麻雀数理研究会

私たち麻雀数理研究会は、麻雀に関する調査、数理的研究を行い、その結果を公開することで、…

麻雀数理研究会

私たち麻雀数理研究会は、麻雀に関する調査、数理的研究を行い、その結果を公開することで、麻雀文化を発展向上させることを目的とする団体です。代表はみーにん、会員はとつげき東北とnisiです。よろしくお願いします。

マガジン

最近の記事

  • 固定された記事

nisiシミュレータのひみつ(機能編)

研究代表者 nisi 文章編集 みーにん 研究協力者 とつげき東北 1.さあ、シミュレータを知る旅に出かけよう 今回から2回に分けて、私(nisi)が「戦術の根拠となる数値」を求めるために使っている「シミュレータ」についての話をします。  具体的には、 ・シミュレータによって何ができるの? ・シミュレータってどのように数値を求めているの? という点について話をします。  シミュレータに興味を持った方は読んでみていただければ幸いです。 「これを読めばすぐに強くなれる」とは

有料
3,980
    • 終盤の形テン取り鳴き判断

      研究代表者 nisi 研究協力者 とつげき東北、みーにん 1.はじめに今回は、門前の役なし一向聴の手牌で、終盤に聴牌取れる牌が出た時に、鳴いて形テンを取るか、スルーしてギリギリまでアガリの可能性を追うかの選択を考えます。 ・手牌の形 ・巡目 ・ドラ枚数 ・他家の副露数 ・(他家副露時)確定ドラ赤の有無 以上の観点で場合分けして、鳴き判断の優劣(局収支ベース)をシミュレーションで調べてみました。 2.シミュレーション条件等〇手牌形 牌姿1 完全一向聴 牌姿2 両面両

      有料
      500
      • 追っかけ愚形リーチのアガリ率放銃率と、愚形2ハン押し引き

        研究代表者 nisi 研究協力者 とつげき東北、みーにん 1.はじめに今回は、先にリーチ打たれた時の愚形追っかけリーチがテーマです。 先制については、実測値ベースのアガリ率とかをこれまでに調べてましたが、追っかけについてはあまり触っていなかったので、今回は追っかけリーチのアガリ率や放銃率に影響を与えそうな以下の要素について、牌譜解析(実測値ベース)で調べてみました。 ・巡目 ・待ち種類 ・アガリ牌見え枚数 ・内側牌見え枚数 ・スジ牌見え枚数 ・自分アガリ牌の自分スジ状況

        有料
        500
        • リーチ宣言牌と牌の危険度

          研究代表者 nisi 研究協力者 とつげき東北、みーにん 1.はじめに相手のリーチを受けて、牌の危険度とか相手良形確率などを探る際、リーチ宣言牌との関連性については、以前の記事で何度か取り上げました。 ただこの時は、牌譜解析でデータを取っただけで、シミュレーションには反映してない(≒宣言牌の影響は考慮されてない)ため、今回は重い腰を上げて、宣言牌による牌の危険度への影響をシミュレーションへの実装をしてみることにしました。 2.宣言牌による、牌の危険度の牌譜解析条件まずは

          有料
          500
        • 固定された記事

        nisiシミュレータのひみつ(機能編)

        マガジン

        • 麻雀データ・戦術に関する記事
          261本
        • 各記事へのリンク集
          4本
        • 告知・挨拶などに関する文章
          7本
        • nisiシミュレータに関する記事
          5本
        • とつげき東北中心の
          2本

        記事

          NAGA本を読んで~対リーチ鳴き判断

          研究代表者 nisi 研究協力者 とつげき東北、みーにん スペシャルサンクス 多喜田翔吾プロ 1.はじめに先日、多喜田翔吾プロの著書「人工知能は人間を超える―― 麻雀AI『NAGA』の鉄戦術」(以下、NAGA本と表記する)を拝読させていただきました。 この中で、2章テーマ⑤の「タンピンドラ1は鉄チー? リーチ受けのチーテン判断」について、シンプルなテーマながら、まだ取り上げてなかったなーと思ったので、便乗してシミュレーションでの調べをしてみることにしました。 ・他家リー

          有料
          500

          NAGA本を読んで~対リーチ鳴き判断

          相手リーチの待ち分布

          研究代表者 nisi 研究協力者 とつげき東北、みーにん 1.はじめに今回は、相手リーチの待ちがテーマです。相手リーチに対して押し引きを考える場合について、待ちが良形の確率がどれほどあるかという点が、相手リーチの脅威度を測るにあたり、考えることができる要素の1つになるかと思います。 そこで今回は、巡目・ドラ種類・宣言牌種類・相手河の濃さなどの観点から、待ち分布がどのように変化するかを牌譜解析で調べてみました。また、相手の良形率が高い場合に、押し引き判断に変化が出るかをシミ

          有料
          500

          相手リーチの待ち分布

          対タンヤオ仕掛けのアガリハン数分布と押し引き判断

          研究代表者 nisi 研究協力者 とつげき東北、みーにん 1.はじめに今回は、対副露の打点読みとか、押し引き判断がテーマです。 役の可能性が多くて偶発役もあるリーチと異なり、副露の場合、打点がいくらになるかが読みやすく、それゆえに打点読みをすることが重要とされます。 打点を読むにあたり、以下の要素が影響を及ぼすと思われます。 ・仕掛けの種類(役牌・タンヤオ・その他) ・ドラの種類 ・ドラや赤ドラの見え方 ・相手副露で確定してる役牌数やドラ数 ・副露数(副露数が多ければ、

          有料
          500

          対タンヤオ仕掛けのアガリハン数分布と押し引き判断

          相手染め手に対する、字牌の危険度

          研究代表者 nisi 研究協力者 とつげき東北、みーにん 1.はじめに相手染め手に対する危険度については、下記リンク記事などで取り扱いました。 染め色数牌については、かなり詳しく見ていましたが、字牌については分類の数が少なかったので、今回は主に字牌に焦点を当てて、対染め手の危険度を牌譜解析で調べてみました。 ・字牌の種類 ・相手染め手の濃さ ・字牌の見え枚数手持ち枚数 2.牌譜解析条件等・あるプレイヤー(以下、自分とする)のツモ番を調査対象とする。 ・自分以外3者それ

          有料
          500

          相手染め手に対する、字牌の危険度

          場況と手替わり価値の大小比較(アガリ牌2切れの場合)

          研究代表者 nisi 研究協力者 とつげき東北、みーにん 1.はじめに前回の続きです(前回記事未購入でも読めるつくりにはしてますが、一部前回との比較も入れてるので、併せて読むと理解がより深まるかもしれません)。 愚形門前聴牌時のリーチ判断について、前回はアガリ牌が0枚切れ・1枚切れの場合に注目して、局収支的にリーチかダマ、どちらが有利かを調べました。今回はアガリ牌が2枚切れの場合について、同様にシミュレーションで調べてみました。 2.シミュレーション条件等〇想定牌姿

          有料
          500

          場況と手替わり価値の大小比較(アガリ牌2切れの場合)

          昇段間近で、昇段までにかかる試合数の分析

          研究代表者 nisi 研究協力者 とつげき東北、みーにん 1.はじめに先ほど、天鳳で六段から七段への昇段を決めました(だいぶ久方ぶりに昇段画面を拝むことができた…)。 昇段記念として、今回は1つ小ネタとして、昇段間近の手持ちptのときに、何試合で、昇段を決められそうか、みたいなことを分析してみたいと思います。 2.試合始まる前での、昇段までにかかる試合数〇シミュレーション条件 ・現在の持ちpt(入力値として可変)を初期ptとして、特上卓六段から昇段するか降段するまでを1

          有料
          500

          昇段間近で、昇段までにかかる試合数の分析

          場況と手替わり価値の大小比較

          研究代表者 nisi 研究協力者 とつげき東北、みーにん 1.はじめに今回は、だいぶ前のこちらの記事に似た内容にしました。 前回は、愚形門前聴牌時のリーチ判断について、ダマにしたときの両面変化手変わりの牌種類数とアガリ牌切れ枚数(0切れor1切れ)を、主に注目しました。 今回は、場況や、両面変化手変わり牌の切れ枚数や、ドラ枚数や、手役の有無など、場合分けの数を増やして、愚形門前聴牌でリーチかダマ、どちらが有利かをシミュレーションで調べてみました。 2.シミュレーション

          有料
          500

          場況と手替わり価値の大小比較

          字牌の他家手牌・山分布別、先制生牌字牌単騎リーチのアガリ率

          研究代表者 nisi 研究協力者 とつげき東北、みーにん 1.はじめに先制リーチを打つにあたり、数牌待ちならアガリ牌が山に多くいるほどアガリやすい、でいいでしょうけど、字牌待ちの場合、アガリ牌が山にいて、下手に長引くより、他家に孤立とかで持っててもらったほうが、出アガリ可能性とかカウンターもらいにくいとかで、いい場面もありうるんじゃないかと思いつきました。 そこで今回は、先制で1枚見え生牌字牌単騎リーチ時のアガリ牌字牌の居場所(他家手牌・山)別のアガリ率放銃率を牌譜解析で

          有料
          400

          字牌の他家手牌・山分布別、先制生牌字牌単騎リーチのアガ…

          他家がアガリ牌切ってる時の、トップ目先制平和のリーチ判断

          研究代表者 nisi 研究協力者 とつげき東北、みーにん 1.はじめに今回のテーマは、トップ目先制平和のリーチ判断です。以前に下記リンク記事でこのテーマを扱いました。 今回は、以下の場合についてリーチダマ判断の優劣をシミュレーションで調べてみました。 ・ドラ赤0枚見えで、他家リーチが早くかかりそうな場合 ・他家が自分のアガリ牌を切っていて、自分ダマで他家が先にリーチされたときに現物待ちになる場合 2.シミュレーション条件等・自分南家 ・両面36,47待ちで先制(他家3人

          有料
          500

          他家がアガリ牌切ってる時の、トップ目先制平和のリーチ判…

          孤立字牌の経過と、生牌・1枚切れ字牌の切り順

          研究代表者 nisi 研究協力者 とつげき東北、みーにん 1.はじめに序盤で、孤立字牌を切るか残すかの判断をする際、 ・今切った場合に、どの程度鳴かれるか ・今切らない場合に、どの程度重なって対子や刻子にできるか ・今切らずに、後で切った場合に、どの程度鳴かれるor放銃になるか などのデータを知っていれば字牌切り判断の役に立つのではないかと思います。そこで今回は、序盤の孤立字牌がある場合の経過に関するデータを牌譜解析で調べてみます。 2.牌譜解析条件等〇孤立生牌字牌の経

          有料
          400

          孤立字牌の経過と、生牌・1枚切れ字牌の切り順

          ターツオーバー二向聴VS孤立字牌の選択

          研究代表者 nisi 研究協力者 とつげき東北、みーにん 1.はじめに前回に引き続き、序中盤の孤立字牌の残し方がテーマです。 今回は、以下のようなターツオーバーの二向聴で、孤立字牌を切ってターツオーバー(6ブロック)に受けるか、ターツ1個を落として安全度の高い字牌を残す進行にするかの選択です。この選択の優劣(局収支ベース)をシミュレーションで調べてみました。 2.シミュレーション条件等〇手牌形(8パターン) 手牌1 両面両面両面+78s両面 手牌2 両面両面両面+4

          有料
          500

          ターツオーバー二向聴VS孤立字牌の選択

          カンチャンVSペンチャンの一向聴搭子選択

          研究代表者 nisi 研究協力者 とつげき東北、みーにん 1.はじめに前回のこちらの記事とか、 結構前のこちらの記事などで、 先制リーチ時にカン37待ちとペン37待ちだと、ペン37待ちのほうが微妙にアガリ率が高い(カン3m待ちは4mを自分で1枚使ってる分、場に見えてる牌でカベになりにくい)という話が出てきました。 これを踏まえて、以下の牌姿(一向聴でカン3mとペン3pの搭子選択)について考えてみます。 カン3mを残すメリットは、 ・ツモ5mの両面変化、ツモ6mのリャ

          有料
          400

          カンチャンVSペンチャンの一向聴搭子選択