石塔

雑記:千葉胤直一族の墓所

千葉胤直は、室町時代中期の千葉氏の当主で、下総守護であった人物である。

鎌倉府において鎌倉公方を支える有力大名であったが、所謂「享徳の乱」の際しては、上杉方に味方し、後に一族で胤直に不満を持つ馬加康胤に討たれている。

千葉県香取郡多古町の旧東禅寺の墓地には、この地で討たれた胤直とその子・胤宣、および一族の墓所とされる石塔群がある。

石塔は墓地内の隅に集められており、どの石塔が誰のものか判然と

もっとみる

雑記:川中島周辺

武田信玄の話題が続いたので。数年前に長野県長野市の八幡原史跡公園を訪れた時のこと。

この周辺は、所謂「川中島古戦場」で、八幡原は『甲陽軍鑑』にある武田信玄と上杉謙信が一騎打ちの舞台でもある。

元々は八幡神社や石碑があるだけであったが、1969年の大河ドラマ「天と地と」の放映を機に史跡公園として整備され、公園内には長野市歴史博物館も建設され、八幡神社の参道には土産物屋なども建ち並んでいる。

もっとみる

雑記:「正長三年」の石塔

写真ファイルを整理していて気づいた写真の話。

随分前に、埼玉の所沢市、西武の西所沢駅近くにある永源寺と言う寺に行ったことがあった。

同寺は大石信重と言う室町時代の上杉氏の家臣で、武蔵守護代だった人物が開基となった寺で、境内には信重の墓もある。

大石氏は木曾義仲の後裔を称し、長尾氏や寺尾氏などとともに、関東管領上杉氏の被官として台頭し、当時の政局にも深く関わった一族である。

大石信重は九十歳

もっとみる

東海・北陸地方の石造物㉕:永賞寺層塔(大谷吉継供養塔)

名称:永賞寺層塔

伝承など:大谷吉継供養塔

所在地:福井県敦賀市新栄町 永賞寺

敦賀駅から気比神宮方面に向かい、神宮を過ぎた先にある永賞寺には、敦賀城主であった大谷吉継の供養塔とされる層塔がある。

大谷刑部の通称で知られる吉継は、石田三成に味方して関ヶ原の戦いで戦死したが、後に彼を供養するために慶長十四年に層塔が造立されたと言う。

層塔は本堂の前にあり、福井県内の石塔によく見られる凝灰岩

もっとみる

東海・北陸地方の石造物㉔:大年神社宝篋印塔

名称:大年神社宝篋印塔

伝承など:なし

所在地:福井県丹生郡越前町織田 大年神社

越前町の織田にある劔神社は越前国の二宮であり、斯波氏、朝倉氏、織田氏、松平氏など越前国の歴代の領主達の尊崇を受けた神社である。

この劔神社の摂末社で境外の参道にある大年神社の社殿の脇には、古様の宝篋印塔がある。

宝篋印塔は、福井県内でよく見られる石材である凝灰岩の笏谷石製で、相輪と隅飾の大半が欠損している。

もっとみる

京都府内の石造物㊴:石清水八幡宮五輪塔(航海記念塔)

名称:石清水八幡宮五輪塔

伝承など:航海記念塔

所在地:京都府八幡市八幡高坊 石清水八幡宮

「男山八幡」の名でも知られる石清水八幡宮は、平安時代に宇佐八幡宮を勧進した神社で、古くから特に武家の尊崇を受けてきた。

石清水八幡宮の本殿は山頂にあり、京阪電鉄の石清水八幡宮駅(旧称は八幡市駅)からケーブルで山頂に登ることが出来るが、一の鳥居から徒歩で登るルートもある。

一の鳥居は駅から数分の所に

もっとみる

京都府内の石造物㊳:引接寺層塔(伝・紫式部供養塔)

名称:引接寺層塔

伝承など:紫式部供養塔

所在地:京都府京都市上京区閻魔前町 引接寺

「千本ゑんま堂」の通称で知られる引接寺は、平安京の葬送地の一つである蓮台野(他には鳥辺野と化野)の入口に位置しており、「あの世」と「この世」の境にあることから閻魔信仰の寺になったと思われる。

本堂には巨大な閻魔大王像が安置されているが、これは応仁の乱で消失した後に長享年間に再建されたものであり、また同寺は

もっとみる

京都府内の石造物㊱:壬生寺宝篋印塔(歴代住職供養塔)

名称:壬生寺宝篋印塔

伝承など:歴代住職供養塔

所在地:京都府京都市中京区壬生梛ノ宮町 壬生寺

壬生狂言で知られる京都の壬生寺は、幕末に活躍した新選組ゆかりの寺院でもある。

境内の池にある島は「壬生塚」と呼ばれ、その中には歴代住職供養塔と言う宝篋印塔がある。

鎌倉時代末期、あるいは南北朝時代の作と推定され、壬生寺の中でもひときわ古い石造物であり、平安時代の僧で開山とされる快賢らがまつられ

もっとみる

中国地方の石造物⑫:大寧寺宝篋印塔(上杉憲実の墓)

名称:大寧寺宝篋印塔

伝承など:上杉憲実の墓

所在地:山口県長門市深川湯本 大寧寺

温泉地で知られる山口県の長門湯本にある大寧寺は、大内一族で深川城主の鷲頭弘忠が応永年間に創建したと伝えられ、高い寺格を有する寺院である。

鷲頭氏は後に大内教弘に滅ぼされるが、大寧寺は大内氏の菩提寺とされてその後も庇護を受けた。

また、関東管領を隠遁した後で放浪の旅に出て大内教弘を頼った上杉憲実が晩年を過ご

もっとみる

東北地方の石造物㉓:中尊寺釈尊院五輪塔

名称:中尊寺釈尊院五輪塔

伝承など:なし

所在地:岩手県西磐井郡平泉町平泉 中尊寺

奥州藤原氏三代の遺体が安置される、中尊寺の中心的建造物とも言うべき金色堂の奥にある釈尊院の墓地には、在銘最古の五輪塔がある。

空風輪は欠損しているが、ほぼ完全な形が残るこの五輪塔は、平安時代末期の仁安四年銘がある。

平安時代の在銘五輪塔は日本国内に四基しか事例がないが、この釈尊院の五輪塔はその中でも最古の

もっとみる