ギャラリーの搬入あるある

先日、搬入は作品と対話する儀式のような時間という記事を書きました。

久々に水木両日とも搬入となり、休みがなくなってしまいましたが好きなことなので勿論苦にはなりませんね。で、

二階の作家さんが部屋の掃除からしてくださってほんとありがたい(ほんと掃除が行き届いてないすみません)。僕もオープン初期は毎日雑巾掛けしてたなぁ、など思い出しました(ギャラリー アトリエ三月は靴を脱がないといけない)。

もっとみる
ありがとうございます!精進します!
3

投げ銭BOXをギャラリーに置いたこと

去年の4月から僕の運営するアトリエ三月ではドネーション/投げ銭システムを開始しました。

システム、と言うと大層ですが箱置いただけ 笑

手紙を添えたりすることもできます。毎回大体3000円〜15000円くらい頂戴しています。頂いたお金は出展作家と折半、また、参加人数が多いときは作家宛てのものはそのまま渡したり、運営費として頂戴しております。本当にいつも応援してくれている方々ありがとうございます。

もっとみる
ありがとうございます!精進します!
4

11月29日、本日は個展会場に在廊しています。

代田橋CHUBBYでの個展は12/8まで。

本日は15時-18時、19時-23時で会場にいます。

ところで今回の個展、オーナーの高木さんがスペシャルドリンクとしてハーブなど漬けて青色のジンを作ってくれました。

僕の1番好きな色、青。
高木さんありがとうね。

これが不思議でソーダで割ると青色のままでトニックウォーターで割ると紫色になります。

どっちも好きだけど僕はトニックウォーター割りのほ

もっとみる

ギャラリー&BARは失敗します。アカウントを分ける事でブランディングを図る。

シェアリングエコノミーという言葉が普及した昨今、シェアという概念は様々なジャンルに浸透し、ギャラリーでも一つの場所をシェアするというモデルはいろんなところで見られるようになりました。

つまり一つの場所を複数のギャラリーが運営することが一般的になりました。さらには特定の場所を持たないギャラリー、こうなるとプロダクションに近い形。

更には元々一つのギャラリーだった筈が複数の顔を持つ場合もあり、例え

もっとみる
ありがとうございます!精進します!
7

手をのばしても届かない。

【HER】やましたあつこさん個展
青参道アートフェアに続き、やましたあつこさんの作品を拝見した。
やましたさんの物語は深みを増して、
幾重にもそこにある。

それらは、
無垢な存在として、
孤高の愛の様相を呈しているようでもある。

触れようとしてはいけない。届かない。
話しかけてはいけない。話せない。
分け入ってはいけない。近づけない。

どこか天空に浮遊しているかのような無垢なものたち。
ただ

もっとみる
You made my day !
3

まだギャラリーで展示経験のない人たちへ。

ギャラリーと一口に言っても様々なジャンル、種類のギャラリーがあります。

ここでも何度か言っていると思いますが貸しギャラリーや企画ギャラリー、プライマリーギャラリーやセカンダリーギャラリーと呼ばれるギャラリーなどなどなど、説明はまた次の機会にしますが本当に様々です。

ギャラリー毎に統一した規約なんてないので「他のギャラリーではこうだった」と言うのが多分全く通用しないので注意が必要。特にお金のこと

もっとみる
がんばる!
4

そこにあるのはゆるしあう気持ち。

【青参道アートフェア】やましたあつこさん展示

グループ展なのだけれど、区画がはっきり別れていて
それぞれが個展のような遇い。

ガラス窓のすぐ向こうに、建物やその中の人の動きが見える中で
やましたさんの作品は、ある種の思念を表現するかのように
浮かんでいた。

この二人は誰なのか。
それは愚問だろうけど、そこには
思いを昇華させるために必要な“ゆるし”があるように思う。

次のギャラリーに向か

もっとみる
You made my day !
1

搬入は作品と対話する為の儀式のような時間

ギャラリーアトリエ三月では昨日からまた新たな展示がスタートしました。

一階はさかもとめぶき、中村という二人組のドローイング展。二回はchaos drawing という企画公募展。

先ほどtwitterにも投稿したんだけど本当に上記の通り。僕にとって他人の作品を扱うこと、作品のことを一番よく知る方法が搬入って作業なんだな、と昨日は本当に見に染みて実感しました。

大体いつもは水曜日に搬入作業して

もっとみる
ありがとうございます!精進します!
3

私の意識をイシキする。

【イシキ】齊藤智史さん個展
s+arts(スプラスアーツ)さんの展示が気になったので行ってきた。
齊藤智史さんの【イシキ】という展示(会期終了)。

斎藤さんは、長野県生まれ。
東京造形大学造形学部彫刻専攻を卒業した作家。
楠を用いてフォルムを形成し、
人の記憶の曖昧さや懐かしさを醸し出する彫刻家だ。
アジア圏にて急速に人気を集めているとギャラリーの紹介にある。

その作品は、不思議な存在感を放っ

もっとみる
とてもうれしいです!
5

大阪を出るといつも感じる発信力のなさ

ちょっと用事があって昨日は日帰りで東京へ。

今年二度目の東京。もっと頻繁にいくべきだなーと海外も含めて非常に思います。それだけ大阪に張り付きっぱなしなのはあんまり良くないんですよねー。さて

昨日は品川駅で降りたのですが、何度も降りたことはあった筈なのに今回初めてオフィス街側を歩いたんですよね。なんか、こんな歳になってアレですが、なかなか圧倒されました・・・

グランフロントみたいな真新しい超高

もっとみる
がんばる!
4