伊藤真哉(しんさい)/笑生和京(おきょう)

関わる人の人生がいまより1%でも向上するように、カウンセリング(コーチング)や研修、障害のある方の自信につながるイベント企画(tale)、人の弱さで支えあうコミュニティ(らふ庭)を運営したりしています。https://www.cslabo.net/

しんさい工房(廃業挨拶)

ちょっとした達成感と開放感。 そしてほんの少しの喪失感を覚えた101日目。 ステイホーム期間の暇つぶしの選択肢のひとつにでもなってくれればと思い始めた「しんさい工房…

【43日目】しんさい工房 ‐自由‐

僕は4年生の後期もかけて、必要単位ピッタリで卒業した。 こんなにバイトもして偉いと思っている人もいるかもしれないが、僕はほとんど学校に行けてなかった。 必要最低限…

【42日目】しんさい工房 ‐宝物‐

黒猫の工場の仕事は、主に荷仕分けだ。 空港の近くに位置していたその工場には、毎日たくさんの荷物が運ばれてきた。 ベルトコンベアに流れてくる荷物をひとつずつピック…

【41日目】しんさい工房 ‐事故‐

市場の食堂は早朝から賑わいを見せている。 僕が学生生活を送っていた町には、24時間営業のお店はそれほど多くなかった。 カラオケ屋のアルバイトが終わってからご飯が食…

【40日目】しんさい工房 ‐後悔‐

人は非日常的な出来事を前にすると、正常な判断ができなくなる。 そして自分にとって都合の悪い情報を避け、自分の判断が正しかったと思い込むための情報を集め、自分を正…

【39日目】しんさい工房 ‐信頼‐

人は思い込みの中で生きている。 この多くの原因は、情報不足だと僕は思っている。 こうでなくてはならない こうあるべきだ 自分の思っている常識なんていうのは誰かにと…