都で、ヨーロッパ最大の人口(約800万)です。 気候はCfb

スキ
2
はじめての完全一人旅inスペイン🇪🇸①

はじめての完全一人旅inスペイン🇪🇸①

2018年の秋、私はマルタにいた。 マルタ?どこ?とよく言われるが、イタリアの下にあるマルタ共和国のことで、 独立した一つの国だ。 下の赤い印の場所がマルタ共和国である。 マルタのことはまた改めてnoteに書く予定なので、今回はスペイン、主にバルセロナ を一人旅した旅行記をマイペースに書いていく。 飛行機はマルタからネットでチケットを取った。もちろん全て英語のサイト。 今回vueling空港を使い、14000円ほどだった。(行く2週間前ぐらいにチケットを予約した値

スキ
8
7/18 ニュースなスペイン語 Toque de queda:夜間外出禁止令

7/18 ニュースなスペイン語 Toque de queda:夜間外出禁止令

カタルーニャ州、バレンシア州、カンタブリア州で、夜間外出禁止令が発令されてから、はじめての週末を迎えた。 今回の夜間外出禁止令は午前1時から朝6時までの移動を制限するもの(restricción de movilidad)。 今週末、路上呑み(+大音量の音楽=botellón)に繰り出した若者たちを退散させるために、広場や海岸に警察官(guardia municipal)が集結した。幸い特段の混乱(incidencias destacables)もなく、取り締まりが行われ

スキ
1
No.37

No.37

2021/7/16 午前中から英文会計学の授業受けて、お昼休みに世界遺産の授業の学期末レポートを途中まで作成して、午後は宗教学の授業受けて、夕方からカタルーニャにおける独立支持増加と、その原因と現状についてのセミナー受けました。 カタルーニャではもう何年も独立に向けての運動をしているみたいですが、未だに決まらないのにはEU加盟の話やスペインの中でもカスティーリャ中心に物事が動いてるから難しいそう。 加えて、スペイン研究者やメディアの中には中心しか取り上げてなくて、カタル

スキ
3
7/7 ニュースなスペイン語 Quinta ola:第5波

7/7 ニュースなスペイン語 Quinta ola:第5波

カタルーニャ州では今週末から夜の社交場(ocio nocturno)の閉鎖を実施する。 どうやら、第5波(quinta ola)がやってきたようだ。 カタルーニャでは直近2週間の、10万人あたりの感染者数の平均が440名となった。これはスペイン全体の平均値(210名)を大きく上回る。 カタルーニャ州政府(Govern)の報道官(portavoz)パトリシア・プラジャは「感染拡大はまだ終わっていない。非常に感染力の強い変異株があり、まだ、ワクチン接種を終えていない重大な層

スキ
7
地元愛と家庭の味が生んだカタルーニャの絶品チーズケーキ

地元愛と家庭の味が生んだカタルーニャの絶品チーズケーキ

前回の記事から大分間が空いてしまった。どんな記事を書こうかと悶々と考えていたらいつの間にか時が経ってしまっていた。書きたいことは山程あるのに、構成やトピック、記事の一貫性など色々と考えていると手がとまってしまう。結局、細かいことは諸々考えず、書きたいことを思うままに書くのが1番という結論となり、今に至る。 書きたいことといっても私が記事にしたいのはやはり「食」についてだ。趣味はおいしいものを食べること、カフェ巡り、コーヒーづくり、旅行に行くこと、書くこと。しかし、コロナ渦に

スキ
9