唐溪 悦子(からたに えつこ)

島根/僧侶 日々を丁寧に生きる 自然ときどき恐竜ときどき器ときどき、たまに仏教。 #レトルトカリー寺 #サイバー南無南無 #尼僧酒場 #自然案内人

ただ、唱えずにはいられないから‐オンライン数珠つなぎ読経‐

仏壇の前で手を合わし、おまいりする。 それは僧侶としてごくごく当たり前の行為なのかもしれない。 ただそれは当たり前だからということではなく きまりだからということ…

「尼僧酒場」をし続ける理由

先日、このような状況で「尼僧酒場」を開催するのはどうなのかという意見をいただきました。実は2月の開催でもこのような意見があり、開催をとても悩んでいたし、今もそれ…

わたしという存在を認められていないと全て敵に見えてしまう日がくるかもしれない。

最近割と心穏やかになってきたなと感じている矢先、とてつもなく腹が立つことがありました。生きているんだからそんなこともありますよね(笑) 同じ空間にいたくもないし…

自然のなかに身をおくということー自然案内人として伝えたいことー

最近ずっとnoteが書けずにいます。 10行くらい書いて何が書きたかったのか分からなくなる。 何回か繰り返してたら1ヶ月も経ってしまいました…。 おもいのままに文章を書く…

「表現する」という恐怖

あけましておめでとうございます。 今年もnoteを覗いていただきありがとうございます。 お正月、実家に帰って昔の荷物の整理をしていました(母が)。 ふと見つけた郵便物…

拝啓 「僧侶です。」 と言えなかったわたしへ

1年前のわたしへ、リスペクトを込めて。 ちょうど1年前、ものすごくたくさんの感情をまとって生きていましたね。 やるせなさ、悲しさ、惨めさ、憤り、嫉妬、諦め…。 よく…