伊藤真哉(しんさい)/笑生和京(おきょう)

関わる人の人生がいまより1%でも向上するように、カウンセリング(コーチング)や研修、障害のある方の自信につながるイベント企画(tale)、人の弱さで支えあうコミュニティ(らふ庭)を運営したりしています。https://www.cslabo.net/

【39日目】しんさい工房 ‐信頼‐

人は思い込みの中で生きている。 この多くの原因は、情報不足だと僕は思っている。 こうでなくてはならない こうあるべきだ 自分の思っている常識なんていうのは誰かにと…

【38日目】しんさい工房 ‐反動‐

角材を持って、高校生たちが深夜のコンビニに乗り込んできた。 レジカウンターを破壊され、僕はレジ下にある非常ボタンを押した。 僕の大学生活は、大学祭実行委員の活動…

【37日目】しんさい工房 ‐分岐‐

離婚しようと思う。 僕はみんなに謝らなければいけないことがある。 説明すると少し長くなることもあり、僕の親が離婚したのは大学4年生だと言っていることが多いが、実の…

【36日目】しんさい工房 ‐黒帯‐

先輩たちとの楽しい時間を過ごしながらの1日700円生活は、思った以上にハードだった。 もちろん自炊がメインの生活ではあったが、予算的に食材の選択肢がほとんどなかった…

【35日目】しんさい工房 ‐裏側‐

大学祭をやってみないかい? 入学式の挨拶の関係で、入学前から関わりのあった大学職員の方が、僕の様子を見て声を掛けてくれた。 半ば自暴自棄になっていた僕は、めんど…

【34日目】しんさい工房 ‐迷路‐

Vって何ですか? 大学での最初の英語の授業でのことだった。 理解度の確認なのか、基本のおさらいだったのかはわからないが、教授が5文型の話をしていた。 そんななか、…