hiro

行動を変えてみよう 読書を仕事に活かす、習慣を身につける
固定された記事

古典から学ぶ その2 (自己紹介を兼ねて)

こんばんは。読書の秋ですね📚  中国古典を中心に日々の組織運営、自己成長に役立つ記事を書いています。自分と組織の成長、そしてこのnoteを読んでくださった皆さんのお…

+1

経験を抽象化することについて学ぶ(孫子とUMLの接点)

こんにちは。  今回の記事は、UMLというモデリング言語を学ぶなかで思いがけず出会った認知心理学的な視点が孫子の思考回路を探る手がかりになるかもしれない、という、…

不誠実な相手への対応 孟子と孔子とアドラー

こんにちは。関東は秋晴れで気持ちいいですね!☀️  みなさんは仕事やプライベートで不誠実な相手に対して、どのような対応を取るでしょうか?  不誠実に対して直接的…

小忍ばざれば則ち大謀を乱る(論語)

(意味)
小さなことに堪忍できなければ、大きな野望を達成することはできない。

今日、部下の小さな反発を食らい大人気ないやりとりになってしまいました。意見は意見として聞き入れる度量が足りないなあ、と反省するばかりです。

口はすなわち心の門なり。意はすなわち心の足なり。(菜根譚)

 口に出す言葉には気をつけないと大事なことが漏れてしまう。
 よく考えて行動しなければ間違った方向に暴走する。

 気の緩み、浅い考えが災いをもたらすことに対する戒めです。

耳の痛い言葉を聴く覚悟はあるか?(菜根譚)

こんばんは。今日も菜根譚から、珠玉の言葉をひとつご紹介します。 (今日の言葉)耳中、常に耳に逆らうの言を聞き、 心中、常に心に払るの事ありて、 わずかにこれ徳を進…