長宗我部盛親

戦国時代カレンダー 今日は何の日? 【5月10日~16日】

戦国時代の今日の日付にはどんなことがあったのか? 1週間ごとにお伝えします。ぜひ「ああ、今日はそんなことがあった日なんだな」と思いを馳せてください。毎週日曜日に更新する予定です。
なお、日付はすべて旧暦ですので、現在とは約1ヵ月のズレがあります。

5月10日 島津義久が領国維持を命令

天正16年(1588)5月10日(旧暦)、島津義久(しまづよしひさ)が家臣の新納忠元(にいろただもと)に通知。

もっとみる
スキ、大変嬉しいですm(_ _)m
14

雑記:京都・大阪・奈良の戦国武将の墓所

これまでに紹介した中で漏れていた関西地域の戦国武将の墓所を一挙紹介。

まずは京都府京都市下京区連光寺にある長宗我部盛親の墓。

盛親と親交のあった同寺の僧が、大坂夏の陣の後に造立した五輪塔と言う。

同じく京都市左京区の知恩寺は、「百万遍」の通称で知られる寺院であるが、境内の墓域には著名人の墓も多い。

同寺で処刑された三好之長の墓(下の写真一枚目)や、織田信長の娘で蒲生氏郷の夫人となった冬姫の

もっとみる

九州・四国地方の石造物⑨:天甫山宝篋印塔(長曾我部元親の墓)

名称:天甫寺山宝篋印塔

伝承など:長曾我部元親の墓

所在地:高知県高知市長浜 天甫寺山山腹

高知市天甫寺山の山腹に、土佐の豪族から身を起こして一時四国に覇を唱えた戦国大名・長曾我部元親の墓がある。

形式は宝篋印塔で、戦国時代末期の形式を示し、特に銘文はないが慶長年間に没した長曾我部元親の墓と見なして良いであろう。

なお、同じ高知市長浜の若宮八幡宮の参道には、長曾我部元親の銅像が建っている

もっとみる

真田丸ロスまであと2話。幸村と共に闘った「五人衆」のその後は?

真田丸ロスまであと2話。幸村と共に闘った「五人衆」のその後は?

人気大河ドラマ『真田丸』を語る上で欠かせないのが、大坂の陣で奮闘した「大坂城五人衆」と呼ばれる強者たちです。ドラマでは個性的な顔ぶれの俳優たちが演じている彼らは、どんな歴史的背景をもつ人物たちなのでしょうか。今回の無料メルマガ『クリエイターへ【日刊デジタルクリエイターズ】』では、川合和史さんが真田信繁以外の4人を取り上げ、豊臣家・徳

もっとみる