戦場カメラマンて戦争無くなったら失職するけど目標はあるの?

戦争なんか無くなって欲しいと思って
シャッターを切っているんだって
自分が失職することが
目標なんだとも言ってました

私は、とっくに警察沙汰になってる筈の
暴力を奮ってきた相手の事を

家族だからって一言で
許すように強要してくる
また関わらせようとしてくる
この社会が早く終わって欲しいと思って

毎日家族の事、自分がされた事、
社会に出て嫌だった風潮、
誰かの惰性や思考停止で
改善されない社会

もっとみる

母親が怪物に見えた日

一度だけ、自分の受けてきた虐待について母親に話をしたことがある。確か、二十歳くらいの時だっただろうか。何かのはずみで夕食を一緒に取ることになり、子供時代の話になり、なにか無神経なことを言われたのがきっかけだったと記憶しているが、鮮明なシーンはほとんど思い出せない。

「子供の頃にあなたにされたこれこれこういうことが、未だに傷として残っているし、ふとした時にその時の恐怖の気持ちが蘇ってくる。今も精神

もっとみる

【虐待のサイン】 児童虐待について考えようvol.3

誰かを責めるのではなく、助け合える世の中を目指すために「他人事」でなく「自分事」として一緒に考えてもらえましたら嬉しいです。

みなさんの周りのお子さん達の事
「他人事」ではなく「自分事」として
気かけてあげてもらえたら嬉しいです。

https://youtu.be/4dGgah0wQwU

チャンネル登録!高評価!
よろしくお願いします!

--------------------------

もっとみる
とても励みになります。ありがとうございます。ぜひシェアもお願いします。
10

頭蓋骨踏まれ事件【過去編】

おはようございます。6月になってすこし梅雨らしくなりましたね。
今日はタイトルから事件性が凄そうなエピソードをw
一応書こうと思ってるエピソードを箇条書きにしてまとめてるんですが
いつ見てもまともな事件がない笑 一つ一つのエピソードの題名が大仰で何あったか一発でわかる。
そもそも家庭で起きてる事件ってなんだw
いつかエピソード書き終わったらそれを漫画に出来たらいいな!そっちのが読みやすいし!

もっとみる
めっちゃうれしいありがとうございます!
2

留守番恐怖症~虐待〜

過去に受けた虐待のお話です。

私が幼稚園〜中学校上がるくらいまで、両親はお出かけ大好き。休みは朝から常に出かけるのが基本。みたいな感じでした。もちろん私はほぼほぼ留守番です。

だいたいごはんを用意されることなく外に行くのは禁止だし夜or夜中まで帰ってくることはないので私は休日がくるのが嫌で嫌で怖かったです。
留守番をしたくなさすぎて外に出ていこうとする両親にしがみついたこともあります。結果はい

もっとみる
他のnoteも読んでくれると嬉しいです!
9

【過去#2】母。

こんにちは、遥です。

私は、幼い頃から兄と2人
母から虐待をうけて育ちました。

母は、昔からお酒が好きでした。
好きというより、アル中だと思います。

お酒を飲んでは理不尽な事で殴られ・・・
昼夜問わずお酒を買いに行かされていました。

私が子供の頃はコンビニも今ほど多くもなく
自販機に買いに行く事が多かったのですが
その自販機も23時から朝の5時までは買えなくなります。
(記憶違いがあればす

もっとみる

親に感謝なんてしなくてもいい。

これを読んでいる方は虐待された事があるだろうか?

もちろん私はある。親はこれを教育だと思っていると言っていたらしい。学校の先生に話した事もあるけど結局誤魔化されて終わった。

確かに自分が悪いことをしたと記事にした事もあるがここからの話は全く違う。

小さい頃

小学生で細くて筋肉も無いので親に入れられて羽交い締めにされ窒息仕掛け寸前にされた事がある。これは完全に虐待って自分が大きくなった頃に気

もっとみる

顔に責任をもて

すでに家を離れて家庭をもっている亜希の娘27歳は
実家にもどってくるたびに、昔のアルバムを引っぱり出して眺めるのが好きだ。

今回の訪問でも、行方知れずになっていた自分の子ども時代の写真の束をみつけだして
気に入ったのをスマホで撮影して保存している。
そのなかで、彼女が仲良くしていて「おかあさん」と呼んでいる、亜希の母親の40歳代くらいの写真をみつけた(亜希のことは「ママ」と呼んでいる)。

孫に

もっとみる
わぁい!がんばります。

「03」~1999~ 第15話

朝からの雨雲は膨らんだ水分に耐え切れなくなり、突然の小雨を落としている。
大通りから一本奥に入るだけで、人通りのまったくない路地に入ってしまい、昼間でさえ薄暗いこの路地裏の、光の届いていない一角に我が家はある。ここら辺は昔からの古い家が多いが、改築、改装を何度も重ねているところもあるので、緑色のコケの生えた門が迎える家はそうそうない。雨が我が家を包み、剥げかけた壁に一層影を落とした。

「ただ

もっとみる
スキありがとうございました!
2

風船がパンッと破裂した

パパとママとお兄ちゃんと私で
町の小さな遊園地へ行ったときの話。

どうしても欲しかった風船を貰えた時の
嬉しさって何にも変えられないぐらい
それはもうウキウキで。

パパの車のキーケースに紐を結んでもらって
外れないようにしてもらった。

キーケース借りて自分で手に持てるのも嬉しかった。

パパがトイレに行くって言うから
トイレの前で風船を眺めながら待ってたの。

ちゃんと紐が結ばれているか確認

もっとみる
ありがとうございます!!
8