中米貿易戦争

2019年の経済を中国はどう振り返るか?

毎日のように日本のニュース、新聞では米中貿易関連のニュースが話題になります。

中国経済を見る上で、米中貿易問題が最も注目される要素になっています。

日本の記事では、米中貿易摩擦によって、中国の成長は鈍化し、さらに国内消費も弱含んでいるとされることが多いように思います。

2020年に入り、中国では自国の昨年の経済状況をどう振り返っているのか、「中新経緯」の記事がありましたので簡単に要点を記載し

もっとみる
感謝です!!
3

「トランプ再選が世界経済のリスク」ポール・クルーグマンは警告する。

ポール・クルーグマン氏(66)は、2008年にノーベル経済学賞を受賞し、現在は「ニューヨーク・タイムズ」のコラムニストを務める、世界で最も影響力を持つ経済学者の1人だ。金融緩和やインフレターゲットを主張する「リフレ派」として知られ、2014年には安倍晋三首相と会談し、10%への消費増税先送りを進言するなど、アベノミクスの「理論的支柱」としての役割も担ってきた。
 クルーグマン氏は、激動が予想される

もっとみる
ありがとうございます!
3

トランプさん、戦争スルスル詐欺ですか?(笑)

安心感が広がり市場が素直に反応しましたね。まさに狙い通りだったんじゃないかな。

1月8日午前中のリスクオフ相場から、24時間以上世界中を待たせて、期待感と混乱が入り混じった1日。これもまた狙いのひとつだっただろう。

深夜1時20分過ぎ。大統領登場。

予定より20分遅れ、そして9分の演説。

とんだ茶番でしたね。

先週は「52か所を爆撃するぞ!」って凄んでいた大統領、9分のメッセージで世界中

もっとみる

第431回:イラン国ソレイマニ司令官殺害で迎えた波乱の2020年、世界は溶けてなくなりゆくお金とどう向き合うか

明けましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願い致します。今年は子年で、小職は年男です。人生に10回もないであろう縁起の良い一年なので、しっかりと結果を残して参りたいと思います。皆さま引き続き温かいご支援、ご指導をどうぞ宜しく御願い致します。既にウェブでは先行して展開されておりますが、新年のメッセージを表現しておりますので、こちらをご一読頂ければ幸いです。2020年が、資本主義の未来に向け

もっとみる

【画像でみる人民新聞】1月5日,1703 号 7面

脇浜義明さんによる、論文「現在の廃墟の中で」ヴィジャイ・プラシャト(歴史家・評論家)著の21世紀帝国主義に関する部分の翻訳。米中貿易戦争の終息が見えない今、アメリカによる帝国主義がどのように築かれてきたか、グローバル企業による資源の強奪などについて述べる。

もっとみる

ファーウェイ、米国の貿易規制にもかかわらず、昨年並の18%成長の衝撃

ファーウェイは今年はトランプ政権が中国の技術グループを弱体化させ、欧米市場から締め出そうとするプレッシャーにさらされた1年だった。しかしそんな逆境にもかかわらず、Huaweiは、今年の収益は18%急増し、2018年の19.5%の成長率とほとんど変わらなかったという。

米国が5月に同社への輸出を禁止した後、Huaweiの創業者Ren Zhengfeiは、年間収益が2018年から2020年末まで約7

もっとみる

2020年の正月に読む予定の本(^o^)

みなさま
あけましておめでとうございます

毎年新年は、これまでとは別傾向の読書でスタートすることをやってます。今年は、中国を通して世界を見る視点を獲得することをやってみたいなと思っています。

正月用の本を去年色々仕込みましたので、盛大に積ん読状態になっている書斎机の本を紹介させていただきます(^o^)。

アメリカがくしゃみをすると日本が風邪を引くという状態が、今後ちょっと複雑になるかなと思っ

もっとみる
あなたは大変なものを盗みました。わたしのハートです!
104

米中貿易戦争は一時休戦だが、貿易と生産の落ち込みは続く

米中貿易戦争は一時休戦になったが、高関税は残っている。世界経済の覇権を巡っての争いは容易には収束しない。この影響で日本の輸出は大きく落ち込み、製造業の利益が急減少している。

◇ 第1段階合意は一時的な休戦に過ぎない
 米中政府は12月13日、貿易交渉で「第1段階の合意」に達したと発表した。
 その主要な内容は、つぎのとおりだ。
 第1に、12月15日に予定していたアメリカの対中制裁関税「第4弾」

もっとみる

関税かからない商品もある!?

現在中国のパートナーと日本アマゾンに中国製の雑貨や家具などを販売する店舗を立ち上げる予定です。計画自体は順調に進んでおり、弊社のWeb事業とのも上手く連動させることができるため、弊社の売り上げにも貢献できる新規事業だと思っています!

中国パートナーは、中国周りのタスクや日本アマゾン出店を対応いただき、僕は日本周りのタスクを対応しているところです。まずどうして中国パートナー(日本語喋れない。。w)

もっとみる
ありがとうございます!!!
13