見出し画像

不死の日のエドム

「日の神にかけて。今日は『誰も死なぬ日』でさ、ヨブの旦那」
薄汚い牧童は、そう言って男に微笑み、右手を挙げた。
「試してみる。首を出せ」

「いや。痛いは痛いんでね。罪になりやすぜ」
「構わぬ。贖い銀は先払いだ。俺の神に誓う。そこの連中、証し人となれ」
ヨブは、銀の入った革袋を呉れてやる。

牧童と証し人らは銀を確かめ、肯いて受け取る。
「じゃ、どうぞ」
剣が一閃し、牧童の首を断つ。ごろりと落ち、血は出ない。
首は顔を引き攣らせ、口をぱくぱくさせる。

い……いてえ! 旦那、早う首を戻してくだせえ」
「喋れるとは不思議だ。日が沈めば死ぬのか」
「お、おれがこのまま死にゃあ、旦那も死ぬんですぜ!早う!早う!」
「そうか」
証し人がヨブを睨む。
首を拾い上げ、傷口に載せてやると、元の通りに繋がった。

「ああ、痛かった。じゃ、これで」
「うむ」

牧童らが去ったあと、ヨブは空を見上げる。

太陽が見ている。動きが遅い。

「エリパズの言う通りか」

【続く】

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

大吉です。すべてがうまくいくでしょう。
21
奥ゆかしさ◆ドーモ。noteで文章を書いています。ヘッズフロムアニメイシヨン。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。