野外保育

てんとうむしのバッチ

お母さんが、羊毛フェルトで作ってくれる てんとうむしバッチ。

誕生日がくる度に、てんが一つずつ増えていく

入園した時は2つの点だったバッチが

あっという間に、6つの点になったね!

おめでとう。

森のようちえんに通うと決めたら、必要になる不思議な持ち物

森のようちえんは、普通の幼稚園と違って持ち物ってどうなるの?どんなものを揃えればいいの?について、森のようちえんに興味を持ってくださった方聞かれることが多いです。

一日中、屋外で過ごすので、アウトドア仕様になるけれど、アウトドア経験がなかったら、自分で考えるのは結構難しいです。両親ともインドア派で、子どもは外遊びが大好きだから森のようちえんに入れよう、という動機の方は一番の心配な点だと思います。

もっとみる
人生はコメディ!(^^)!
1

東京都にある森のようちえん一覧

森のようちえん・野外保育とは、ほぼ毎日屋外で活動する幼稚園です。  デンマークで自主保育という形で始まったもので、日本では自然の多い地方で多く活動しています。                       しかし東京にも、森のようちえん・野外保育のようちえんは存在し、貴重な自然が残る都立公園や河川敷で元気に活動しています。

一日中、屋外で過ごすため、ほとんどの園に園舎がありません。現地集合、現地解

もっとみる
人生はコメディ!(^^)!
2

10月10日(土)〜11日(日)は「恐竜キャンプ」

ガイアの自由なキャンプで思う存分化石を掘り出そう!

君が最初に化石を見つけた人になっちゃうかも!?

お申込はガイア自然学校ホームページからどうぞ😀

ありがとうございます!また見に来て下さると嬉しいです♪
9

野外保育のはなし

長女が4歳になった。

昨夏に私の妊娠がわかり、出産予定日の前の月から娘は「入園」というとても大きな一歩を踏み出した。

娘が入園したのは野外保育をおこなっている認定こども園。娘が生まれる前から知っていた園で、当時は認可外保育施設だったけど今では認定こども園となり、幼保無償化の対象施設にもなっている。(じゃなかったら入園しなかったと思う)

学生時代から「森のようちえん」という言葉は知っていたけど

もっとみる
スキです
6

命を学ぶとは

こんにちは! 金沢市で活動をしているNPO法人ガイア自然学校です。

今回はガイア自然学校の代表、成田裕(なりたゆたか)によるコラムです。

生き物を殺すことって悪いこと…?

----------

春になってあたたかくなってくると、子どもたちにとって最良の「ともだち」が現れます。

それは「カナヘビ」。

たくさん出てくることと、子どもたちでも捕まえられる程度のすばやさなので、乱獲されます。

もっとみる
ありがとうございます!また見に来て下さると嬉しいです♪
20

塩がない、ならばつくろう!

こんにちは! 金沢市で活動をしているNPO法人ガイア自然学校です。

今回は、ガイア自然学校の代表、成田裕(なりたゆたか)によるコラムです。

----------

「この穴の中にいる貝をつかまえたい!」

そう言い出したAくん、砂浜に空いてる穴に塩をふりかけると貝が出てくるんだと調べていたので「やってみたい!」ということになりました。

「でも、塩なんかもってきてない。どうしよう?」リーダーと

もっとみる
ありがとうございます!また見に来て下さると嬉しいです♪
12

チャンバラの大切さ

こんにちは! 金沢市で活動をしているNPO法人ガイア自然学校です。

今回は、ガイア自然学校の代表、成田裕(なりたゆたか)によるコラムです。

----------

「木の棒であそばせるの、あぶなくないですか?」

自然教室ガイアキッズは、月に1回、金沢近郊のさまざまな自然の中でたっぷりあそぶガイア自然学校のメインプログラムです。

この日は、はじめてガイアに来る子どもたちに体験会と保護者の方へ

もっとみる
ありがとうございます!また見に来て下さると嬉しいです♪
10

子どもに見せる背中

今、森のようちえんという形態の保育活動に関わらせてもらっている。

海の見える森のようちえん かぜのこ

私自身「森のようちえん」という存在や野外保育、自然保育といったものを知ったのはほんの2年ほど前。

「森のようちえん」という呼び方は野外保育の全国的な総称だそうで、団体ごとに活動内容や環境は異なるようですが

このかぜのこの場合はカリキュラムを持たず、子どもたちの主体性・内発性動機を尊重し、大

もっとみる
とても嬉しいです!ありがとうございます!
13

新しいかくれんぼは、見つけたらそっと後ろに並ぶんだよ

朝の会で、おいしいサツマイモを食べるために、自分たちの畑の草むしりをしなくちゃだけど、遊んでからにする?それともすぐやる?と子どもたちに聞いたら、遊んでから!
との答え。
それでは!ということで、いつもとはちょっと違ったかくれんぼをしました。
オニの人が最初に隠れて、見つけた人はオニの後ろに黙って並び、最後に並んだ人が次のオニになるというルール。
中々高度。
でも、子どもたち、ルールを理解して楽し

もっとみる
よろしければシェアもお願いします♡