見出し画像

エルメスのクロコ革・ニロティカスとポロサスの違い

牧 菜々子

こんにちは。

牧 菜々子です。

エルメスの最高級革、クロコダイル。

中でも、非常に似ているのが、ニロティカスとポロサスの2つです。

価格差が80万円もあるだけに(バーキン25の場合)、「ポロサスでいいのかな?」「ニロティカスのほうがいいかな?」と、予期せず迷います。

でも、選ぶ手がかりがない。

情報もない。

購入するにも見送るにも、いまいち判断がつかないのです。

実は、ニロティカスとポロサスは、見た目は全くと言っていいほど見分けがつきません。

それでも、細かすぎる違いは、次々と出てきます。

今回は、そんなエルメスのクロコ革・ニロティカスとポロサスの細かすぎる違いについて、普段あまり目にすることのない裏面と側面の画像も合わせて、余すところなくお伝えします。

・価格の違い

・一般的なイメージの違い

・重さの違い

・うろこ模様の大きさの違い

・うろこ模様の輪郭の違い

・硬さの違い

・経年変化の違い

・メンテナンスの違い

・入荷状況の違い

エルメスのクロコを購入するなら、世の中の評価とは別に、ニロティカスがいいか、ポロサスがいいか、自分の中で軸を持っておきたいところです。

その軸に沿っているかどうかが、購入後に心から「買ってよかった」と思える満足感につながるからです。

見た目には全くと言っていいほど見分けがつかない、ニロティカスとポロサス。

ここでしか知ることのできない、この2つの違いを、早速お届けしていきたいと思います。



この続きをみるには

この続き: 3,728文字 / 画像6枚

エルメスのクロコ革・ニロティカスとポロサスの違い

牧 菜々子

5,500円

期間限定
\ PayPay支払いすると抽選でお得に /