大坂夏の陣

第四巻 第六章 江戸幕府の安定

〇江戸城・本丸の一室
家康(六十三歳)と秀忠(二十七歳)が会話している。
N「秀忠に将軍職を譲った家康だったが、『大御所』として実権は保持していた」
家康「わしは豊臣家を滅ぼしたいわけではない……秀頼公が、公儀の一大名であることに甘んじてくれるのなら、これ以上戦をしとうはないのじゃ……」
秀忠「しかし、秀頼公はともかく、淀殿がそれを受け入れましょうか?」
家康「問題はそれよ……」
ため息をつく家

もっとみる

近畿地方の石造物⑮:一心寺五輪塔(本多忠朝の墓)

名称:一心寺五輪塔

伝承など:本多忠朝の墓

所在地:大阪府大阪市天王寺区逢坂 一心寺

前衛的な山門が印象的で、劇場なども経営する大阪天王寺の一心寺には、大坂夏の陣で戦死した本多忠朝の墓がある。

忠朝は「徳川四天王」の一人である本多忠勝の次子で大多喜藩主であり、大坂夏の陣の激戦地・天王寺の戦いで戦死したことから一心寺に墓所が営まれた。

墓塔の五輪塔は大型塔で、江戸時代初期の大名墓の特徴をよ

もっとみる

「高台寺」観光ポイントについて/阿加井秀樹

みなさんこんにちは。阿加井秀樹です。

前回高台寺の歴史に触れた話を展開させていただきましたが、今回は高台寺の観光ポイントについて触れていきます。

高台寺は1606年に建立されました。豊臣家が大坂夏の陣で滅亡しても高台寺は徳川家から多額の援助を受けていました。それは同時にねねのかしこさでもあったのかもしれません。

現在では庭園や建造物、新緑も美しく秋では紅葉も色鮮やかに出迎えてくれます。そして

もっとみる

THE・戦国時代。

『国取り物語』1、2、3、4
『新・太閤記』上、下
『関ヶ原』上、中、下
『城塞』上、中、下

司馬遼太郎・著

ーーーーー

全12冊、
THE・戦国時代。

何度も何度も、
繰り返し読んでいる
愛読書です。

今も、再び、、、

#斉藤道三 #織田信長 #明智光秀
#豊臣秀吉 #竹中半兵衛 #黒田官兵衛
#石田三成 #大谷吉継 #徳川家康
#関ヶ原 #西軍 #東軍
#大坂城 #大坂

もっとみる

影武者は本当にいたのか

黒澤明監督に『影武者』という映画がある。
戦乱の世に、本人そっくりの人物を仕立てて
敵や味方をあざむいた影武者は、実在したのだろうか。

武田信玄の影武者は弟だった

戦国時代、影武者を使ったことで有名な武将の一人が武田信玄です。

黒澤明監督の映画『影武者』(主演:仲代達矢)では、武田信玄の急死後、風貌が似ていることから盗賊あがりの男が抜擢され、信玄は健在であると、敵はもちろん武田家中をもあざむ

もっとみる
スキ、かたじけなくぞんじますm(_ _)m
9

「国技館ロイヤルランブル」(4) 『悲恋の大関』

|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|13|

(前回の取組)

格闘技ファンにとって相撲道は一対一に特化していると認識されている。実際に十両・前頭クラスまではそうだ。しかし、三役と呼ばれるエリート階層にとっては異なる。相撲とは多対一、一対多、多対多の戦場格闘技である。三役同士の取り組みはもはや格闘技ではなく論理戦闘の舞台となるのだ。

(前方から田中、後方から

もっとみる
お倒産スイッチ「た」「タ、タンマ!銃をしまえ」
17