Kaito/ワンナップ英会話

英語学習、英会話のコツなどを発信中! ✏︎海渡 寛記 ✏︎ワンナップ英会話代表 ✏︎海外留学・駐在経験ナシでTOEIC985点を取得 ✏︎著書『新社会人の英語』『場面別・職種別ビジネス英語フレーズ3200』

Kaito/ワンナップ英会話

英語学習、英会話のコツなどを発信中! ✏︎海渡 寛記 ✏︎ワンナップ英会話代表 ✏︎海外留学・駐在経験ナシでTOEIC985点を取得 ✏︎著書『新社会人の英語』『場面別・職種別ビジネス英語フレーズ3200』

    マガジン

    最近の記事

    【対象: 450〜650点及び650点〜795点】TOEICスコアアップのコツ

    今回は前回に引き続き、TOEICのスコアアップのコツ「中級者向け」と 「中上級者向け」をお伝えしていきます! TOEICスコアアップのコツ初級向け(250点〜450点対象)はこちら 中級者向けスコアアップのコツ:450点~650点対象 このレベルはある程度文法も知っていて、そこそこ経験している方です。 また、基本的なリーディングやTOEIC用の文法・語彙問題集を一応やったことがあるという前提とします。 このレベルの方はTOEICの長文の問題集をおすすめします。 何しろ、

      • 【対象: 250〜450点】 TOEICスコアアップのコツ

        今回はTOEICのスコアアップのコツを お伝えしていきます! 250点くらいから450点くらいの方向けです! わたしが考える一番良いと思う方法を紹介します。 実際は、人によって最適な方法が違いますので、 参考程度にしてください。はじめに前提です。 「TOEICのスコアアップを簡単だと思わないこと」 「長期的視野でTOEICのスコアアップを目指すこと」 「スコアアップには出来れば一年かけること」 まずは、簡単にTOEICのスコアアップが出来ると思ったらダメです! 確か

        • オンライン英会話の落とし穴~上達とコツ~

          オンライン英会話が一般化してきました。現在では多くのオンライン英会話スクールが参入し、様々なサービスが展開されています。 今回は英会話研究所として、一般的なオンライン英会話の評価と効果の検証、役立つ情報を簡潔にお届けしてみたいと思います。 【オンライン英会話の特徴】 前提として一般的なオンライン英会話はある程度の基礎英語力がある方に向けたサービスだと考えると良いでしょう。通常、オンライン英会話ではフィリピン人の講師の方やネイティブ講師がビデオチャットアプリを通して25分程

          • 英会話スクールの選び方

            英会話スクールは沢山あります。 色々な種類、形式の英会話スクールがあるのでみなさんの中には色々とご覧になった人もいるのではないでしょうか。 この記事を見ている方の中には英会話教室を色々と探している方もいらっしゃると思いますので今回は、自分にあった英会話スクールの選び方をお話ししたいと思います。 いくつか前提がありますので、まずはそちらから。 ① 英会話スクール選びに時間をかけ過ぎない ② 目標・目的をある程度考えておく ③ 英会話をやる!と腹を括る とりあえず、こう

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 英会話のお話
            Kaito/ワンナップ英会話
          • 仕事のコツ
            Kaito/ワンナップ英会話

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            「現場の意識が会社を変える」

            企業において、情報は現場に集まります。 そのため、現場にいる人たちが主体的にどうするべきかを考える文化のある企業は成長していきます。 先日、私が運営する英会話スクールにて、入会されたばかりの生徒さんのレッスンの予約を取ろうと先のスケジュールを確認したところ「予約をとるのがきついな」と思いました。 これを何とかしようと思うかどうかで私達のサービスのクオリティは変わってきます。 選択肢① スケジュールがキツイ ↓ キツイけど頑張る(現状維持) 選択肢② スケジュールがキツ

            メールには感情を込めろ!

            今回のNoteは結論からいきます。 ワンナップ英会話では社員・アシスタントに、毎日日報を書くようにしていますが、皆さんも同様かと思います。 その日報では是非、感情を込めて書くことをお勧めします! 既に多く方がそのようにしていると思いますが、そうではなくあまり感情の無い淡々とした日報も多いのではと感じています。(それが悪い訳ではないのですが) ワンナップの場合、仕事上の業務報告は業務時間中に聞いていますので、どこで何か起こったかは日報が来る前に私も大体把握しています。

            【箇条書き】 仕事がデキる人の条件

            出来るビジネスパーソンとは例えば ・電光石火のスピードで仕事をテキパキとこなす ・圧倒的な正確さを持っている ・指示待ちをしない ・調べる能力がすごい ・仕事は絶対に終わらせる ・人のせいにしない ・目的を理解して動く ・走りながら考える ・計画は最悪の場合を想定し、行動は大胆に ・人を巻き込むパワーと情熱 ・思いやりがハンパない ・複数の仕事を同時にこなす ・突然のイレギュラーな仕事に驚かない ・・・という人です。 当社ワンナップ英会話では全員、 出来るビジネスパーソ

            仕事が上手くいかない時に読む話。

            最近、パワーランチなどを通して 社員の皆と色々と話す機会があり、感じた事があるのでお伝えします。 まず、ビジネスパーソンとしての前提として セルフスターターになりましょう。 既にセルフスターターになっている人も多くいますが、 まだそうなりきれていない人もいます。 セルフスターターとは自分で考え、行動に移せる人の事です。 人生も仕事も良い事ばかりではありません。 うまくいっていない時こそ、自身を奮い立たせ 自ら自家発電して前進する事が大切です。 人にエンジンを掛けても

            ビジネス英語とは?

            仕事で英語を使う事は、パソコンでエクセルを使う事と同じような事だと思います。どちらもただのツールですので目的にはなり得ません。 それぞれうまく使って仕事で結果を出すことが本来の目的です。 仕事で英語を使う方の多くは、ある程度英語でやり取りが出来ていたとしても「英語は話せません」と言います。私もその一人でした。 英語でのやり取りに慣れ、業務上問題がなくなってきた時でも、自分の英語は完璧ではないので喋れないと思っていました。 では、表計算ソフトのエクセルのスキルの場合はどうで

            リーダーシップって何?

            リーダーシップ(主体性)についてですが、何も組織やチームを率いることだけがリーダーシップではありません。 入社初日の人でも、人を引っ張るタイプでない人でも、リーダーシップは発揮できます。 「このチーム・会社をもっと良くしたい」というビジョンがあって、さらにそれを具体的に落とし込んでいけば、自然と主体的になります。 つまりそれだけで「リーダーシップ」が発揮されます。 当社ワンナップ英会話では季節のイベントでクリスマスパーティーを行うのですが、その準備を例にとります。 良

            これからは 「情報を使う人」の時代です。

            今回は情報の価値について話をします。 インターネットの世の中になって もう20年以上になります。 個人が情報を発信出来る時代となり、 どんな情報でも検索すれば そこそこの情報が見つけられるようになりました。 若い方にとっては当たり前の事ですが、 言い方を変えるとそれまでの時代は 「物知り」が覇権を握っていた時代とも言えます。 私が若い頃は、素敵なレストランを探すのは 至難の業で、知ってる人しか知らない状態でした。 従って、デートで使うお店を決めるに もわざわざ一度下

            誰でも出来るのに誰もやらない「仕事のコツ」

            今日は仕事のコツをお伝えしようかと思います。 弊社社員のやっているヤマちゃんブログでも紹介していますが 出来るビジネスマンの心得は「理詰めと気合い」です。 この言葉、実は経済産業省の優秀な官僚の方の言葉です。 霞が関の抵抗勢力と戦う為に必要な事は「理詰めと気合い」だそうです。 国の官僚の大多数は東大出身です。 一般的にキャリア官僚は幼少の頃から常に学校で一番頭がよく、 地域で一番の学校に進学していき、その学校でも一番を獲得します。 そして最終的に東大に入り、その中でも

            仕事のスピードを上げるにはコツがある!!仕事が速い人と遅い人の特徴

            最近、全体的に仕事がスピーディでないと感じる事があります。 私も現場の業務をする事がめっきりなくなり、社員一人ひとりの仕事力を直接チェックする事が少なくなりました。 仕事の遅い人は、仕事が遅いまま「はー、何だか忙しい」となりがちです。 役職が高い人は仕事力もあり、既にスピーディーに動いていて、それでもなお忙しいという人もいます。これは仕方がありません。 しかし、仕事が遅くて「はー、忙しいー」は駄目です。 仕事力を上げましょう。効率的に動きましょう。 私はサラリーマン時

            “やっぱり仕事って楽しい”

            私事ですが先日、前職の先輩がマレーシアから帰任したという事で お帰りなさいの会に参加してきました。 当時の上司・先輩・同期・後輩と合わせて9名で集まりました。 その先輩は2度目の海外赴任を終えて9月に帰任したのですが、 その先輩こそ私を前の会社に採用した元人事部の方です。 会社説明会でその人に出会い、面接を受け内定。 そして内定式、入社式、新卒研修、フォローアップ研修、一年後研修。 その後も社内で会うたびに声を掛けてくれたとてもお世話になった人です。 (当時の人事部のエ

            ドラマの始まりはいつも何気ない

            これは2016年3月、だんだん暖かくなってきたなと感じていた頃の話。 ふとしたきっかけから私の会社員時代を思い出し、ついつい干渉に浸ってしまった時の話です。 ワンナップ恵比寿校に新しい武器が導入されました! ソニーの本格一眼レフカメラです。 カメラがきた経緯ですが、なんとソニーデジカメ事業部のマーケティングの課長をしているT氏からの寄贈です。 T氏は来る4月1日のフライトでインドへ発ち、現地に赴任します。 最低でも3年は戻って来ないと思われます。 その間、愛用していたカ

            無表情と無関心はダメ!

            私が通っていたEMS(Essential Management School)でより良いコミュニケーションとチーム作りの為に、“肯定ファースト”を心掛けましょう。と習いました。 本質行動学によると、 「人は誰しも認められたい(肯定されたい)と思っている」 という原理原則があるそうです。 これは確かにそうだなと思う原理です。 「俺は出来るだけ否定されたい!」 という人に今まで出会った事がありません。 ちなみに肯定ファーストは、 肯定オンリーという意味ではありません。 場