まさこ

言葉を紡ぐことは人生を紡ぐこと。波紋のように風紋のように、ぜんぶ過ぎ去ったあとに残るものは、言葉だけなのかもしれない。ツイッターはこちら→https://twitter.com/masa22bluemoon 占いはこちら→https://rera-moon.com/

線引き

わたしには妹が二人いる。 二人とも協力隊に行っていたというとびっくりされることが多いけれど、わたしから見ると二人とも普通の女子だと思う。 なんなら、わたしよりも二…

思い出のかたち

通い始めたパート先に行く途中、大きな通りを左に曲がり、河川敷に入った。 毎朝、同じ場所で同じ人とすれ違いながら、川面に目をやる。 小さな川だけれど、せせらぎが朝の…

うつむいて咲く

実家ではあふれるほど咲いていたオオイヌノフグリが、近所ではあまり見つからない。 雑草も土があればどこでもいいというわけではなく、ちゃんと根を張る場所を選んでいる…

春の雪は

今日は一日中、雪が降ったり止んだりしている。 夕暮れの光をまとい、舞う雪を眺めながら、もう春なんだと思う。 こういう雪に確か名前がついていたよなぁとぼんやり考える…

ぬいぐるみ

小学校6年の誕生日、わたしは誕生日プレゼントを買ってもらうために、母について買い物に来ていた。 特に欲しいものはなかった。というより、田舎の店には小さな雑貨屋さん…

ガラス玉のなかの宇宙

最近、小さい頃のことをよく思い出す。 たわいもない場面がぽつりぽつりと頭のなかに浮かんでは消えて、わたしはその度に紙にそれを書き留めていく。 たわいもない数々のシ…