.°ʚFresh!撮影会-1話目-ɞ°.

2020年7月25日♡Freshササゲ様にて、プレミアム撮影会を行わせていただきました🤍

ご参加いただいた5名様!ありがとうございました!

撮影会は、約1年ぶりの開催でした!
今回はちゃんと運営の方についてもらい、正式な撮影会˙˚ ᕱ⑅ᕱ ˚˙

参加いただいた方々が、5名でしたので。
1話から5話という表現の仕方で
noteに残していきたいと思います🤍
(写真は撮っていただいた方の物語だ

もっとみる

【農業のすすめ】野菜の種まきと育苗 ポットルver._チーマディラーパ西洋菜花

ナイスポット!
ポットルを使用した野菜の種まきの様子です。
種はチーマディラーパ西洋菜花のコート種子を使用しています。

フレッシュポットTV

苗はこちら
フレッシュポット~農家がとどける野菜&ハーブ&フラワー苗~
https://freshherb.thebase.in/

フレッシュグループ淡路島
https://www.freshherb.jp/


by fresh farmer
#農
もっとみる

ナイスファーマ!
5

新規就農計画の立案~作業時間を表とグラフにする~

国や各種の媒体が出している情報を調べていくことで、少しずつ農業のイメージがついてきたかと思います。

https://note.com/freshherb/n/nd9483943c953

産地、地域や作物を調べてながらどちらか一方が決まっていくと、更に深堀りした情報の収集につながっていくことでしょう。

品目や地域の栽培方法や、生産地の状況を現場をまわり、農作業の体験をこなしていくことで、

もっとみる
ナイスファーマ!
2

自分値をもとにした時間限界と計画

前回のポイント

作業スピードは個々人により異なるため、平均値や参考値ではなく、大切なのは自分値を捉えること

https://note.com/freshherb/n/n269ce20a7f02

計画準備の前段階で必要な作業の洗い出しは慣れてきたと思います。

**

//おさらい
//作業
耕耘・播種・育苗・定植・施肥・防除・管理・収穫・選果・出荷・片付け・撤去etc

もっとみる
ナイスファーマ!
6

新規就農に向けた計画準備の中の作業時間の重要性について

新規就農に向けて調べていく中で、国や自治体の各種制度や公庫が出している制度資金などの基本的な情報の掴み方はわかってきたと思います。

https://note.mu/freshherb/n/nd9483943c953

また土地や品目の選び方や、土地またら主となる品目のどちらかが決まったあとの、情報の集め方や考え方も見えてきたことでしょう。

https://note.mu/freshherb/n

もっとみる
ナイスファーマ!
4

営農や新規就農に向けて国や制度資金の情報を収集してみる

情報はどこから集めていけばよいでしょうか。

農業関係のホームページや農業法人など農家や農業者の情報を収集することも一つですし、国の制度を調べてみたり金融機関の資金情報も大切なインフォメーションとなりますので併せてチェックをしていきたいと思います。

**

まずはわかりやすく就農ポータルや各種情報のもととなる農水省で出しているハンドブックがありますので参考にしてみてください。

www.

もっとみる
ナイスファーマ!
2

UNIDOL Fresh magenta

超個人的な感想。文句や批判は受け付けません。
因みに審査員の評価は一切否定しません。
見る人が違えば見る場所が異なるだけで、良い物は良い。
評価は「アイドル性」「表情」「パフォーマンス」「セトリ」「+α」の5つ。SからEまで。「+α」は、伸びしろや期待度だと思ってください。

℃hurryz
「B.A.B.A.B+」
チームカラーのハロプロセトリ。出だしから緊張感が伝わる。いつものチュリは、ハロの

もっとみる
そういう人意識高くて好き
2

地域と品目を調べて、まずは一方を決めることから始めてみる

農業を生業にしたい、仕事にしたい、と思ったときに何から決めていけばよいのでしょうか。
好きな野菜を並べてみるのも一つですし、売り方や売り先から決めていくのもよいでしょう。

まずは地域か品目が決まっている、またはぼんやりとでもこんな農家になりたい、こんな農村で仕事をしたい、などの希望があったりイメージがあることが多いのではないでしょうか。

⑴栽培したい品目が決まっている
⑵就農したい地域が決

もっとみる
ナイスファーマ!
6

新規就農の流れと方法論②「品目の深掘り⑶」

品目の深掘り⑵からの続き

前回の記事はこちらから
https://note.mu/freshherb/n/n63d0ce25ea4e

品目の深掘り⑵品種の選定では、地域や気候によって同じ品種でも播種時期や収穫時期が変わることを見ていきました。

また栽培時期による作業の重なりを避けるための品種の選定や他の品目への振替に意識することの必要性を書きました。

最後に⑶作業ごとの自分

もっとみる
ナイスファーマ!
6