社内制度

幹部選挙への慣らし運転「Rookie Vote」Vol.57
+2

幹部選挙への慣らし運転「Rookie Vote」Vol.57

前回と前々回にわたって、わが社の幹部をなぜ社員総選挙で決めてきたのかの経緯と失敗などについて書きました。 実はこの選挙以外にも、うちでは隠れた小規模な選挙がある。  今回はそれについて書きたいと思う。 新卒内選挙「RookieVote」新卒がわが社に入社してきた初年度末にしか行われない新卒内選挙「RookieVote(ルーキーボート)」 だ。 ここ数年、わが社では年に10~20名の新卒を採用してきた。この子たちには入社してから一年の締めくくりとして、同期内のみで認めるT

スキ
10
会社で委員会制度を導入したら想像以上の副次効果が得られた話

会社で委員会制度を導入したら想像以上の副次効果が得られた話

はじめまして。株式会社スタメン HR戦略部の岩田と言います。 スタメンではこれからHR戦略部が持ち回りでこちらのnoteを更新していきます。岩田にとっての初投稿となりますので、まずは自己紹介させていただきます。 簡単な自己紹介 ■氏名:岩田有加里 ■入社時期:2017年6月 ■スタメンでのキャリア:営業→ カスタマーサクセス → 人事 ※いま ■特徴:花粉症、食欲旺盛、メガネ ■あるある話: 社内ではアルバイトに間違えられたり、新卒社員だと勘違いされることがあります。(なぜ

スキ
23
個々にあった時間の使い方を

個々にあった時間の使い方を

こんにちは。カナマルです。 今回はアンドゲート社員の働き方を少し紹介したいと思います! アンドゲートでは、(なるべく)時間に縛られず、社員1人1人がより良いパフォーマンスを発揮できるように、フレックスタイム制度を導入しています。 フレックスタイム制度とは? 簡単に言うと…従業員が日々の始業・終業時刻や働く時間を自由に決めることが出来る制度です。 と言っても、ある人は日中、またある人は真夜中に稼働、、、となってはコミュニケーションも取りづらく困ってしまうので、13時~15時は

スキ
6
選挙制度のうまくいかない失敗 Vol. 56
+3

選挙制度のうまくいかない失敗 Vol. 56

前回はなぜ、わが社が幹部選挙制度に至ったのか、それが機能したことは何か 俺の葛藤などを交えて書かせてもらいました。 いつも 2000文字前後だったnoteなのに  それの1.5倍も増量してお送りしてしまい読むのが大変だろうという申し訳なさと、 半分にすれば2部作になったのに・・・という後悔を残しつつ、 今回はバロックワークス(選挙制度)が進化していく中で  実際にうまくいかなかったポイントを共有したいと思う。 ①力量と期待値の乖離社員全員による選挙だから、正直、俺も誰が当

スキ
14
実際どうだった?気になるワクチン副反応の実状と、特別休暇制度の効果
+10

実際どうだった?気になるワクチン副反応の実状と、特別休暇制度の効果

こんにちは、社内広報の中山です。 今回はワクチン副反応の内容に関する社内調査と、特別休暇に関する調査をまとめて共有させていただきます。また末尾にはこれからワクチンを打つ人向けのノウハウコメントなどもまとめましたので、ぜひご一読ください! 副反応と特別休暇が実際どんなだったか調査!トレタでは、職域接種を利用する機会があったこともあって、多くの社員が新型コロナウイルスのワクチンを接種することができています。また、ワクチンの副反応が出た際に付与される特別休暇制度を設けまして、ワ

スキ
5
うちの幹部は選挙で決まる Vol.55
+5

うちの幹部は選挙で決まる Vol.55

前回はオフィス移転について、俺の想いを書かせてもらいました。 内輪の話だから、そんなの興味ないって言われるかと思ったんだけど、 意外に経営者の意思決定とか葛藤とかって、興味があるような話をいただくので、 この流れの中で、うちの会社がやっている幾つかふざけた仕組みを紹介してみるね。 俺の想いや悩み、失敗や試行錯誤も含めて書いていきたいと思います。 選挙制度(バロックワークス) 実は、わが社の幹部10人衆は年一回の社員全員による投票で決められている。 AKBの総選挙みたいなも

スキ
13
改善活動を支える「提案制度」とは?
+4

改善活動を支える「提案制度」とは?

製造業としてムダをなくし、業務効率や品質を改善させることは、重要課題です。一方で、改善活動のモチベーションを維持・向上させることは至難の業です。 このため金剛鋲螺株式会社では、業務改善につながるアイデアや活動実績を誰でも自由に提案できる「提案制度」を導入しています。2020年度は年間120件の提案が集まりました。 そこで今回は、弊社の改善活動を支える提案制度についてご紹介します。 提案制度とは?嘱託社員やパート・アルバイトを含めた全従業員を対象に、業務改善につながるアイ

スキ
16
インテリア畑の私が新入社員のオンボーディングをやってみた結果[後編]

インテリア畑の私が新入社員のオンボーディングをやってみた結果[後編]

家具のサブスクリプションサービスを展開する『subsclife』でインテリアコーディネーターをしている豊田です。 [前編](前回の記事)では、新入社員のオンボーディングをやってみようと思ったきっかけやプロジェクト化するまでの流れなどを書きました。 今回の後編では、実際につくった制度についてや、プロジェクトをやってみてよかったこと、これから改善していきたいことについて書いていきたいと思います! 実際にやってみた!まず最初に、直近で入社したメンバーへのヒアリングの場を設けま

スキ
13
大人の学びをエンタメ化:社内大学terakoya
+2

大人の学びをエンタメ化:社内大学terakoya

お元気様です!進和建設広報担当の伊藤と申します。 9月25日から社内大学Terakoya を社外の人向けにも開催いたします! 「terakoya」とは?第一、第四土曜日に開催される、進和建設工業の社内研修を「誰でも参加できる市民大学」へと進化させた、地域貢献エンタテイメントです。 弊社のブランドマネージャー、粉奈健太郎さんが、最新のテーマで、企業事例も紹介しながら、どんな業界の人でもタメになる楽しい講義内容となっています。 テーマとしているのは、学校では教えてくれない

スキ
2
インテリア畑の私が新入社員のオンボーディングをやってみた結果[前編]

インテリア畑の私が新入社員のオンボーディングをやってみた結果[前編]

家具のサブスクリプションサービスを展開する『subsclife』でインテリアコーディネーターをしている豊田です。 subsclifeは2016年11月に設立した、社員数34名のベンチャー企業で、私は2020年1月に入社して以来オフィスや医療施設、モデルルームなどの家具の提案をメインで行っています。 今回は2ヶ月ほど前に始めた、新入社員のオンボーディングプロジェクトについて書きました。 これからオンボーディングの体制を整えようとしている方やsubsclifeに興味がある方の

スキ
12