穂音(ほのん)

犬の登場する本のはなしをいたします。絶版になっているものもありますが、再版の願いを込めて。昭和生まれ、初めての愛犬は外飼いの柴犬でした。現在は、中の人は猫なパピヨンにお仕えしています。

尾も白い犬のはなし 3  高安犬物語

“俺は金で犬は売んねえゾとぶっ叩いてくっちゃシ(高安犬物語)“  著者は沢山の作品を著し…

尾も白い犬のはなし 2  戦場をかける犬

“いい犬はいい主人を得てはじめてほんとうの名犬になる“    主人公のヤンは空軍兵士、パ…

尾も白い犬のはなし 1  名犬ラッド

“ラッドにはわかった。ラッドはいつもわかった。“    ラッドのふかい胸と小さめの前足は…