上野聡一朗【ことばで生きやすさを手に入れる】

社会人になった頃から生きづらさを抱え続ける。2009年に自分自身と向き合う勉強を本格的に始め、生きづらさを解消。今は「どうすれば生きやすく、イキイキ楽しく過ごせるようになるか」をテーマに発信を続けている。著書に「真実を生きる」がある。「スゴイ☆デキる!会話力レッスン」主宰。

上野聡一朗【ことばで生きやすさを手に入れる】

社会人になった頃から生きづらさを抱え続ける。2009年に自分自身と向き合う勉強を本格的に始め、生きづらさを解消。今は「どうすれば生きやすく、イキイキ楽しく過ごせるようになるか」をテーマに発信を続けている。著書に「真実を生きる」がある。「スゴイ☆デキる!会話力レッスン」主宰。

    マガジン

    最近の記事

    頭の中を整理したい時に、大切なこととは?

    頭の中を整理したい。 たとえば、いろんなことが矢継ぎ早に起こって それに追いついていくだけで精一杯で もう何だかわけわからん、っていう時 もちろんそのままわけわからんで 追いついていく、っていうのでもいいと思いますが やっぱり少しでもわけわかりたい、と思ったら 頭の中だけで考えるんじゃなくて 紙に書いて、頭の中を整理しましょう。 もちろん、書くだけで何かが解決するとか そういうわけではないかもしれませんが モヤモヤしたものは 減るんじゃないかなと思うんです。 逆

      • 言いたいことが言えない時に思い浮かべると良い、一句

        言えなくば ノート(note)に書こう その気持ち

        • 寝ることに、どこか罪悪感を持っていませんか?

          寝ることに、どこか罪悪感を持っていませんか? 罪悪感だったり、 何かもったいないことしてるなあ、っていう思いだったり。 かくいう私自身が、昔、 「もったいない」って思ってました。 「寝るのって、○んでるのと同じだからもったいない」って。 「〇んでるのと同じ」まで考える方も 少ないかなと思うんですが 罪悪感を持ってる方は、 けっこういらっしゃるんじゃないかなと思うんです。 根性がないみたいで、とか サボってるみたいで、とか 寝ちゃうから、やりたいこと(やるべきこと)

          • 「あーもう、疲れた」とか「 もうやってらんない!」と思った時に、大切なこととは?

            あーもう、疲れた、とか もうやってらんない!と思った時は 「そもそも今自分がこうして生きていられるのは 何の(誰の)おかげかな」 というのを考えてみると いいかなと思います。 「あーもう!」ってなってる時って どうしても、嫌なこと、つらいこと、 大変なことばかりに意識が向いてしまって いわゆるプラスの方には目が向かないと思うので。 「いやいや、プラスなんかないですよ」 と感じるかもしれません。 その気持ちもすごくよくわかるのですが 「あーもう!」って言える口がある(し

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • そうちゃんのお気に入り
            上野聡一朗【ことばで生きやすさを手に入れる】

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            忍耐の時も必要

            忍耐の時も必要。 我慢のしすぎもどうかと思いますが、 時として、耐えることも、すごく大事かなと思います。 「わー!」ってならない。 自暴自棄にならない。 耐える。 何か、後ろ向きなような感じがするかもしれないですが、 必ずしもそんなことはないように思うんです。 野菜などの植物が、日照りや雨風に耐えて 美味しくなる。 そういうお話って、よく聞いたりすることがあるんじゃないかと思います。 もしかしたら、植物には 「耐える」とかいう感覚はないかもしれませんが 厳しい

            自分の新たな可能性を耕すために、必要なこととは?

            自分の新たな可能性を耕すために、必要なこととは? 自分のやり方にこだわらない、ということ。 たとえば、最近はお金の払い方ひとつとっても Suicaなどは言うに及ばず、PayPay払いとか いろいろありますよね。 そんな時に 損得勘定は別としても 今までのやり方、自分のやり慣れたやり方に こだわらないことも大切かなと思います。 極端な言い方かもしれませんが ある意味、自分を進化させるというか。 なぜかというと、そうすることで 今まで使っていない脳の部分を使うことにつな

            毎日を上向きにしたい時に読むといいお話

            「仕方ない」を禁句にする。 仕方ない、致し方ない。 ちょっと、「あ、難しいな、 状況動かないな」とか思った時 ついつい、口に出ること、ありませんか? これはもう致し方ないな、とか。 すっごく気持ちはわかるんですが できるだけ、禁句にする。 仕方ない、致し方ないを 言わない。 口にしそうになっても、ふんばる。 これって、とっても大事なことのように思うんです。 なぜかというと 仕方ない、致し方ないを言っていると、 どんどんどんどん 口ぐせのようになってしまうと思う

            自分の常識(固定観念)を疑ってみる。

            自分の常識(固定観念)を疑ってみる。 たとえば 「これやったら相手は迷惑なんじゃないかな」 と思うこと。 そう思ってたことが、逆に相手にとって親切だった なんてことがあったりします。 というか、ついこの前、僕自身の体験として、ありました。 とある方(Aさんとします)に ある催促の電話を入れることに ちょっと躊躇(ちゅうちょ)していました。 なぜ躊躇していたかというと Aさん自身がどうこうできることではなく その先にまた別の方(Bさんとします)がいて、 Bさんが動か

            特に、それなりのお金を出して何かを学んだ時に、大切なこととは?

            手を動かすことが大切。 どんなに素晴らしい教えを学んでも 誰かが成果を出したメソッドを勉強したとしても 実際に、手を動かさなければ その成果は出ないと思うんです。 手を動かすとは 実践する、ということ。 実践、というと、 カタイというか、何かちょっとイメージしにくいというか 雲をつかむような感じもあるかもなので 手を動かす よく 「口ばっかり動かしてないで手を動かせ」 なんて聞いたこともあるかもしれません。 手を動かすっていう感覚って 大切なんじゃないかなって思

            食らいつくことも、大事

            食らいつくことも、大事。 達人とか、「極める」の世界って 「限りがない」っていうイメージ、ありませんか? たとえば、お掃除。 きれい、清潔にするということ。 これにも、限りがないと思うんです。 「え、たとえばお部屋のお掃除だったら きれいになったらそれで終わりじゃないの?」 確かに、一般的には そう思いますよね。 これ以上どうしろっていうの? というか。 ただ、たとえば、達人まで行かないにしても 掃除が得意、お好きな方のお話を聞くと 「え、そんなことまでやるの?

            昔聞いた音楽の力を借りて、今、元気になる

            若い頃に聞いた曲を聴いて その時の気持ちを思い出す。 ただ、なつかしむ、っていうだけじゃなくて 何か、心が浄化される感じになったり、 その、若い頃の気持ちを思い出したりすると思うから。 忘れていた(大切な)ことを思い出したり 無意識のうちにフタをしていたことがあることに気づいたり。 それでふと、わけもわからず涙が流れたり。 それも、ワンワン。 でもそれは決してネガティブな涙じゃなくて 心をときほぐす涙だったりすることも あるんじゃないかなと思うんです。 いわゆる

            良い流れにしたい時は、掃除の力を借りてみる

            掃除の力はすごいものです。 もし 「掃除の力って、何か、あるんでしょ」 くらいに思っているとしたら、 あなたが思っているより、きっと、すごいものだと思います。 掃除って言っても、 最初はそんなにすごい掃除じゃなくてもいいと思います。 そんなすごいことから始めなくてもいいと。 たとえば、 ほんのちょっとしたところを拭いてみるくらいで。 それだけで、何かがガラッと変わってくるとかは ないかなと思いますが、 それだけでも、 気持ちにちょっとした変化が生まれるかもしれま

            いろいろ環境が変わって、ストレスがかかりがちな時に、大切なこととは?

            ヤケを起こさない。 いろいろ、環境が変わったり、 生活スタイルが変わったりする時は、 自分では気づかなくても、 さまざまなストレスがかかってるものなんだと思うのです。 そうした中で、ちょっとイヤなこと、 大変だなと思うことがあると、 なんでもない時だったら そんなにストレスに感じることもないのに、 ことさら、ものすごくイヤだったり、 大変だったりに感じることって、 あるんじゃないかなと思うんです。 あるいは、普段は普通にできていることでも できなくなってしまったり

            自分を未完成品だと思ってみる。

            あえて、自分を未完成品だと思ってみる。 (人は「もの」ではありませんが 何か「未完成」っていうより 「未完成品」っていったほうがイメージしやすいような感じがしたので こう書きますね) 自分を完成品だと思っちゃうと 誰かから何か指摘や注意をされたりしたときに すごく、腹が立ったり、 逆に 自分をものすごく嫌悪したり、否定したり するんじゃないかと思うんです。 だって、もう完成されてるのに なんでそれに文句つけられなきゃいけないのよ! みたいな気持ちになると思うから。

            心の中をスッキリしたい時に、まず、するといいこととは?

            心の中をスッキリしたい時に、まず、するといいこととは? やっぱりホコリをとる。 何回か記事にしていますが やっぱり、ホコリをとることはすっごく大事かなと思います。 ホコリ、というのは ブライドとか自尊心のほうじゃなくて ゴミ、ちり、のほうの、ホコリ。 なんで大事かというと 運が悪くなるとか 運に恵まれなくなるとか、 そういうこともあるようなのですが、 ホコリがたまった状態でいることで、 心の中にもホコリ、汚れがたまっていくと思うからです。 ホコリに気づいてて見て見

            「これが苦手」「できない」っていう時に、まず、してみるといいこととは?

            「これが苦手」「できない」っていう時に、 まず、してみるといいこととは? 「それを疑ってみること」です。 たとえば、 「これが苦手」とか、「これができない」とかいうのは 自分で思い込んでるだけなんじゃないか、と疑ってみる。 「いやいや、思い込みじゃなくてほんとに苦手なんだって」 「ホントにできないんですよ」 そう思うかもしれません。 「だって、ほんとにそうなんだから」と。 たしかに、ほんとにそうなのかもしれません。 でも、そう思うにいたる 何かきっかけがあったんじ