まさまさ(佐々木将人)

●医療・介護現場で働くものとしての気付きを残す。 ●コミュニティ運営の学びと活動について書く。 #KAIGOLEADERS #コルクラボ #東新宿SHIP

まさまさ(佐々木将人)

●医療・介護現場で働くものとしての気付きを残す。 ●コミュニティ運営の学びと活動について書く。 #KAIGOLEADERS #コルクラボ #東新宿SHIP

    マガジン

    • コルクラボ ガーデン [CORK Lab GARDEN]

      • 1,105本

      「コルクラボのメンバーが書いたコルクラボに関するnote」を集めたゆるーいマガジンです #コルクラボ

    • コルクラボ春合宿2019.03.16-17 note集

      コルクラボ春合宿2019.03.16-17 自分をちょっと後押しする2日間 〜好きを叶える、言葉を手に入れる〜 合宿を通して生まれたnoteを集めてみました。

    • 【寄稿】かいスペメンバーの日々

      • 83本

      マガジン編集部がかいスペメンバーの日々のnoteを随時ピックアップしています.かいスペマガジンでは最大の記事数になります.

    • SHIPマガジン〜旗を立てよう。〜

      • 146本

      SHIPは、医療・介護・福祉領域を軸に、「これまで」を変えたい人、「これから」を作り出したい人、応援したい人が集まり、対話や行動をともにすることで自らの強みを見いだし、やがて世界を前に進めるコミュニティです。 応援してくれる人が見えるとやる気になります!

    • 医療・介護・リハビリテーション

      理学療法士としての仕事を通じて、感じたことや学びをまとめるよ。さらに、新卒で在宅分野に挑戦したセラピストの寺子屋的存在になれたらいいなと思って、話を聞ける場を提供し、それを記録していくよ。

    最近の記事

    • 固定された記事

    エジプト海外初一人旅 17日間 感じたこと

    **なぜ僕は旅にでることになったのか。 また、それはなぜエジプトなのか…。**そこから始めたいと思う。 平成30年7月末、僕は仕事をやめた。 ここまで真面目に生きてきたことには自負がある。 そんな僕はニートを選んだ。 社会の目・世の中の目があるとすれば、28歳・独身・彼女なし・仕事なしはどうみても底辺だろうw それでもその選択をした。 職場とマッチしなかったのだ。 理学療法士として働いているという形態だけみると高知県で働いていた頃と神奈川に移った後と、なにも変わってはいな

    有料
    300
      • 鞆の浦・さくらホーム、見学に行ってきた。

        広島県は福山市鞆の浦にやってきた。 鞆の浦・さくらホーム生活密着型多機能ホーム「鞆の浦・さくらホーム」 グループホーム・デイサービス・小規模多機能型居宅介護・放課後等デイサービス(さくらんぼ)・重症心身障がい児の多機能型事業所(星の家)などを運営されている。 鞆の浦の高齢化率は約50%だ。また75歳以上は30%を占める。生活密着とか地域密着とか言うけれど、さくらホームの守備範囲は鞆町に限る(小中学校の区域くらいかな)。それは、ずっとそこに住んでいた人の生活を大事に、知り合い

        • コロナがもたらした後遺症。正しさの固定は逸脱者とジャッジマンを製造する。

          どうも、まさまさです。先日、ぶんじ寮がコロナ寮になっていた時の話を書いた。 コロナ感染症に関わらず、感染症対策でやるべきことは決まっている。手洗いうがい・マスク。コロナ感染症に関しては、三密という言葉もできたね。 医療や介護の領域に話を広げると「標準予防策:スタンダードプリコーション」というものもある。これらに関して、特に疑う人もいないだろう。つまり、感染症対策が必要な場に置いて、それが正しさであり、ルールだ。 正しさが提示されると何が起きたか。正しさが強調されたこと、

          • ついに、約20人で共同生活をするぶんじ寮にもコロナがやってきました

            どうも、まさまさです。約200坪の土地に20人を越える仲間たちと暮らすぶんじ寮。ついに、コロナウイルスがやってきました。 【(おそらくですがほぼ確で)コロナになりました】ある日、ぶんじ寮にほぼ確でコロナがやってきた。ぶんじ寮の外で会った方がコロナ陽性でその濃厚接触者になり、症状出現という流れ。まぁ誰もがなるよね、どんまいだ。最もありがたかったのは、素早い報告だ。本人は「しょぼくれ」&「ビビり」ながらぶんじ寮のslackに投稿したとのことだった。言いにくいことが言い出せる場、

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • コルクラボ ガーデン [CORK Lab GARDEN]
            コルクラボ 他
          • コルクラボ春合宿2019.03.16-17 note集
            まさまさ(佐々木将人)
          • 【寄稿】かいスペメンバーの日々
            かいスペマガジン 他
          • SHIPマガジン〜旗を立てよう。〜
            SHIP(Sustainable Healthcare Integrate Park) 他
          • 医療・介護・リハビリテーション
            まさまさ(佐々木将人)
          • 偏愛エンタメ日記
            mariko@老いと暮らしのデザイン 他

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            嬉しいことは立て続け。自分を救ってくれた本の著者とイベントを一緒につくります!

            どうも、まさまさです。  12月多忙を極めておりますが、嬉しいことが立て続けにあります。それは、何なのか…ということから書く。その経緯を後述する。気が向けば最後まで読んでね。 嬉しいこと。憧れだった方、自分を救ってくれた方と一緒にイベントを作るってこと。ゲストとして招くではなく、対談形式のイベントを一緒につくるってことが嬉しい。 ●12月12日(日)9:00~ 胡桃堂・朝のもちよりブックスに登場させてもらいます。クルミドコーヒー・胡桃堂喫茶店の店主 影山 知明さんにお声

            心理的安全性を体現した人に自ずと集まる情報や相談

            どうも、まさまさです。僕が働かせていただいている組織に、尊敬する人がいてるんやけど、その人の振る舞いから学ぶことが多いなぁと思ったんで、「心理的安全性」の面から書いてみようと思う。 肩書きや立場が情報や相談事を集めるわけじゃなく、その方の振る舞いが、それを集めると感じる。 心理的安全性とは心理的安全性のつくりかたにはこう書かれている。 ちなみに、対人関係におけるリスクとは 「無知」「無能」「邪魔」「否定的」だと思われることだと、エドモンドソン教授は整理している。 日本

            対話には「できる」という動詞より「おこる」が似合う気がした話。

            taboo持ち寄りぶんじ寮 7回目のテーマは「対話」 今回の参加者は6名くらいだったろうか。ポツポツと人が集まりtaboo持ち寄りぶんじ寮はスタートした。人に点数をつけてエクセルで管理している人の話、自分の成したいことのために人を機能・手段と捉えているような人の話、真面目な雑談がしたい、対話と会話、何がどう違うんですか…など参加者が場に思っていることを置いていく。 対話:Dialogue:the talking in a book, play, or movie…劇や小説

            taboo持ち寄りぶんじ寮vol.6「地域」がとてもよかったのでnoteを書いてみる。

            どうも、まさまさです。クラウドファンディングで約500万円という応援をいただいたぶんじ寮。日々の生活や取り組みを書いていきたいと思っています。みなさんの応援が継続の力になりますのでお気持ちおねがいします。 ぶんじ寮とは taboo持ち寄りぶんじ寮タブーとは誰が作ったんだろうか。おそらく自己検閲や自己規制の積み重ね。それらを一度外した、各々の意見やストーリー・その場で沸き起こったことを大切にしたい。 そんな想いで行うtaboo持ち寄りぶんじ寮は、6回目を迎えた。6回目のテ

            お手紙コーヒーで出会う。

            どうもまさまさです。東京都西国分寺にあるカフェ「クルミドコーヒー」。そこには、手紙を送るように、コーヒーをまだ見ぬ誰かに贈ることができる仕組み「お手紙コーヒー」がある。 僕が書いた手紙 3月9日が誕生日のあなたへ まさまさ^_^ 3月9日が誕生日だと”レミオロメンの3月9日”と言われるよね。でも自分の中では”Thank you"で、感謝を大事にして生きてたりもするよね。あなたはどう?同じ3月9日生まれの人と仲良しになれたら嬉しいな…と思って書きました。 そして、先日手

            ぶんじ寮のミーティングを通して感じたこと

            どうも、まさまさです。クラウドファンディングで500万を集めたぶんじ寮の取り組みと生活の日々を書いていきます。応援が継続の力になります。お気持ちでおねがいします。 ぶんじ寮とは 今日は2021.8.10。ぶんじ寮に住み始めたのは2021.2.24。出来事や感じたことを残していこうと思う。222坪の土地・20部屋の個室があり、20人以上が住まう・ゲストルームも2部屋あって、時々外の人が泊まりに来る。そんな寮だ。 ぶんじ寮では月2回住民ミーティングというものがある。うまく行

            有料
            300

            ぶんじ寮にきて5ヶ月が経った。

            どうも、まさまさです。クラウドファンディングで500万を集めたぶんじ寮の取り組みと生活の日々を書いていきます。応援が継続の力になります。お気持ちでおねがいします。 ぶんじ寮とは どうも。5ヶ月間髪を切っていないまさまさです。天パなので、おばさまとおじさまの間みたいになっています。 お金に頼るのを半分にしよう。困りごとや余りごと、得意ごと、なんでも持ち寄って生きていこう。ぶんじ寮に住む人だけがそうあるだけでなく、まちの人も一緒にぶんじ寮を起点に?ハブに?そうなっていけると

            有料
            300

            介護

            どうもまさまさです。 「伝わる文章、人とつながるきっかけとなる文章が書けるようになると嬉しいよね」と、KAIGO LEADERSのオンラインコミュニティSPACEのみんなと書くことを学びあうイベントを毎月実施している。参考図書は「マジ文章書けないんだけど」。今回は「介護」をテーマに書いた。 「介護」1回目年齢を重ねると人はどうなっていくだろう。想像に容易い。これまでできていたことができなくなっていく。耳は聞こえにくい。膝は痛い。物忘れはするし、歩けなくなっていく。最期に心

            リレーマラソンからチームを学ぶ。

            どうも、まさまさです。今日は、さがみ湖さくらランのリレーマラソンにぶんじ寮の仲間たちと出場した。リレーマラソンを通してチームを学んだというか気づきがあったので書き留めておく(ちなみに、noteを書いている今、私の体はすごく疲れています)。 今回の気づきは以下2点だ。 体験を分かち合うことで、しんどさは軽減できる。1周2.5kmのコースをチームで8周し合計20km。僕は1.2周目と8周目を担当した。1周目が一番しんどかった。 今回のさくらランのホームページには「起伏に富ん

            今年も大好きな3月がおわってしまった…ありがとう。

            どうも、まさまさです。昨年も書いたが、今年も大好きな3月が終わってしまったので書く。これから来年の3月までは再びたくさんの「ありがとう」を積み重ねて生きていきたい。 どうして3月が好きなの?1:自分の誕生日があるからや!(3/9) 僕は3月9日にこの世に生まれた。Thank you(感謝)の日だ。僕の人生のテーマは「愛と感謝を深めること」 2:両親の結婚記念日があるからや!(3/22) 両親が出会い、結婚し、2人目の子どもとして僕が生まれた。おとんとおかんのおかげで今があ

            ゆっくり、いそげの読書会が楽しかったのです。

            どーも、まさまさです。 ゆっくり、いそげの読書会を開催し、面白かったので記録として残しておこうと思う。 「ゆっくり、いそげーカフェからはじめる人を手段化しない経済ー」この本は、東京都西国分寺にあるクルミドコーヒーの店主 影山知明さんの著書。帯にも書いている通り「目の前の人を大事にする」に向き合い「ギブすること」「贈ること」を仕事の目的にしてみることで「支援し合う関係性」づくりを実践しているカフェ。 この本を読んでいると、理学療法士の僕はなんだか福祉っぽいなぁ…と感じた。僕

            会話とは、共に向きを変えること。

            どーも、まさまさです。 最近、コミュニケーションが重要だとか、会話・対話が大事とか、好きとか。その言葉が何を意味しているのかよくわからんのよね。会話とか対話とか…なんなんですか?と思ったので考えることにしてみる。 会話の語源会話:convasation con-:共に verse :向きを変える -tion :こと だそうだ。 つまり、会話とは、共に向きを変えることだ。 思い出深いエピソードをひとつ「共に」かはわからないが、向き合ってくれたことで、私は変わるきっかけを得