科学する麻雀

1暗刻4対子一向聴の選択(延長戦)

研究代表者 nisi
研究協力者 とつげき東北、みーにん

1.はじめに

今回は前回記事(1暗刻4対子一向聴の選択(牌の種類編))の続きです。

前回は、1暗刻4対子一向聴について、対子牌1切れがあったら、だいたい七対子固定有利と言う感じの結論でした。

今回は、それを踏まえて、対子牌が全部生牌の場合・役牌対子がある場合・ドラ対子の場合について、シミュレーションで優劣を比較します。

2.シミュ

もっとみる

1暗刻4対子一向聴の選択(牌の種類編)

研究代表者 nisi
研究協力者 とつげき東北、みーにん

1.はじめに

1暗刻4対子の一向聴(七対子一向聴・刻子手二向聴)のときに、暗刻の牌を切って七対子一本に決めるか、孤立牌を切って刻子手の含みも残すかという選択をするときがあるかと思います。

例えば、上の牌姿で暗刻の5pに手をかけて七対子にするか、孤立の7mなどを切って刻子手も保留にするという選択です。

今回は、対子牌と孤立牌の種類を動

もっとみる

一向聴における愚形塔子対子の優劣

研究代表者 nisi
研究協力者 とつげき東北、みーにん

1.はじめに

一向聴から愚形塔子や対子を選択するような場面は、それなりに出現頻度が高いと思います。

例えば、このような牌姿で、

対子に手をかけるのか、カンチャンを落としていくのか、という選択です。

今回は、一向聴での愚形パーツの価値の大小について、手牌の形・待ち枚数・場況の3点からシミュレーションで見ていくことにします。

2.シ

もっとみる

孤立三元牌ドラのありか

研究代表者 nisi
研究協力者 とつげき東北、みーにん

1.はじめに

字牌がドラのときに、誰がドラを持っているのかの読みをしたい場合も、時にはあるかと思います。ドラの所在読みの仕方はいろいろあるかと思いますが、まずは一番単純な、他家3人がリーチなのか仕掛けなのかの別で、他家手牌にあるドラ枚数分布を牌譜解析で調べてみます。

なお、今回は最も重要かつ牌譜解析的に容易な、
・自分にドラが孤立かつ

もっとみる

順位別リーチの待ち種類分布

研究代表者 nisi
研究協力者 とつげき東北、みーにん

1.はじめに

他家リーチを受けたときに、リーチの読み方の一つとして、待ちが好形かどうか、ということもありうるかと思います。例えば、トップ目からリーチが来たら好形の可能性が高いだろうなとか、ラス目からのリーチなら苦し紛れの愚形リーチもありうるんじゃないか、といった読みがあるのではないかと思いました。

そこで、今回は順位別のリーチの待ち種

もっとみる

他家副露に対する、チーテン境界巡目

研究代表者 nisi
研究協力者 とつげき東北、みーにん

1.はじめに

門前一向聴で鳴ける牌が出たときに、鳴いて聴牌取るかという問題はよくある研究のお題です。

今回は、他家副露がいるときにチーテン判断に変化が出るかという点を取り上げたいと思います。

2.シミュレーション条件等

・自分南家or東家
・タンヤオドラ1の両面両面一向聴(いずれの両面も25,58待ち、浮き牌は完全安牌)で上家から

もっとみる

機械学習による、段位・点棒状況から最終順位分布の予測アルゴリズム

研究代表者 nisi
研究協力者 とつげき東北、みーにん

1.はじめに

局情報と局開始前の4者の持ち点を入力値として、最終順位分布を予測するアルゴリズムはわりとよくあるテーマでした。

例えば、こんな感じで、

機械学習(教師ありニューラルネット)で、黄色のところを入力したら4者の順位率が出るようなエクセルを作ってみました。これはこれで、まぁ意味はあるのですが、たぶん似たような研究はいろいろさ

もっとみる

追いかけ愚形リーチのみのシミュレーション

研究代表者 nisi
研究協力者 とつげき東北、みーにん

1.はじめに

今回のテーマは、追いかけ愚形リーチのみです。
こちらの記事(追っかけ愚形聴牌とチップ期待値)で、追いかけ愚形リーチのみがベタオリと拮抗してて、こんなんだったかなぁ、みたいな話をちらっとしました。今回はそれの検証という感じで、いろいろな牌姿・場況でアガリ率・放銃率・局収支を調べてみます。

2.シミュレーション条件等

次の

もっとみる

nisiシミュレータのひみつ(外伝3-α・染め手モード)

研究代表者 nisi
研究協力者 とつげき東北、みーにん

1.はじめに

シミュレータについてまとめた前回記事

nisiシミュレータのひみつ(機能編)

nisiシミュレータのひみつ(仕組み編)

では、全体的なシミュレータの計算方法を書きました。

今回は、前回記事を補足する各論的な内容になります。今回のテーマは染め手モードです。
各論について以前の記事がこちらです。
nisiシミュレータの

もっとみる

見た目段位別の、実際の牌譜でシミュレーションした結果と実際の打牌の正答率(聴牌VSリーチ編)

研究代表者 nisi
研究協力者 とつげき東北、みーにん

1.はじめに

今回は、シミュレーションの結果を正答とした場合に、牌譜上の実際の打牌について、ちゃんと高段位ほど正答率が高くなっているのか、という検証をしてみた、というテーマです。

とりあえず初っ端は、一番シミュレーションがやりやすい、自分聴牌VS他家リーチ者ありの状況でやってみます。

2.牌譜解析&シミュレーション条件等

・あるプ

もっとみる