越前市

地域飲食店応援プロジェクト「越前みらい飯」

こんにちは。国府印刷社です。
記念すべき第一回目の投稿です。

弊社の所在地であります越前市では、武生商工会議所、越前市商工会、武生商工会議所青年部が、このたびの新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けて、厳しい経営を余儀なくされている越前市の飲食店の事業継続を応援するためのクラウドファンディングによる地域飲食店応援プロジェクト「越前みらい飯」~越前市内の飲食店を応援しよっさ!常連客戻ってきておっ

もっとみる
今日いいことあるかもしれません!

伝統工芸クイズ1~10問

福井の伝統工芸を学んで楽しもう!
2020年3月からメンバー日替わりで『福井の伝統工芸クイズ』を出題しています。このページは1~10問目までの問題と答えとなります!メンバーと一緒に学びながらお楽しみくださいませ!

1問目 WAKANA (総合)

2問目 KANAE (越前和紙)

3問目 MAI (若狭塗)

4問目 WAKANA (総合)

5問目 KANAE (越前打刃物)

6問目 MA

もっとみる
スキをつけていただきありがとうございます!応援のお気持ち大事にします!
6

20/01/17(金)11:40「700年の伝統!刃物職人さんの街・福井県越前市」昼めし旅~あなたのご飯見せてください!~

【旅・街歩きエリア】 福井県越前市

今回の見どころ

78歳スゴ腕おじぃの朝釣り(秘)ハマチ鍋

予約待ち9000人!?世界のシェフから引っ張りダコの高級包丁

長さ150CMの巨大包丁

出演者

金子貴俊

「昼めし旅~あなたのご飯見せてください!~」番組紹介

毎日食べる「ご飯」、おいしいお店を紹介するグルメ番組は沢山あるけど、実際は一体どんな人がどんなものを食べているのでしょうか?毎日愛

もっとみる
よろしければシェアもお願いします!
1

文化とは人の意志の積み重ね

永田宙郷さん

越前市の上城戸さん

福井の寿司はうまい

立派すぎる越前蟹

越前和紙、長田製紙所

色違いの根、固い根を手で取り除いている

これも和紙

アメリカの家庭によく売れるらしい

上からも美しい

とある秘密の仕事

3m超の和紙。いつか会社に和紙の部屋を作りたい

水がきれい

細かい波が生まれている

雰囲気がある

和紙の切れ端

20年ぶりの水切り見学

杉原商店ののれん

もっとみる
ありがとうございます!励みになります!
15

腹囲が気になる福井の旅 紙の神様 大瀧神社・岡太神社の拝殿の造形美 19.11.28 07:45

腹囲が気になる福井の旅、五日目目。
念願の紙祖神、大瀧神社・岡太神社へ。

福井県福井市大滝は和紙の里だ。
和紙の里となるには伝説があり・・・いや、和紙の里だから伝説がでけいたのか?それはどちらでもいいことだが、約1500年前、越前五箇と呼ばれた岡本地区を流れる川の上流に女神が現れ、村人に紙漉きの技を教えたと伝えられる。
そこで、人々は、この女神を川上御前と崇め、岡太神社の祭神とした。
一方大瀧神

もっとみる

腹囲が気になる福井の旅 駅前蕎麦屋、たかせやのラーメンはほのぼの暖か 19.11.27 16:00

観光を終え、昨日と同じ武生駅前のビジネスホテルに荷物を預け、街にフラフラと繰り出す。
駅の観光パンフレットが並んでいるエリアに大滝神社・岡太神社のパンフレットがあり、本殿の精巧な作りの写真を見て愕然とする。
さっき行った岡太神社は、紙の神を祀る神社じゃないじゃないか。
そう、さっき訪れた岡太神社こそ神の神様の神社だと信じていたぶん、いや、実は少し怪しいなぁとも思っていて、だからこそこうして確認した

もっとみる

腹囲が気になる福井の旅 間違えついでの岡太神社参拝 19.11.27 14:37

越前は和紙の産地だ。
越前市の五箇と言われる地域が生産地で、福井藩や丸岡藩の藩札に利用されていたが、明治維新後、全国統一の太政官札に利用された。
紙漉きの伝説が伝承され、神を祀る神社があるというので訪れたが、もろもろの事情で間違えていた。

というのも、神を祀る神社は大瀧神社・岡太神社という。この点で区切られた2つの神社が曲者で、これ二つで一つのバロームワンなのだが、カーナビへの打ち込みで岡太神社

もっとみる

腹囲が気になる福井の旅 福井のまほろば広大な苔寺、白山平泉寺 19.11.27 10:18

腹囲が気になる福井の旅、四日目。
いきなりだけれども今日のメインの白山平泉寺。

HP的に白山平泉寺となのっているからそうしているけれどもまたの名を平泉寺白山神社(Wikipediaはこっち)で明治時代までは霊応山平泉寺という天台宗の寺院だった。明治の悪法とはいえ神社に改宗したり、名前がというか、紆余曲折風見鶏的なところがこの神社のなのか寺院の特徴だ。

養老元年(717年)に霊峰白山への登り口と

もっとみる