すみれの砂糖菓子

1匹の紙魚と暮らす社会人。野の花の観察が趣味。日々感じたことの徒然。

身を守るための敬語、丁寧語

「好きな人と距離を縮めたいが、敬語からタメ語にいつから変えるべきか?」というような相談をネットで見かける。 言葉遣いと心理的な距離感が連動しているのはとても興味…

春にして君を離れ

『春にして君を離れ』”Absent in the Spring”は1944年に出版された。アガサ・クリスティといえば誰もが聞いたことがある作家だが、少し違うのだ。 実はクリスティには、…

「飲み放題」は同調圧力だ

社会人になって、いや大学時代からモヤモヤするのが「飲み放題」という仕組みだ。 2時間の飲み放題がついて3000円!とか。120分飲み放題忘年会コース全9品で50…

死がこわい件

人間も他の生物もいつか死ぬんだと初めて気づいたのはいつだったか。覚えているのは幼稚園の年長のときだ。 何がきっかけだったのかは思い出せない。でもそのとき「死」が…

もう一人のおばあちゃんと百日紅

小学校のとき、うちの祖父母の家は高台にあった。その庭には様々な樹木がうわっていたが、子供心には、地味な樹木ばかりという印象だった。マキノキとかツゲとか、目立った…

お腹が痛くならない

ここ1ヶ月ほど、お腹が痛くならない。わたしは物心ついたときからお腹が痛かった。 油物を食べたら痛くなるとか、辛いもので痛くなるとか、知らない人と話をしなくちゃい…