師走になると走り出す

怒涛の11月が終わり、いよいよ師走。
2020年も終わりが見えてきた。

今月は先月我慢していた(自分比)映画やドラマを思う存分観る!と意気込む私。観たい作品が溜まっているのだ。

Netflixでは「スタートアップ」「クイーンズ・キャビネット」「アンという少女」「ザ・コール」あたりから攻める予定。
AmazonPrimedでは「真実」「ボヘミアンラブソティ(再観だけど)」とか。
今週公開の「サイ

もっとみる
励みになります!
10

NARUTOの続編、BORUTOの魅力

こんにちは。ヒロです。

今日は、「BORUTO」について書きます。

NARUTOは、漫画もアニメも全部見ていたのですが、BORUTOは、本誌の連載デビュー1話目で「つまんないなー」っと挫折しました。

コロナの時期に暇だなっと思い、「また見てみようかなー」って、アニメを一気に見たら、「面白いじゃん!( ゚Д゚)!」っと、ハマってしまいました。

漫画も連載中、テレビ東京で、放送中です。
原作は

もっとみる
ありがとう!
4

「マイ・ディア・ミスター ~私のおじさん~」に嵌った理由を考えてみた (2)

((1)より続く)

※ 本稿は多少ネタバレ含みます ※

 「マイ・ディア・ミスター ~私のおじさん~」に嵌った理由のベースにあるものとして、まず現在のコロナ禍が影響していることは間違いない。

 ドラマ内では、職場での同僚や部下とのやり取り、行きつけの店での飲食の場面が多く出てくる。
 2年前に撮影されたドラマなので、当然のように皆マスクもしていなければ、ソーシャルディスタンスに留意しているわ

もっとみる
ありがとうございます!
4

「マイ・ディア・ミスター ~私のおじさん~」に嵌った理由を考えてみた (1)

 今春の緊急事態宣言が発令された頃、巷では Netflixの「愛の不時着」が面白いという噂が流れていた。
 在宅時間が増えたこともあり、Netflixの新規30日間無料を使って観てみたら、噂にたがわず面白い。

 視聴を終了すると、これもお薦め、と似たような作品を推してくる。「梨泰院クラス」「椿の花咲く頃」なども続けてみて、ここまででは「椿の~」が最も気に入っていた。
 「冬のソナタ」以来の個人的

もっとみる
ありがとうございます!
1

「キム秘書はいったいなぜ?」のなにが素敵かって話

Netflixで話題のドラマ「キム秘書はいったい、なぜ?」。

「梨泰院クラス」で散々話題になったパクソジュンの新たな一面を観て、目がハートになる女性の何と多いことか。その気持ち、わかります。

↑の記事に書きましたが、当初このドラマはU-NEXT独占配信だった。
「パクソジュン、観たいだろ?」みたいな謳い文句の広告にコロッとやられた私はしっかり入会して課金したのに、それから4ヶ月たった今やAma

もっとみる

部屋の模様替え~その2~

部屋の模様替え~その2~です。
その2というか続って感じですが、
ノートパソコン周辺が暗かったのでUSBのLEDライトを購入してみました。
何故prime dayの前に買ってしまったかは謎ですが、、、
調子に乗って2個買ってみました。

1個目:
サンワサプライ LEDライト USB-TOY59
→クリップがあるのが良いのですが、机に挟むところなし。
 ベゼルが薄い人は使えないだろうなと思いつつ、

もっとみる
有難う御座います~♪
3

光のような言葉を紡ぐ人〜 バチェロレッテ所感

なるべく潜在意識的なところから、言葉を発したい。

頭を通さず、胸やお腹の奥からするっと出る言葉を、そのまま。

本物の言葉、偽物の言葉、というものがあるとすれば、「本物の言葉」はそういう身体の内側との一体感を伴い、潜在意識の発露のように出たもののはずだ。

ひょっとしたら、それは魂と直結してると言ってもいい。

そういう言葉は、精妙に取り出され純度の高いエッセンスのようで、触れたものを浄化してし

もっとみる

私のAmazonプライム年会費は3500円。

ここ最近は“お急ぎ便”不要。
Prime Video目的で
会費を払っています。

「なぎスケ!」など
好きなタイミングで
観たい番組はあります。
けれど、月500円プランで
いちいち解約してます。

好きな番組はすぐ消費し、
すぐ次週の配信待ちになる。
その間、意外と別の事に
没頭してしまう。

しばらくして
「なぎスケ!」が観たい!
となったら解約されてるので
都度、再契約すればいいのです。

もっとみる

松本人志はなぜ”天才”なのか。”月額制”を使ったサービスはデジタル国家の幕開け

映像業界の多くは広告収入で成り立っている。そのため、スポンサーと呼ばれる会社の意向に添うカタチで番組を制作しているが、ここに大きな問題がある。

それはスポンサーは企業のイメージを損わせないためにコンプライアンスに敏感なことである。

そのため、視聴者からの苦情(たとえ少数であっても)に対して、とても敏感であり、その結果、表現に対して過剰な規制を番組に求めている。

例えば、これは近年世界中で(特

もっとみる
「スキ」ありがとうございます。好きです。
8

遅れ馳せながら流れに乗ろうと鬼滅をプライムで23話まで一気観w
思ってたのと違って所々がギャグ漫画でなるほどおじさんおばさんにもウケるツボ抑えてるなと納得w
で、疲れたんで黒ラベル飲んで寝るとこ(^^)
#jundo日記 #amazonprime #鬼滅の刃

ありがとうございます(^^)
3