#川添友太郎 の...、#ちゃっかりラジパソ ‼︎ #15 【 絶対 小腹が空くラジオ の巻 】 2020 10.28 16:00 〜 16:30 くらいまで O.A

#川添友太郎 の...、#ちゃっかりラジパソ ‼︎
#15 【 絶対 小腹が空くラジオ の巻 】

2020 10.28 16:00 〜 16:30 くらいまで O.A

今回もご覧いただきましてありがとうございました‼️ たくさんのリアクションもありがとうございます😊

実質 14:30〜15:00 、15:00〜15:30 の出番を終えて 3回目の本番を迎えた もはや落語家に近いかた

もっとみる

Marcelle & Friends!

Marcelle & Friends is the story of an artist (me) who lives with her favorite creations for a week. The characters are Edward, Apollo, and Caixia. The four don't really get along, but they had plenty

もっとみる

【299】物語を生み出すチカラ

毎日、目覚めて起きて仕事したり家事をしたり学校へ行ったりしてくらす。

夜は食事をして自分のペースで寝床に潜り込み、やがて眠る。

基本的には毎日はこの繰返しになる。

嫌だとか良いとかの範疇ではなく、そうやってくらす中に出会いがあったり感情の起伏があったりして、日々に変化が生まれる。美しく言うならば《彩られる》ようなもの。

そしてひとつひとつの出来事、代り映えのない毎日でさえも物語となる。

もっとみる
マジっすか~
18

「ファッション業界に必要なのは技術革新」島精機社長が流通の枠を超えたデータ連携訴え

ユニクロの「3Dニット」を作るホールガーメント横編機で知られる島精機製作所の島三博社長と、小売業の在庫問題を解決するSaaS『FULL KAITEN』を開発するフルカイテンの瀬川直寛代表が、日本のファッション産業が直面する課題と今後のあるべき姿について対談した。約1時間30分にわたる意見交換で、「消費者目線でデータを活用することで、サプライチェーン全体の無駄を無くす。それにより多くの粗利を上げるこ

もっとみる
どうもありがとうございます !

『夕刊ミノコネット第3号』【夕刊ミノ】みの校

こんばんは。箕輪編集室のしょうごです。10月21日の夕刊ミノをお届けします。

みの校生向けインターン創出プロジェクト“Mino-Connect(以下、MC)”についての情報発信をしていく「夕刊ミノコネット」。

今回は、MC発インターン第1弾のとべちゃん、第2弾のぴのさんのインターンに向けての意気込みと、17日に行われたMC説明会についてお伝えします。

MCについてよく分からない人は、以下の夕

もっとみる

【292】人生の主役は誰だ

人の数だけ物語がある。

もちろん世界中に住む人の数だけあるし、遠い昔から延々と繰り返すように物語が続いてきている。華々しいだけがそれじゃない。浮き沈みがあり、うごめく感情がある人の人生は奥深いものだ。

派手さもなく、ただ淡々と生きる人もいるだろうけど、それは他の人にはない物語だ。誇れる人ばかりではないだろう。それも当然。

自分に自信があろうが、なかろうが人生は動く。時間は過ぎる。物語は続く。

もっとみる
スキすぎます🎵
26

◇不確かな約束◇ 第8章 下

また、馬場ホルにいた。

あれから毎月、旭川に通うようになった。『けもの道場』の後は皆で会場から少し歩いて馬場ホルモン、通称馬場ホルに行くのが決まりだ。
火鉢に墨が入れられて、皿に盛られているどこの部位だか一見解りにくい一まとめの肉を焼く(まあ職業柄、どの部位だが解ってしまうのだが)。他のメニューは瓶ビールがあるくらいで、ごはんさえコンビニで買って来て持ち込まないと食べられない。あらかじめ肉に付け

もっとみる
1+1+1+1+1+1+1+...= -1/2
8

海底世界との結節点(Deep Ocean Express)

(雑誌「鉄道カレイドスコープ」今月号より抜粋)
「有翼船の発達により
長らく寂れていた港の桟橋に
海底都市へ向かう
高速列車「Deep Ocean Express」の
ターミナルが完成した。
これにより、C.T.W.(以下、Colour-Trash World)と
海底世界の諸都市との間が
1本のレールで結ばれて、
寂れていた桟橋は
再び賑わいを取り戻した。

海中での走行をスムーズにするために

もっとみる
ขอบคุณครับ!
12

◇不確かな約束◇ 第8章 中

そんな学会での一幕があったが、札幌に戻ると学会の祭り気分も吹き飛び、また忙しい日常に戻った。最近は北海道といえども初夏から暑い日が続く。ちょうど外科の実習中で、窓もなく温度も動物に合わせて管理されている手術室にいては、季節を感じなかった。だが外来のある日は、暑さが原因で体調を崩し動物医療センターに連れてこられる犬がちらほら現れ始めたので、ああ外は暑いのだな、とは知ることができた。ちなみに暑さのせい

もっとみる
ネタで落として気分アゲアゲー!
10