『Trip Memo Part.9』

『Trip Memo Part.9』

こんにちは(≧▽≦) 10月から、いよいよ緊急事態事態宣言が緩和の方向になるかもしれない!!!?ヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪ ずっといけなかったお世話になっているお店にも、挨拶に行けそうで楽しみです🎵 海外旅行の計画も着実に立てておきましょう✨✨ ◆「世界一美しい駅」と言われている!!ベルギーのアントワープ中央駅!あまり行くイメージが無かったのですが、行ってみたい場所の1つは、「ベルギー」です🌟 (ベルギーといえば、ワッフル✨✨そして、チョコレート(^u^)) そ

スキ
2
『非日常の中の日常』
+1

『非日常の中の日常』

慌ただしい駅 妙に見慣れない風景に戸惑い 久しく行ってなかった 己の非日常的な生活の中で 風立ちぬ今は秋とばかり 海っぺりの公園を散歩 公園にも非日常を感じる フリーランスの若者たち スマホを片手に 我が子を放置する父親 サッカーも野球もランニングも キャンプも釣りも大いに楽しむ どれが本当の日常なのだろう 一瞬一瞬を逃す シャッターチャンスを逃すかのよう 子供の成長や楽しみを逃すかも 客観的な日もあり主観的な日も 今日は、人生のシャッターチ

スキ
57
車窓から

車窓から

「博多まで一時間ちょっとだとよ。寝てるひまもねえよ。」 500ミリの缶ビールを二本握ったおっさんが、完全な独り言をデカイ声で言う。 ホームをふたつも跨いで、遠い改札口に立つ彼女は、窓越しに僕の人差し指の先にすっぽり収まる。 収まって見えなくなるほど、距離は遠い。 彼女から、僕の座席が見えるはずはない。 僕は博多に向かう特急列車の中にいる。 そして彼女は、入場券で入った改札のすぐ前に立っている。 大学への進学だから、保育園から幼馴染みの彼女とは、離れ離れになる。

スキ
30
風景

風景

スキ
10
東京メトロ丸ノ内の大手町駅がムーディーだ!
+5

東京メトロ丸ノ内の大手町駅がムーディーだ!

【37日目】アメリカでの失敗談を英語で書いてください。

【37日目】アメリカでの失敗談を英語で書いてください。

どもども~ 今日はアメリカで体験した失敗談について語っていきますが、先日ここ日本でも失敗談が出来てしまいました。 私は塾に毎日自転車で通っていて、その日もいつも通り駅の駐輪所で自転車を停めていました。 4時から10時くらいまで塾があり、家に帰ろうと駐輪所でお金を払おうとすると、財布に150円しかないことに気が付きます。しかし、駐輪所の料金は200円で、50円足りませんでした。ということで、親を呼ぼうとスマホの電源を入れますが、まさかのWi-Fiが繋がりませんでした。考え

スキ
1
【171日目/1,095日間】県域を越えない鹿児島県内の旅_vol.01
+13

【171日目/1,095日間】県域を越えない鹿児島県内の旅_vol.01

  離島生活をはじめて171日目。   令和3年9月19日時点、鹿児島県内では、県域を超える移動や不要不急の移動の自粛を求められているところです。 (出典:鹿児島県HP(R3.9.19時点))  4月から離島生活をはじめて島から外へ出ることなく、私なりに仕事へ邁進してきました。  おかげでnoteの更新もままならず。(という言い訳にも聞こえますが。)  10月以降も、仕事に邁進するために県域は越えずにこの機会に新しい生活様式を踏まえつつ、『県域を越えないー鹿児島県内の

スキ
3
彼岸花の思い出

彼岸花の思い出

よく散歩する河川敷の土手が、きれいに除草されていました。 夏の間に伸びた草を、一気にザーッと刈った模様です。 さっぱりと刈られた土手に赤いものがあり、なんだろうと近づいてみると、彼岸花でした。 ここだけ刈られていないということは、彼岸花に配慮したのでしょうか。 なかなか粋なことを、と思わずにんまりし、そういえば去年もそう思ったことを、思い出しました。 ※ 彼岸花は、好き嫌いが分かれる花のようです。 わたしは打ち上げ花火のような華やかさと儚さ、それにゾクッとするような妖しさ

スキ
16
「信じがたき存在 その2」・・・遭遇。手に取っても信じられないもの。
+6

「信じがたき存在 その2」・・・遭遇。手に取っても信じられないもの。

『信じがたき存在 その2』 「イケメンだけど貧乏な男と不細工な金持ち、両方に求婚されたら、どっちを選ぶ?」。 といった究極の選択を迫られた経験のある方も少なくないだろう。 大体は、見た目と中身のギャップがある事が多い。 私は最近、そんな見た目と中身のギャップがあるものに出会った。 それは数週間前のこと。 ある駅の地下ホームに降り立ち、改札階に上るべくエスカレーターに乗った私は、斜め上に体が昇っていく途中、私はホームのある一点から目が離せなくなった。 「なんだ。あれは

スキ
56
ラムネ温泉!炭酸泉と建築!豊後竹田駅から向かう【日本列島旅のススメ#4】
+16

ラムネ温泉!炭酸泉と建築!豊後竹田駅から向かう【日本列島旅のススメ#4】

■藤森照信さんの建築でラムネみたいな炭酸の温泉を楽しむ! ラムネ温泉って、ラムネに入るの?と思ったそこのあなた、あながち間違っていません。 ラムネ温泉は炭酸ガスが含まれた温泉です。 お湯に入ると身体に気泡がくっついてきてしゅわしゅわします。 これだけでも心躍るのに、施設は建築家・藤森照信氏のとってもユニークな建物です。 超お得な温泉施設だと思います。 豊後竹田駅から向かいました。 ※日本列島旅のススメの概要・凡例は「日本列島旅のススメ〜プロローグ〜」をご参照下さい。 【今

スキ
11