立憲主義の成熟のために憲法議論は必要だ

皆さんゴールデンウイークはStayHomeしてましたか?お久しぶりです。松竹梅です。今日は憲法にまつわる話。日本は民主主義国家であり、立憲主義に基づいて法律が定められている。立憲民主党という政党は今野党第一党である。私のnoteやtwitter上で批判の対象になることが多いが、彼らは立憲主義を党の理念に掲げている。この立憲主義とはどういうものなのか?少し長いが説明している。法の支配にも関連している

もっとみる
どうも!読んでくれて感謝!
4

05 03 本日は護憲論と改憲論の二者択一になるのだが、実は廃憲論もある。憲法成立の無効を訴える手続き論や成文憲法を慣習法で代替する不要論なのだが、私は護憲派と改憲派が【憲法を廃止した社会の秩序維持】を議論する廃憲論を提起したい。すなわち憲法の理解度を裏づける試金石となる。

かたじけない コメントにて貴殿の知見を賜りたい

〝憲法という「温泉」〟ー論理秩序の再構築

〝憲法という「温泉」〟ー論理秩序の再構築

【護憲派(リベラル)の湯】

「アメリカの戦争に巻き込まれたくないという、成分を含んだ50度の熱湯」と、「でも、アメリカに守ってほしいという、成分を含んだ同量の10度の冷水」を混ぜ合わせた摂氏30度のお湯。

【改憲派(保守)の湯】
「アメリカに守ってほしいという、成分を含んだ50度の熱湯 」と、「でも、アメリカの戦争に巻き込まれたくないという、成分を含

もっとみる
スキありがとうございます!
2

日本国憲法ー「概念」の二重錯誤

「概念」の二重錯誤

そもそも、現在の日本が抱えるパラドクスの原理は「憲法」自体に「矛盾」があるのではなく、「改憲」と「護憲」を「矛盾」だとする、私たちの頭の中の「論理の秩序」が間違っている。
日本の「憲法典」は「憲法」Constitution本来とは違った方法で使用する「転用=ずらし」と呼ばれる国民の主体性を回復しようとする試みであった。

日本では「憲法」とは、すなわち「憲法典」であると勘違い

もっとみる
スキありがとうございます!
6

日本国憲法の不思議

日本といえば桜というくらい日本民族の春のイベントであった花見は戦後経験のしたことのない国難によって幻の年となってしまいました。

そして間もなくゴールデンウィークの休日の過ごし方が話題となる時期ですが、これも無いものになりそうです。

そのゴールデンウィークの中心にある憲法記念日にはおいては毎年改憲派と護憲派の集会が行われていますが、今年はどうなることでしょう。

そこで話は日本国憲法なのですが、

もっとみる
スキありがとうございます!
10

改憲と護憲とお人好しと悪事と。

自分が思っていること・望んでいることがかえって逆の結果に結びつく、というのはままあることです。

私はすこし天邪鬼ですので、他人の主張を目にしたときに裏返して考えてしまう癖がついているのですが、改憲論議を見るときにいつも思ってしまうことがあります。

改憲派は憲法改正のハードルを下げることを主張しています。いわゆる憲法96条の改正手続きの問題です。

https://elaws.e-gov.go.

もっとみる
ありがとうございます!
3

護憲派との遭遇と「憲法改正『北風と太陽』戦略」

憲法と護憲派である自分に一片の疑いもなし

少し前のことになるが、いわゆる護憲派の集会に紛れ込んだことがある。主たるテーマは「安倍独裁政権によって憲法が脅かされる!」というものだったが、行ってみて分かったのは、護憲派にとっていかに「憲法体制」が心地よいものであるか、ということだった。

体制に抱かれているというのは、こうも気持ちがいいものか。憲法を守る側にいる限り、絶対的な正義でいられるとでもいう

もっとみる
ありがとうございます!! 他の記事もぜひ読んでいってください。
11

戦後74年。戦争必要論者の屁理屈国会議員に思うこと

2019年8月14日(水)のTBS「News23」(23:00~)にて「ガラスのうさぎ」著者高木敏子さん(87)による戦争体験者としての最後の講演の様子が放送されていました。

(一部要約)

戦争で、父、母、妹2人を亡くした高木さんにとって、最近信じられない国会議員の発言がありました。

「丸山っていう代議士が北方領土に行って4島を取り返すって それには戦争しかないって もう ぶん殴りたいくら

もっとみる
本物を見る目がある!!ありがとうございます!!
7

各政党の集票組織・資金源

各政党の主な集票組織、資金源についてのまとめです。

 政治について詳しい方々には、もはや常識なので、今更なのですが、知らない有権者の方々も多くいらっしゃるので、敢えて記事を作成しました。

■ 自由民主党(自民党)

【集票組織】
日本医師会
土木・建設会社
農業協同組合(農協)
全国郵便局長会(全特)
日本経済団体連合会(経団連)
経済同友会
日本商工会議所
日本青年会議所(JC)
ライオンズ

もっとみる
ありがとうございます。励みになります。
63

ワイマール憲法(1919年 ドイツ国憲法) 条文

ドイツ国憲法 ( 大正8年 ( 西暦1919年 ) 8月12日公布 )

第1篇  ドイツ国の構成および権限
第1章  ドイツ国および各邦 (第1 ~ 19条)
第2章  国議会(ライヒスターグ) (第20 ~ 40条)
第3章  国大統領および国政府 (第41 ~ 59条)
第4章  国参議院(ライヒスラート) (第60 ~ 67条)
第5章  国の立法 (第68 ~ 77条)

もっとみる
ありがとうございます。少しでも何かのお役に立てたのなら嬉しいです。
1