やさしさって…
見出し画像

やさしさって…

やさしさってなんだろう。

具体的なことはたくさん浮かぶ。

でもひと言で言おうとするとするりと逃げる。全然やさしくない。

やさしさは形がない。だから掴むことはできない。

やさしさは空気だ。やさしさは温度だ。やさしさはきっと、暖かさ。

迷ったときは暖かい方へ進め。ほっとする方へ。

暖かさの熱源は「想像力」だと思う。これがこうなら、あれはどうかな。私がこうなら、あのひとはどうかな。これをこうしたら、誰がどう困るかな。

考える力。思い浮かべる力。

熱を作るのは「情報」。知ることで想像が膨らむ。知らなければ想像することもできない。

ああそうか、やさしさの構造は暖炉だ。

薪(情報)をくべて炎(想像力)が上がり、暖かさ(やさしさ)が生まれる。

私は誰かを暖められるひとになりたい。どうぞどうぞって、暖かさを分け合えるひとになりたい。回り巡ってたくさんのひとを暖められるひとになりたい。

しっかり暖まって、「じゃあ、行くね」っていうひとを、「いってらっしゃい」って見送れるひとになりたい。いつでも帰っておいでね、ここにいるねって言えるひとになりたい。

たくさんのひとを暖めているsoar。暖炉みたいなsoar。だから私はsoarが好き。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
嬉しいです!なんてお礼を言えばいいか…
フリーの物書き。不登校10代3人の母。保護猫6匹。服と家具作れる。大学生の時新聞奨学生。双極性障害持ち。市民活動団体やNPOで広報、サポート、発起人、コミュニティ管理人なども、雑多にやっています。Twitter→@Kayoko_fmo