僕は飲食店を経営しながら鰻の養殖をしようとしていた。一旦寝かす。

『る川鰻の現状』
.
去年から養殖場を回ったり
びわ湖うなぎのブランド化を目指して活動していましたが一旦方向性を変化させます。
.
飲食業で生き残る事自体が大変な時期です。このプロジェクトは一旦寝かします。寝かすだけです。
.
既存の店舗と来年リニューアルの事に集中いたします。
.
ですが、活動の甲斐あって る川=鰻のイメージは大分定着して頂いたと思います。
.
その点は作戦成功です。このSTOR

もっとみる
スキありがとうございます!
2

『ちいさな菓子器』

ちいさな菓子器
おいしいものはなんだって、いつだって幸せな時間を与えてくれる
甘い砂糖菓子じゃなくたって、時にはしょっぱいご飯のともだって
中身がなくなってしまってもその時を思い出すような
蓋付の菓子器シリーズです

「ちいさな菓子器」と題して作っている蓋物シリーズ
こちらについても一度まとめてみようとnoteに書き出してみます。

・ちいさな菓子器とは
・きっかけ
・さいしょ
・このあと

と段

もっとみる

#31 5月最終日は「塩」を清める

5月31日、時刻は14時28分。こんにちは、はるです。

昼下がりから薄曇りになって、風がひんやりとしてきた5月最終日。午前中はすずめだけじゃなく、ウグイスやシジュウカラやカッコーの鳴き声が聞こえて、目を閉じれば住宅街なのに高原に来たような気分になれる。

ありがたし、です。

そんなプチお花畑自慢話はさておき、5月の締め括りに日用品をリニューアル。

蓋が欠けていたのを、騙し騙し使っていた塩壺(

もっとみる
ありがとうございます😊
1
スキありがとうございます!
2

九州の陶芸工房で聞いた「いい物を作れば自然に売れるわけじゃない」の話

福岡に住む友人の家に遊びに行った時の話だ。彼女が車であちこち案内してくれた後、私たちは近くにある陶芸の工房に向かう。私は昔から陶芸がとても好きで、中学の時の修学旅行をきっかけに、細々といろんな場所で陶器を買っていた。
 
 その工房は九州の山の中にあった。開かれたほとんど正方形の小さな飾り窓からは、青い山がちょうどまんなかに見えるようになっていた。

 夫婦でやっているという工房には女性が一人だけ

もっとみる
喜びすぎるやつ!!♡(*´▽`*)♡
13

植物を摘む

陶芸家の友達がつくって、わたしのためにくれたか、引き出物としてもらったか、いずれにせよ、だいぶ前にもらった作品に、野草をとってきて入れてみたくなった。

いつも、やつは、

しのっつあん、家で植物を生けるような生活しなくっちゃあだめだよ。

って言うんだけれど、ほぼ万年鬱のわたしには、そんなこころの余裕などあるはずもなく、

こころの中で

無理だよ…

って言っていた。

そして今、こころに余裕

もっとみる
わっくわく!
12

引きこもりVlog#②|こんな時は生活空間を変える!

入手しました!

アンティーク風タオル掛け。

ジモティーで無料で貰ってきました。

キッチンを使わない時はこうやって干せるし

牛乳パックは絵の具のパレット代わりになったり、なにかと使えるので分解?して洗って干すことも出来る✌️笑

使う時はこうやって、畳めるから便利!

単純にすこい。

📷撮る時にIHの周りにマスキングしといた方がいいと気付いて(隙間に汚れが入るから)住んで二年目にして今更

もっとみる
明日もいい日になりますように!
3

OVERCAST 空一面の雲。

こんにちはIf will Natural StoreのMariです。

今日は「ニュアンスカラーがお洒落な陶器ピアス。(OVERCAST)」をご紹介いたします。

【OVERCAST】

朝、玄関を出たら
空を見上げたら一面に雲が広がるっていた。

少し雲は薄いのかな?
雨は降らなそう、お昼には雲の隙間から晴れた空が見れるかな?

そんなことを思いながら今日も仕事へ。

青空が覗きそうで薄い雲が広

もっとみる
スキありがとうございます!
1