30分で書きました

どうしてこんなにポンコツなんだろう?

自分のできなさにびっくりする。請求書をつくって送らなきゃ、と思ってもすごく遅くなっちゃう。なぜだ。

こんにちは、こんばんは。くりたまきです。

どうしてよ〜しっかりして自分と思っても、できない! そんなこと、あなたはありませんか?

わたしは苦手なことがいっぱいある。

まず早起き。朝の空気はすごく好きなのに。

それから書類処理。とっちらかっちゃう。請求書を出すのとかも、フォーマットができてい

もっとみる
ありがとうございます。すてきな1日を!また明日noteで会いましょう。
7

はさみ温泉でほかほかの休日を。

寒くなってきたら、より恋しくなる温泉。家から車で10分ほどのはさみ温泉へ行ってきました。昼間から露天風呂、最高っ!

こんにちは、こんばんは。くりたまきです。

紅葉する山を眺めながら、露天風呂に肩まで浸かる。しあわせ。家から近いのがうれしい。東京のスーパー銭湯みたいにワーキングスペースとかはないけど、近いからいいのです。

それに、車で10分と電車で10分は違う。徒歩10分とも違う。車は運転にさ

もっとみる
ありがとうございます。すてきな1日を!また明日noteで会いましょう。
14

くりたまき波佐見町観光ツアーやりたい。

やりたい。妄想が止まらない。波佐見焼を、波佐見町を、じっくり楽しんでもらうツアーを開催したい。

こんにちは、こんばんは。くりたまきです。

わたしが観光ツアーを組むとしたら。

まず、みんなをちゃんと長崎空港まで迎えに行きます。波佐見町は車がないとアクセスが微妙なので。でも空港からもそんなに遠くない(1時間弱くらいかな?)し、駅がないだけで距離的にはほどよいんですよ。

それからまずはランチかな

もっとみる
ありがとうございます。すてきな1日を!また明日noteで会いましょう。
27

予想できないことばかり日々起きるのはnoteのせいかもしれない。

どうしたんだろう? 急に声をかけてもらうことが増えて、びっくりしているんです。予想してなかったことが起きているの、いろいろ。

こんにちは、こんばんは。くりたまきです。

このあいだ、こんなnoteを書きました。

日々500日以上noteを書いていると、お誘いいただくことがあると。そんなことを書いた矢先、またお誘いをいただきました。

わたしが1年以上前に書いたnoteを読んで、お会いしたいとご

もっとみる
ありがとうございます。すてきな1日を!また明日noteで会いましょう。
36

それは30年前からやってきた、うつわ。

紅葉深まる、11月。わたしが出会ったのは、30年のときを経て、久しぶりに棚に並べられた、鹿の絵付けのうつわだった。

こんにちは、こんばんは。くりたまきです。

山々に囲まれた長崎県波佐見町では『あちこち陶器まつり』ということで分散型のイベントが行われていた。

わたしは取材とSNS発信のため、つまり仕事のために、町中をあちこち車でまわっていた。

波佐見町の窯元・藍水さんでもイベントをされていた

もっとみる
ありがとうございます。すてきな1日を!また明日noteで会いましょう。
34

noteを書いていたら、お誘いがくる。

他人の日常を描いた文章はおもしろいだろうか? ただの業務日報だったら読みたくないし、あまりにデフォルメされすぎて虚栄心に満ちていてもお腹いっぱいになる。

こんにちは、こんばんは。くりたまきです。

虚栄心があってもいい。むしろ好き。ただそれを下手に隠そうとすると、メッキが剥がれて一気にダサくなる。日常を文章に落とし込むときには、さじ加減、選び方、伝え方などが必要。どれもそう簡単ではない、と思う。

もっとみる
ありがとうございます。すてきな1日を!また明日noteで会いましょう。
47

なんとかごはんを炊いたし、つくね芋もすった。

朝起きて理解。はは〜ん、これはもう動けないやつですね? まったくお布団から出られないDAYですね?理解、理解。

こんにちは、こんばんは。くりたまきです。

あなたもありますよね、そんな日。わたしはポンコツなのでそこそこの頻度でその日はやってきます。ひどいダメっぷりなので報告しておきます。大丈夫、人類みなヤバイです。

とにかくよく寝ました。それからなんとか、洗濯をして、もうひと眠り。洗濯をすると

もっとみる
ありがとうございます。すてきな1日を!また明日noteで会いましょう。
18

登り窯の火を見つめて

かまくらのようなものが傾斜に連なった、登り窯。江戸時代、焼きもののを焼く窯として使われていた。そこに火入れをするというので、見に行ってきた。

こんにちは、こんばんは。くりたまきです。

すごかった。ストレートにそう思った。

窯の入り口から、コンスタントに薪を投入し続ける。炎の熱さ、まるでべっこう飴のように光る薪のかけら。

******

と、ここまで昨日書いて寝落ちしてました。1日取材して疲

もっとみる
ありがとうございます。すてきな1日を!また明日noteで会いましょう。
14

不満を反射的に顔に出さないって、すごく大事だ。

あるとき、知り合いのお姉さまに言われたことがある。「あなたは不満がパッと顔に出やすいの。それはね、損よ」と。いまも大切にしている言葉だ。

こんにちは、こんばんは。くりたまきです。

これまでの人生、たくさん失敗したし、作為的かはさておき人を傷つけたこともある。きっと誰の人生でも多かれ少なかれそうだと思う。

わたしもまだまだ未熟だけど、それでも受け入れてすこしずつ前に進んできた。経験から学んだこ

もっとみる
ありがとうございます。すてきな1日を!また明日noteで会いましょう。
15

うわさの速度はどのくらい?

波佐見町は、ちいさな町だ。そして駅もなく山に囲まれ、血縁関係が濃い。そのためか、うわさが広まるのが早いらしい。

こんにちは、こんばんは。くりたまきです。

わたしはよそ者だし、うわさの輪に入っていないから知らないけれど、きっとうわさされてるんだろうなあ。いい感じのうわさだといいな。

うわさ好きというよりは、知り合いが多いだけなんだと思う。ぽろっと家族にご近所のこと話したりするでしょう?あの範囲

もっとみる
ありがとうございます。すてきな1日を!また明日noteで会いましょう。
12