子供を豊かにする絵本紹介!
+10

子供を豊かにする絵本紹介!

暖かい日差しが心地よい秋もあっという間に終わりそうですね! 理学療法士の宗像です! 冬になる前に、秋と言えば! 食欲の秋・芸術の秋・そして~~読書の秋! ということで、今回は理学療法士がおすすめする絵本紹介~♪ 一冊目!絵本の中では、知っている人も多いですかね! 【だるまさんシリーズ】 だ・る・ま・さ・ん・が・・・!?!? 声を出して笑ったり、真似をしたりと ハマる子供続出!!な、絵本だと思います。 理学療法士の勝手にオススメポイント! だ・る・ま・さ・ん・が・・

スキ
2
見えない湖 4

見えない湖 4

 朝ご飯を済ませ、外に出る。田んぼには水が張られ、苗が顔を出している。もう六月で、徐々に気温が上がってきている。田んぼから、この季節特有の鼻を突く匂いがしてきた。空には大きな積乱雲が城を築いているようにそびえている。道を進んでいるうちに、川の土手にたどり着く。川はダイアモンドを大量生産しているように、輝きを放っていた。その輝きで周りの緑が一層、淡い色に変化している  川では先客の子どもたちが網で何かをとろうとしている。僕は川の輝きによって渇きかけの目を開け、子どもたちを眺めて

スキ
2
もしも、作文の書き方がわからなかったら

もしも、作文の書き方がわからなかったら

作文って難しい。 私は書きたくもないのに書かされる義務感がすごく嫌いです。 ここは作文嫌いな私が作文について考察してみた記録です。 作文について思うこと そもそも、作文を書こうと思ったら困るのは文章をどのように書いたらいいかわからない。 時間を使いたくないから、インターネットで「作文 書き方」と検索してみたりします。 夏休みや長期休暇、突発的な課題が現れるたびに一連の流れを繰り返します。 そんな自分に嫌気が差すことになります。 私が少し思っていることは「書き方

スキ
2
「六人の侍」じゃなかった!「六人の嘘つきな大学生」について書きました
+3

「六人の侍」じゃなかった!「六人の嘘つきな大学生」について書きました

まぁ就活してる学生の話だから、心に研いだ刃を持っているという意味では侍でもいいと思うけど。そんなこんなで、noteお題企画「読書の秋2021」に向けて、この私が珍しくラノベ以外の本買って読んじゃいました! 課題本はKADOKAWAからセレクト。いつもKADOKAWAさんには足向けて寝られないくらいお世話になってるからね。ところざわサクラタウのマンガ・ラノベ図書館に入り浸ってるくらいのものだけれども。まぁそんな感謝の気持ちを込めて、今回はところざわサクラタウン内にあるダ・ヴィ

スキ
30
見えない湖 3

見えない湖 3

 昼になると、気温が上がってきた。小鳥の囀りも気づけばなくなり、体が起きて何かをしなければならないと言っている。しかし、何もすることなくただ部屋でぼっーとしていた。  この場所には、他の世界を知る術がなかった。パソコン、携帯電話、スマートフォン、テレビ、ラジオ、新聞など一切のメディアが無かった。あってもいいのだろうが、ダンさんが持ちたくないだけなのかもしれない。それに関しては聞いたことがないが、ここでの生活はメディアが無くても困ることはなかった。 「僕がここにきてどれくらい経

スキ
4
沈まない街の、その片隅で。

沈まない街の、その片隅で。

先日、図書館で借りた原田マハさんの本を初めて読んだ。 「たゆたえども沈まず」本の表紙になっているゴッホの「星月夜」を、僕は6年前の春、NYのメトロポリタン美術館で見たことがある。展示室の真ん中に堂々と、でも静かに飾られていたその絵の周りからは、人が絶えることはなかった。旅の同行者である友人2人は、絵画への関心がそこまで高い方ではないのだけれど、他の絵よりもじっくりと時間をかけて眺めていた。この本を読んで、あの大きな黒い木の正体が糸杉という名前だと知る。渦を巻くような空と、凛

スキ
2
コロコロ変わる名探偵|みんなの作品ピックアップ #2|ショートショートnote杯

コロコロ変わる名探偵|みんなの作品ピックアップ #2|ショートショートnote杯

こんばんは、戸画美角です。 #ショートショートnote杯 の『コロコロ変わる名探偵』の残りの作品から、私がとくに気に入った作品をピックアップしたいと思います。 趣旨については、最初の記事などを読んでいただければと思いますが、一言でいうなら”面白い作品を埋もれさせたくない”という話ですね(そして多くの人に読んで欲しい)。 ここまでテンプレです。 ◆ 関連リンクピックアップ企画の第1弾: 第2弾の前回: 第2弾の次回:??? ショートショートnote杯とは: ◆

スキ
29
ネガティブな感情を味方につけるには?
+1

ネガティブな感情を味方につけるには?

来月はもう年末ですね。 早いものです!! さて、初詣や神社などにいったときに 「願いがかないますように」とお祈りをします。 そのお祈りは毎年どれくらい実現していますか? 私の場合「健康に過ごせますように」だったりしますが……。 もっと具体的なお祈りをする場合、例えば、 「受験で成功しますように」 「目指す仕事につけますように」 「結婚相手が見つかりますように」 「スポーツで大会に出れますように」 など人それぞれあると思うのですが、多くの人は目標を設定すると、「達成でき

スキ
4
FIREへの道を継続するためのモチベーション

FIREへの道を継続するためのモチベーション

前回はFIREにむけて始める時のモチベーションをお伝えしました。 ポイントは、「守りたい人がいるか」「手に入れたい未来があるか」「創りたい社会があるか」の3つです。 今回はそこに向けての継続するためのモチベーションです。 2つのFIREFIREには2つのFIREがあると思っています。それはフルFIREとサイドFIRE。 フルFIREはライスワークから解放されて完全に自由な時間を横臥する。ただFIREするとわかるのですが、結構退屈で、FIREしたらFIREをリタイアする

スキ
2
もうあかんわ。って言ってもいいよね

もうあかんわ。って言ってもいいよね

「もうあかんわ日記」 本のタイトルを見ておぉ!となった。 私も「もうあかんわ」そう思ったことが 人生に何度もあったから。 しかも、今、ナウ、「もうあかんわ」なのである。 先日、岸田奈美さんの 「もうあかんわ日記」を 真夏に水を飲み干すようにあっという間に読み終えた。 著者である岸田さんは お父さんは他界、車椅子生活のお母さん、 ダウン症の弟さん、 タイムスリップしたおばあちゃんが家族。 なんやかんやいろんな出来事が起こり 「もうあかんわ」な気持ちになったりしている。

スキ
121