自己資本

貸借対照表の右側。他人資本と自己資本の違いは、返済義務があるかどうか。

第6回:他人資本と自己資本についてなんとな~く学ぼう♪

こんにちは♪

本日はとてもいい天気です。
日差しがまぶしい♪

空に手を上げたら
悟空のように
元気玉ができるんじゃないか

と思えるくらい

いい天気ですw

さてそんな陽気の中
本日もなんとな~く会計を学んでいきましょう。

前回に引き続き
企業経営における財政状態をあらわす

貸借対照表についてみていきます。

左側(借方)が資産

もっとみる

貸借対照表を見れば、企業経営における財政状態がわかる。

むかちんのなんとな~く学べる会計ノート
第6回:貸借対照表をなんとなく読めるようになろう。

むかちんです♪

前回のノートにて
財務三表についてなんとなく解説しました。

今回は財務三表の一つである
貸借対照表について見ていきます。

貸借対照表では
企業経営における財政状態がわかります。

左側(借方)には資産
右側(貸方)には負債と純資産
が書かれています。

左側では
集めてきたお金が

もっとみる

本物の警備実現のために高めたい自己資本比率

1. 無借金経営。経営者のほとんどが憧れる言葉。

これを財務的にいうなら、貸借対照表(以下BS)上の負債の部である短期・長期借入金がなく自己資本比率が高い状態ということができる。

自己資本比率とは総資本のうちどの程度が自己資本でまかなわれているかを示す指標。

総資本とはBS上の右側の資本の部と負債の部を合わせたもので、企業のすべての資本の総額を意味し、自己資本とはそのうち資本の部にあたるもの

もっとみる

内部留保課税が設備投資を増やすわけでは無い

企業が設備投資するか否かは、「設備投資をすれば儲かるか否か」で判断する。それにより、資産総額が決まる。資産総額から自己資本(=資本金プラス内部留保)を引いた分が負債となる。

企業は利益を上げた時、「全額配当するか(内部留保は増えない)、配当を抑制して借金を返すか(内部留保が増える)」を判断する。内部留保に課税するなら、利益を全額配当するだけの事である。過去の利益も全額配当し、その分だけ借金を増や

もっとみる

自社株買いは株主の利益だが、日本経済にとって良いとは限らず

従業員や銀行や日本経済にとっては、自社株買いは企業の倒産リスクを高めるので、嬉しくありません。自己資本が減り、将来の赤字の際に債務超過に陥る可能性が上昇するからです。自社株買いは、株主は歓迎でしょうが、それは「株主有限責任によって、将来の巨額損失のリスクを株主から銀行等に移転できる」からなのです。

株主目線の記事を読むときは、「日本経済目線だと別の景色が見えるのでは?」と考えてみる事も必要でしょ

もっとみる

02.【じぶん株式会社(仮) 第一期】 個人にとっての外見は企業にとってのブランドである、という話など

結婚するなら、美しい人がいいですか?誠実な人がいいですか?
 美しさや誠実さ、それらの要素を、あなたはどのような定規ではかっていますか?

 今回は、株未経験者の方向けに、「経理事務のおねえさん」の実例を交えつつ書きます。

 以下目次です。お付き合いください、よろしくおねがいします。

――目次――

・東証一部って、そんなにすごいの?
・株価の指標ありすぎ問題

 さて最近、暖かくなってきまし

もっとみる

01.【じぶん株式会社(仮) 第一期】予算計画策定

はじめまして、こんにちは。某所で経理事務をしているOLです。

「他人が経営する会社に自分の人生を任せるのではなく、自分の人生は自分で経営しよう」という思いで、この度じぶん株式会社(仮)を設立します。貯金を純資本、家計簿をB/S、人生設計を経営計画と言い換えて、プレ会社経営を進めていきますので、よろしくお願いいたします。これからスタートアップする人は、一緒に頑張りましょう!私の記事が少しでも良い刺

もっとみる