虐待サバイバーのわたしへ

はじめに 虐待サバイバーの私自身の気持ちの整理のための記事です。何がきっかけでトラウマがよみがえるかわかりません。また、センシティブなものなので不快にさせるかもしれません。具体的なことを書くので1つ目は読み飛ばしてください。気持ちの整理です。自分自身に向けたものですが、もしかしたら同じような気持ちでいる人に届いたらうれしいな、と思います。

私はずっと、誰かにもう大丈夫と言ってもらうのを待っていま

もっとみる

日記210505

こどもの日。朝から調味料を冷蔵庫の中でこぼしていた事が分かり辛くなった。更に、夕食時に私の注意不足で夫がチビの分のおかずを食べてしまい、一方的に責めてしまった。

その時、チビが右手に夫の手、左手に私の手を握り、にっこりとした。まるで「パパ、ママ、仲良くね」と言っているようだった。2歳になったばかりの息子に両親の喧嘩の仲裁をさせるなんて、なんて恥ずかしくて最低な母親だろうと思った。

去年一昨年と

もっとみる

声なき悲鳴を外で発する

うちの近所には、夕方くらいに「きーきー!」という感じの言葉を発して騒いでいる女の子がいるみたいです。

もしかしたらただ叫んでいるのではなく、何らかのきっかけではしゃいでいるのかもしれません。誰かほかの子供の声も一緒にするため、一緒に遊んでいるときの声なのかもしれません。

最初はそんなことを思っていました。

声が聞こえ始めると、大体30分以上は叫んでいるので正直うるさいなという気持ちもありまし

もっとみる
あなたの幸せを願っていますね✨
19

ナオとの出会い19 母親

電話で激しい口論の状態が続いたが、5分後ぐらいに彼女が強制終了、電話を切った。

「ムカつく〜‼︎」

電話を切った後も興奮状態で荒れていた。話を聞くと電話の相手は母親で、元婚約者と別れた事で責め立てられたようだ。揉めたとはいえ親子の電話とは思えないぐらい乱暴な口調だった。

しばらく興奮状態が続いたが、私と話をしていると徐々に落ち着きを取り戻す。今夜は私が料理を作る事にした。彼女の元気がなかった

もっとみる
ありがとうコップンカップ😊

数値規制

パブコメはパブリックコメントの略称です。締め切りは過ぎていますが、そういう問題ではないと思いましたので。動物は物ではありません。人間が金儲けをする為の道具でもない。体があり心もあり生きています。殺処分、劣悪な環境で物として扱われ不要になったら捨てられる。放置される。すべて人間が行っている事実です。法改正は時間がかかり内容もなかなか進まない。旧強姦罪と同じように。人間として生きている事が嫌になります もっとみる

児童養護施設、里親出身、虐待された経験のある人達へパーティードレスの貸し出ししてます。

○結婚式二次会
○卒業式二次会
○成人式二次会
などでぜひご利用頂ければと思ってます。

もしも、必要としている子が居ましたら
ぜひ繋いでください。
ご連絡ください。

achaproject@outlook.jp

去年の夏頃から集め始めてなんと
54着から選べるまでになりました。
本当に沢山のご寄付ありがとうございます。
パーティードレスは本来安価でも1万円くらいして高価なものだと何10万円も

もっとみる
とても励みになります。ありがとうございます。ぜひシェアもお願いします。
1

構ってもらえない子どもたちの将来

15年以上も前から、気になっていることがあります。
息子が小学生の頃によく遊んでいた友だちのうち、心配な様子が見受けられた子どもが複数いました。

幸せそうに見える家庭でも、寂しい気持ちを抱えている子ども。
また、家庭内の問題に向き合いながら、けなげに生きる子どももいます。

このご時世では、深刻な状況に陥っている家庭も増えたかもしれません。
今回は、(個人が特定できない配慮をしながら)私が長く気

もっとみる
ありがとうございます!
2

『5/9(日)開催! !柳沢かおり講師 ミロス集中講座』

『5/9(日)開催! !柳沢かおり講師 ミロス集中講座』


本日は、今週末に開催される『ミロス集中講座』のご案内です。

『ミロス集中講座』とは
講師の体験や実証例を用い、人間の意識の内部構造を設計図を用いて理解していくことで、 今まで抱えてきた悩みや問題を根源から終わらせ、 "全く新しい視点 (絶対視点)" の感覚を掴んでいただけるカリキュラムです。

今回は、家族の再生から始まる究極の

もっとみる
あなたに幸せが訪れます(*⌒3⌒*)
3

子ども虐待は『依存症』であり『脳の病気』であり、それは『連鎖』する

(自分用備忘録)
虐待が『連鎖』する仕組み

《together 虐待は『依存症』であり、『脳の病気』であり、『連鎖』する
の追加編集まとめ》

子ども虐待は『依存症』であり、『脳の病気』であるなぜ虐待は起きるのか?精神科医が明かす「やめたくてもやめられない」虐待依存症の実態(取材・文/みらいハウス 渡部郁子 話/精神科医 大塚俊弘先生)より抜粋まとめ

『依存症』には
ギャンブル・アルコール・仕

もっとみる

神戸の神出(かんで)病院で性的虐待が横行していた件

▼読んでいて、反吐(へど)が出る記事、吐き気に襲われる記事というものがある。それは何種類かあって、ひとつめに、その記事自体が誰かを差別しているもの。ふたつめに、記事で告発されている内容が、あまりにひどいもの。

今回は、ふたつめのほうだ。

内容は、優生思想のあからさまな暴発である。

▼2021年3月28日付の毎日新聞に、精神科病院で行われていた性的虐待についての記事が載っていた。

▼1面肩の

もっとみる