私がsoarを好きな理由

「自分の心が動く瞬間を大切に、働いていきたい」soar編集部スタッフ・松本綾香

「自分の心が動く瞬間を大切に、働いていきたい」soar編集部スタッフ・松本綾香

「人々が持つ可能性が広がる瞬間を伝える」というコンセプトのもと、soarではたくさんの人たちの活動や、そこに込められている思いを紹介してきました。 それはどれも、本当に素晴らしいものばかりで、私たちは日々心を揺り動かされながら、soarの取り組みに携わっています。 けれども、その一方で… 「soarに関わっているメンバーも、みんな、すごく素敵なんです!!」(代表談) 今まで、代表や理事以外のsoarのメンバーにスポットライトが当たる機会は、そこまで多くありませんでした

スキ
45
もらったぬくもりを次へ #soar応援

もらったぬくもりを次へ #soar応援

最近出会ったばかりの #soar さんへの応援メッセージ #soar応援 タグについて書いてみたい。 まずは遠い話から。 私は一児の母でもある。子どもを3人は育ててみたかったが今のところこれからも子どもは1人になりそう。人生いろいろ。 叶ったことも叶わなかったことも誰もがあることだろう。  さて遠い話。遠い話。 子どもに「ありがとう」を教えるときに「ありがとうは?」と大人が促し小さい子が笑顔で「ありがとう」と言う光景を見たことがありますか? 我が子はこの方法がうまくい

スキ
12
やさしさって…

やさしさって…

やさしさってなんだろう。 具体的なことはたくさん浮かぶ。 でもひと言で言おうとするとするりと逃げる。全然やさしくない。 やさしさは形がない。だから掴むことはできない。 やさしさは空気だ。やさしさは温度だ。やさしさはきっと、暖かさ。 迷ったときは暖かい方へ進め。ほっとする方へ。 暖かさの熱源は「想像力」だと思う。これがこうなら、あれはどうかな。私がこうなら、あのひとはどうかな。これをこうしたら、誰がどう困るかな。 考える力。思い浮かべる力。 熱を作るのは「情報」

スキ
7
ネガティブとポジティブは延長線上にあるという「お守り」を、拾い集めること

ネガティブとポジティブは延長線上にあるという「お守り」を、拾い集めること

嬉しいことと、悲しいこと。 ポジティブとネガティブ。 相反する2つの気持ちや出来事は、白黒のようにはっきり分かれるのだと思っていた。 自分の心の中がオセロのボードだとしたら、そこはできるだけポジティブな、真っ白のコマで埋め尽くされるべきだと。ネガティブな黒い感情はすぐにひっくり返してポジティブに変換するべきだと、そう思っていた。 そうじゃないんだよと優しく教えてくれたウェブメディアが、soarだ。 もともといち読者だったこのメディアで、現在はライターとして書かせていた

スキ
21
あなたの好きな記事はどれですか?みなさんのご意見を募集します! #このsoar記事が好き

あなたの好きな記事はどれですか?みなさんのご意見を募集します! #このsoar記事が好き

soarではこれまで、 #soar応援 や #私がsoarを好きな理由 のハッシュタグを通して、読者のみなさんからたくさんのあたたかい想いをいただいてきました。 今回新しく、ハッシュタグ「#このsoar記事が好き」でみなさんの意見を募集します! イベントではいつも読者の方から、記事の感想をいただきます。インターネットを通じてもっと多くのみなさんから、soarの記事のへの想いを聞くことができたら嬉しいです。 SNSで#このsoar記事が好き を投稿! みなさんのお気に入

スキ
9
既存の小さな視野では知られたり認められなかった部分にも光を当て、それでいいんだよと認めてもらえる優しさ。 #私がsoarを好きな理由

既存の小さな視野では知られたり認められなかった部分にも光を当て、それでいいんだよと認めてもらえる優しさ。 #私がsoarを好きな理由

人が持つ可能性に光を当て、その可能性が広がる瞬間をとらえ伝えていく。 そして、全ての人がちゃんと人として尊重され、自分の持っているものを活かして生きていくことができる未来。 そんな活動、発信を行っているsoarさん。 そのsoarさんが、5月末にサポーター300名を目指し、 「#私がsoarを好きな理由」のハッシュタグをつけてのsoar応援コメントをTwitterやnote、Facebook、ブログなどで募集するハッシュタグキャンペーンを実施しました。 多くの方から「#私

スキ
5
“優しさ”や“勇気”の詰まったsoarが好き。「 #私がsoarを好きな理由」の声を集めました!

“優しさ”や“勇気”の詰まったsoarが好き。「 #私がsoarを好きな理由」の声を集めました!

soarでは先日、5月末にsoarサポーター300名を目指して、ハッシュタグキャンペーンを実施。「#私がsoarを好きな理由」のハッシュタグをつけてのsoar応援コメントをtwitterやFacebookで募集しました。 本当にたくさんの方から、コメントをいただき、無事5月末でsoarサポーター300名の目標を達成することができました!コメントを投稿してくれた皆さまありがとうございました。 今回は、いただいたコメントの一部をご紹介いたします! soarには“優しさ”があ

スキ
11
“なんとなく生きづらい” そんな思いをsoarが軽くしてくれた #私がsoarを好きな理由

“なんとなく生きづらい” そんな思いをsoarが軽くしてくれた #私がsoarを好きな理由

不幸せではないけれど、なんとなく生きづらい soarに出会う前、私はそんな風に思っていました。 普段、企業で人事として働いている私は、たくさんのもやもやを抱えていて、その気持ちのやり場のなさに、悩んでいました。特に新卒採用で多くの学生と合う中で、将来を不安に思っている子たちに直面しながら、そのもやもやは大きくなっていきました。 辛くても、苦しくても、明日に希望を見つけることができて、明日も生きてみようと思えていたなら、あの子の命はまだここにあったのだろうか。 もうダメ

スキ
28