米中貿易戦争

エコノミストとして特化していくべき分野(案)

思いつくままに

・「課題先進国」→どの分野でどう先進的でどれぐらい他国に応用可能なものがあるのか、事例収集、戦略の分析、提案

・「人口減少」→インフラ整備等の都市計画と社会保障の組み合わせ。重要かつ喫緊の課題だが包括的な議論がまだまだ行われていない

・「経済安全保障」→米中(印アジア)対立の文脈で、どの産業でどんなことが起きているか。古典的なテーマか?

・「AI」→AIの技術的な部分とその

もっとみる

民主主義は、独裁に滅びるのか

最近僕が一番くらいに興味があるのが、米中対立だってことは、僕の記事をよく読んでくれる人はうすうす気づいていると思う。

米中対立は、冷戦のような主義の違いの対立であると同時に、世界の中心が欧米からアジアへ移るのを見ているような気がしている。

アメリカが民主主義、自由を極めている国だとするならば、中国は独裁主義、監視社会を極めている国だ。

アメリカは18世紀の独立戦争を経てから民主主義国家になっ

もっとみる
シェアしていただけたら嬉しいです!
4

1高校生が米中貿易摩擦を考える

年齢によって、米中対立の捉え方が違う?

最近よく聞くのが、コロナの感染者数が米国210万人、中国8万人なので、早くに感染拡大を食い止めた中国が強くなるぞってこと。

正直僕は、物心ついたときから中国は勢いが凄い的なのをニュースで言われてるのを聞いてて、

人口の多さとかで考えてそのうち経済では中国がアメリカ抜かすんじゃね?

って小4くらいから思ってた。

いや経済での話よ?もちろん政治的には中

もっとみる
毎日投稿しているので、他の記事も見てください!
2

中共の最後の戦い:無制限戦争への生物兵器(パート1)

注:この記事はあるサイトの記事を日本語訳したものです。
前回の異邦人の記事「パンデミックの始まり」の続編です。

英訳:Himalaya Hawk Squad (ソース:Gnews)
和訳:異邦人

デビッドのウォールームライブ2020.02.27
無制限戦争の準備の証拠(パート1)

2020年2月27日に行われたデイビッドのウォールームのライブ配信の修正版。配信者であるデイビッドは、2019

もっとみる

米中決戦2020-世界最終戦争への道⑥

おはようございます。MSX(経済安全保障局)のアルキメデス岡本です。

さて、前回の続きです。

前回は主に軍事的な観点からの戦略分析を行いましたが、今回は経済安全保障の観点から米中覇権戦争の今後と世界の未来を考えたいと思います。

アメリカの新世界秩序

5月末、トランプ政権は「米国の中国に対する戦略的アプローチ」と題する公式文書を連邦議会あてに送った。米国政府全体が中国との新たな対決姿勢をとる

もっとみる
サンキュー😘
6

新興国、首都移転ブレーキ(2020年6月10日日経朝刊より)

各国、環境問題や経済対策で首都移転を計画していたものの、コロナ禍で見直しを迫られているとのこと。

この記事を見てめっきり見なくなったせんとくんを思い出してしまったのですが、日本にも首都移転の議論は何度か持ちあがりましたね。

数行ではあるものの本記事に記された、それぞれの大義ある計画を見るにつけ、日本も改革の旗印として首都移転を検討するのも面白いかな、、、と思ったり。

オンラインにシフトしつつ

もっとみる
ありがとうございます!記事の質をドンドンあげていきます!
4

米中決戦2020-世界最終戦争への道⑤

おはようございます。開かれたインド太平洋の住人アルキメデス岡本です。

さて、前回の続きです。

米中覇権戦争が緊迫する中、ワシントンのシンクタンク「戦略予算評価センター(CSBA)」が、日本の海上自衛隊と中国の海軍の“力”をミサイルの数などで比較、中国が日本を完全に追い抜き、「自信」を強めているとする報告書を出した。報告書では、「自信」を強めた中国が、軍事力の行使に対するハードルが下がったのでは

もっとみる
サンキュー😘
5

【米国市場】ダウ平均は続伸、強い景気回復期待

米国株式市場は続伸し、ダウ平均株価(.DJI)は267ドル高で引けた。国内で広がる抗議デモや新型コロナウイルス流行を尻目に、景気回復期待が先行し、買いが優勢となった。

引き続き景気回復期待が強い

ハイテク株のほか、金融株などの景気循環株の買いが膨らみ、上昇を主導。S&P500の主要11セクターは全てプラス圏で取引を終えた。
ピーター・カーディヨ氏は「テクニカル要因が相場を押し上げた。抗議デモが

もっとみる

【米国市場】ダウ平均は小幅上昇、米景気回復が抗議デモや米中緊張化よりも勝る

米国株式市場は上昇。国内で広がる抗議デモや新型コロナウイルス流行、米中の緊張の高まりを巡る懸念がくすぶるものの、米景気回復の兆候が材料視された。

製造業景気指数の改善が抗議デモと米中緊張化を勝る

フェイスブック(FB.O)、アップル(AAPL.O)、アマゾン・ドット・コム(AMZN.O)が1─3%高となり、S&P総合500種(.SPX)とナスダック総合(.IXIC)の上昇を主導。ダウ工業株30

もっとみる

米中決戦2020-世界最終戦争への道③

おはようございます。香港国際警察のアルキメデス岡本です。

さて、前回の続きです。

香港の一国二制度を破棄した中国(事実上の乗っ取り)に報復措置を取ったトランプ大統領。まずは、香港の優遇措置を撤廃して、経済的圧力をかける戦略を選択しました。香港に滞在している米国企業は1300社と言われているので、まずは米国企業へ配慮した形となった。

そんな中、世界の各地では中国覇権主義への抵抗が次々と報告され

もっとみる
サンキュー😘
5