移住者の話

『移住者しか入居できない”団地”とは?』ヌカドコRADIO #14 放送のお知らせ

ぬか床のように人と人とをかんます(かき混ぜる)ことで発酵を促す。をコンセプトに、佐久穂町・佐久エリアを中心としたメンバーで構成されている『リモート発酵コミュニティ NUKADOCO』。そんなNUKADOCOで月1回開催されるブレスト、通称ヌカブレから立ち上がった『ヌカドコRADIO』も、今回で14回目。 前回は、セルフビルドで4棟(佐久穂町に山村テラス、月夜の蚕小屋、ヨクサルの小屋。佐久市望月に木馬のワルツ)の宿泊施設を建築し、運営している岩下大吾さんをお迎えして、大人気宿

スキ
6

フランスの田舎暮らし:息子が入園!!

つい最近まで こんなに小さかったのに!! 気づけば身長約100センチ、体重17キロ。 しっかり頑丈に成長しつつある息子。 日本の神戸に生まれて、生後2か月からフランス生活。 フランス生まれポルトガル人の父と、日本人の母。 日本語で聞いた事を「フランス語で返事する。」 日常会話はフランス語。 そんな3歳半の息子は9月2日に無事入園いたしました。 入園式や入学式がない!!!フランス全体で、日本の公立にあたる学校の開始、バカンス(休暇)、等が統一されているので、9月2日の

スキ
25

草を編む

お試し暮らし43日目。 今日は雨。 お芋の苗に水やりをしなくてもいいので やっぱり雨ってありがたいなー と思う今日この頃。 午前中は予定がなかったので 今日も瞑想。 ハラケケを編んで ブレスレットを作りました。 午後は 岐阜県の友人に紹介してもらった 自然農をされている方のところにお邪魔して 畑を見せてもらったり 湧き水を組む場所を教えてもらったり。 そのあとは 来週から働かせてもらう 農業の会社にご挨拶に行ってきました。 さあ、 明日は何をしようかな。

スキ
2

語学0からのフランス移住。それでも夏は来る2021

さっき、一度書き上げた文章が 完成直前に、すべて消えた!!!!!!!!! なにかのお告げですか? 6月最後の日に、 えーって、つぶやきながら。 リライトしてみます。 きっと前より、素敵な文章になるはず。 私は2018年5月に、パートナーにくっついて、 フランスは中等部、ブルゴーニュ地方の 小さな村に、移住してきました。 まだ3年、もう3年目。 最近気づいた、マスクに守られた、 私のアイデンティティ。 フランス人だから·マスクを元々つける習慣は皆無 ·だって医療従

スキ
14

北海道移住者の声(十勝編)オーベルジュを目指して①

首都圏では誰しもが夢見る大自然の憧れ北海道。。道東。。真っ二つに割って右側が道東だ。550万人の北海道人口において右側道東は100万人しかいない。十勝に至ってはおおよそ関東平野と同じぐらいの土地と考えて35万人しかいないのだ。ぎゅうぎゅうの首都圏からの脱出において、生活がどのようなものなのか?一般的には札幌が中心の北海道だが。年代でもそれぞれとれえ方が違うが、コロナ不況も重なり今後右肩上がりのビジネスプランで組んで行くことがない経済で自給自足も可能な北海道!!GDPがまったく

スキ
7

東京から北海道の十勝に移住する・・    オーベルジュ経営の始まり①

首都圏の人間ならば北海道の大地に憧れるのはよくわかる!通勤電車にもまれ、人混みの臭いと排気ガス・・今はコロナがプラスされ。。いるだけで疲れるのが都心だ。筆者である自分は「縁」あって北海道の十勝に11年ほどオーベルジュの経営をしてきた経験が皆様の参考になればと、元々銀座のホテルで12年、バーテンダーとソムリエとして勤務して退職、オーナー付きレストランやバーで5年ほど働き独立して北海道の十勝へ・・上場会社のゲストハウスとして存在していた建物がそのまま業務委託され運営という流れで憧

スキ
9

広島県移住担当者が実際の移住者にインタビューしてみた in 世羅町

こんにちは!ゆっこです。 広島県地域力創造課で移住促進を担当しています。 わたしたちの活動については、こちらのサイトもぜひご覧ください。 広島県の移住ポータルサイト HIROBIRO. です。 HIOROBIRO.には、広島県に移住された方のインタビューを掲載しています。 今回はそのうちの1つ、広島県世羅町(せらちょう)に移住した、扇さんご夫婦のインタビューを行ったときの小話をだらだらと話したいと思います。お時間ある方、どうぞお付き合いくださいませ。 その1 世羅

スキ
49

森林管理NPOの展開における地域的共同関係の構築とその条件 環境マネージメントとパートナーシップ

note掲載にあたって中俣保志名義で、北樹出版より2006年7月に出版された宮崎隆志・鈴木敏正編『叢書 地域をつくる学びⅧ 地域社会発展への学びの論理ー下川町産業クラスターの挑戦』の第二章二節及び第三章四節担当個所を、こちらに転載いたします(今回は第二章二節)。この件に関して、北樹出版編集部にご協力について快諾いただきました。この場を借りてお礼申し上げます。それと、本書で、紙面編集の段階で掲載ができなかった図表をこちらに掲載いたしました。 一. はじめに  これまで他の章で

スキ
2
再生

会える!移住者の紹介(フルVer.)

北海道十勝への移住に興味のある方は、ぜひご連絡ください! 動画出演者と会える場をセッティングいたします。 芽室町へ来てよかったこと、困ったこと、困ったことへの解決方法、冬の暮らしなど、移住者目線のリアルな話が聞けますよ! セッティングをご希望の方は、 1.お名前 2.芽室町へ立ち寄れる日時 3.連絡がとれる電話番号 4.メールアドレス(こちらのメールが受け取れるように設定してください) 5.移住者に訊いてみたいこと を、芽室町地域おこし協力隊facebookのメッセンジャーまたはメールでへお知らせください。 移住者のスケジュールを確認したうえで、折り返し詳細をご案内いたします。 ●芽室町地域おこし協力隊facebook https://www.facebook.com/memuro.okoshi/ ●芽室町地域おこし協力隊メール memuro.chiikiokoshi@gmail.com なお、会場は芽室町内の飲食店を予定していますが、飲食にかかる費用は自己負担となります。(無料のコミュニティスペースが空いている場合は、そちらをご案内することもあります) また、ギリギリにご連絡いただいた場合など、タイミングによっては開催できない場合がありますので、併せてご了承ください。 BGM:d-elf.com(https://www.d-elf.com/)

スキ
1
再生

「会える!移住者の紹介【北海道芽室町/ショートVer.】

芽室町地域おこし協力隊名義でYoutubeのチャンネルを作成しました! 第一弾は、実際に会える移住者の紹介動画、ショートバージョン。 インターネットなどの情報からではわかりにくい、移住者目線のリアルな話を聴きたいという方は、是非ご連絡ください。 芽室町へ移住してきた方と会える場をセッティングいたします。 芽室町へ来てよかったこと、困ったこと、困ったことへの解決方法、冬の暮らしなど、移住者目線のリアルな話が聞けますよ! セッティングをご希望の方は、 1.お名前 2.芽室町へ立ち寄れる日時 3.連絡がとれる電話番号 4.メールアドレス 5.移住者に訊いてみたいこと を、芽室町地域おこし協力隊facebookのメッセンジャーまたはメールでへお知らせください。 移住者のスケジュールを確認したうえで、折り返し詳細をご案内いたします。 ●芽室町地域おこし協力隊facebook https://www.facebook.com/memuro.okoshi/ ●芽室町地域おこし協力隊メール memuro.chiikiokoshi@gmail.com なお、会場は芽室町内の飲食店を予定していますが、飲食にかかる費用は自己負担となりますのでご了承ください。 (無料のコミュニティスペースが空いている場合は、そちらをご案内することもあります) これからも動画を投稿していきますので、チャンネル登録をどうぞよろしくお願いいたします! https://www.youtube.com/channel/UCcvt0LqB85PVEr0jNgaIjBw

スキ
1