美術鑑賞

■要約 論理的美術鑑賞

参加しているサロンで、夏休み中に対話型鑑賞のファシリテーションをすることになったので、準備として読んだ本を要約します。

サロンでの鑑賞会もすでに3回目。月1のペースで開催できています。

★対話型アート鑑賞#3(withまめさん)

このイベントでは、様々な鑑賞の視点を取り上げ、知識ゼロからでも楽しみながら、芸術の学習と思考の深化を通して、よりよく生きるきっかけづくりを目指しています。

今回取

もっとみる

コロナ禍の展覧会

横尾忠則現代美術館で開催中の、「兵庫県立横尾忠則救急病院展」を鑑賞しました。

「兵庫県立横尾救急病院へご来院された方へ」
入館すると、白衣を纏った美術館職員に誘導され検温、そして問診票を書きます。

最近のコロナ禍では、検温や問診票の記入はどこへ行っても珍しいことではありませんが、気分はすっかり病院です。
まだチケットを購入してすらいないのに、この時点で作品展は始まっているようでした。

今回は

もっとみる
スキありがとうございます😸
2

欲のない女(ひと)。

島田美術館で開催されている熊本在住作家・青柳綾さんの絵画展へ。懸命に作品を物色している様子を知人が激写してくれました(すっぴん&髪ボサw)

ゴーギャンを思わせるエキゾチックな色彩、好きだなぁ。

ちょうどご本人も在廊されていて、知人らしき方が購入しようとされると

「いいですよ、無理して買わなくて大丈夫ですから!」
「いや、ぜんぜん無理してないし。。。」
「本当ですか? 本当にいいんですか?」

もっとみる
「スキ」ありがとうございます!

ハラダの鑑賞レポ 8/2『桜 さくら SAKURA 2020』山種美術館

コロナ対策で美術館に行けなかった数か月、本当に辛かったので無い時間を割いてガンガン予定しております!ハラダです。

山種美術館へは、恵比寿駅からバスで。

日本画専門美術館、山種美術館。今回初めてお伺いしました。
恵比寿駅から都バスに乗り「広尾高校前」で下車すると、その道の反対側が山種美術館です。この日は美術館前の工事をしていたのでそこからの写真は撮れませんでしたが…!建物もとても素敵でした。

もっとみる
何かご自身に響くことはありましたか?
3

東京国立近代美術館のコレクション

絵画を鑑賞するのが好きだ。でも学生の私は絵画を購入して手もとに置いて鑑賞するなんていうお金の余裕はない。となれば美術館を頻繁に訪ねて絵画を鑑賞することになる。学割が使えるのもポイントが高い。地下鉄東西線竹橋駅を降りて歩いて数分の東京国立近代美術館(以下MOMAT)は、私がもっともよく訪ねる美術館だ。特別展のたびに足を運んでいるし、特に目的がなくても常設展だけ覗きにいくということもよくやる。帰省する

もっとみる

「ゴッホのひまわり」に会いに行く理由

ゴッホの(代表的な)「ひまわり」は、7枚ある。
そのうち、ロンドンナショナルギャラリー所蔵の作品を東京で見られるということで、先日チケットを予約した。

そもそも私が美術館に行く理由は、
自分の心の奥底を揺さぶる、何かすごいものに出会えると思うからだ。
理解しがたい表現や、未知の思考といった刺激に、
単純に惹かれてしまう。
または、
人々が評価したものを知りたい、と思うからだ。
ものごとをより大き

もっとみる

ザ・美術骨董ショー2020終了しました

2020.8/1〜8/5まで開催していました、
ザ・美術骨董ショー2020は終了しました。

通常ですと、海外からの業者さんやお客様も多いのですが今年はやはり難しく
出店は比較的近くのお店が中心。
お客様も同様でした。

また、展示はいつもの作家メンバーでは無く
会期がズレた為、新たに知り合いの作家方に出店のご協力をお願いしました。
急遽のお願いにもかかわらず、作品を出展して下さり大変感謝しており

もっとみる

26.美術鑑賞〈足立美術館〉

妹が美術を専攻していることもあり、5〜6年ほど前から家族で美術館巡りをするようになった。

今日は2度目の足立美術館。

横山大観、魯山人…を始めとする大家の作品がワンサカ飾られている。

創設者"足立全康"

島根県生まれ。

学校では劣等生だったが、絵は度々飾られることも。

その後、木炭運搬の奉公を。
運搬をしながら炭の小売りを始め、女中の手伝いをしながら、仕組みを学び、3ヶ月で独立。

もっとみる

現地に赴くことの価値(1)~ピーター・ドイグ展に想う

会期延長されたピーター・ドイグ展(2/26~6/14→10/11@東京国立近代美術館)を訪ねた。
本展は緊急事態宣言下で、いち早く展示作品をオンラインで公開。展示室内の様子を360°閲覧可能(!)とし、withコロナ時代のミュージアムの姿を、早い段階から模索・検討する姿勢が見られた。再開となってからは、日時指定券にて対応。エントランスでの検温、マスク着用の義務化など、他のミュージアムとも同等の処置

もっとみる

◆「古屋 郁  銅版画展 ~ネコの時間~」開催前と後の為の予習復習note。

こんにちは、のぶちかです!

さて、2020年8月8日からは2年ぶり2回目となる古屋 郁さんの銅版画展をJIBITAにて開催します。

特に今回はサブタイトルに

~ネコの時間~

と銘打たれているだけあって、ネコ様の作品も多数登場です!

ネコ好きの方はどうぞお楽しみに♪

◆告知

「古屋 郁 銅版画展 ~ネコの時間~」
会期:2020年8月8日(土)~8月16日(日) 13時~18時
※期間

もっとみる
「スキ」、ありがとうございます~泣!
2