いつも下の子がおもちゃ並べてるんだけど、よく見たら毎回同じ配列。
青いカーペットは海らしい😁
にいちゃんに遊んでもらうために並べてるらしい。

ありがとうございます!
2

【絵本で英語学習】読み聞かせで英語と女性の生き方を学ぶ

毎晩絵本を読み聞かせを頑張っているママさんきっと多いですよね。グリム童話、日本昔話は子どもたちに読み聞かせだことがあるママは多いと思いますが、比較的現代の女の子の絵本を手に取ることは少ないかな、と思います。
でも、こどもたちにとってノンフィクションだけではなく、実際にいた女の子のお話もとてもおもしろいようです。

アンネフランク、オードリーヘップバーン、フリーダカーロ、マヤについての5冊のハードカ

もっとみる

☆7さい【藍染体験】5_掛軸編5

ご覧下さってありがとうございます(*^^*)
今回のシリーズラストになります。

その①の動画はこちら(掛軸編1)
デザインを考えよう↓
https://youtu.be/FIyxQRtvdy8

その②の動画はこちら(掛軸編2)
糊置きをしてみよう①↓
https://youtu.be/4uJR3ac88Ck

その③の動画はこちら(掛軸編3)
糊置きをしてみよう②↓
https://youtu
もっとみる

2020年1月のPonoLipo Shop自由が丘

PonoLipo Shop 自由が丘では、2020年「STEAM」(Science、Technology、Engineering、Art、Math)という、未来を生き抜く子供達に今最も必要とされている教育5分野にフォーカスしたテーマを設定し、関連っ書籍や図鑑、絵本、おもちゃなどをご紹介していきます。

子どものことばを育てる身近な遊び

ことばの力は、豊かな思考力にも直結する。子どものことばを伸ばしてあげたい、育てたいと思う親は多いのではないだろうか。

この前、娘と2人で出かけた時にふいに娘が言った。

「あのね、わたし、えいがとテレビのちがいわかるよー!」

なあに?と聞くと、得意げに娘が答える。

「1つめ、くらい!」
「2つめ、こわい!」
「3つめ、ながい!」

ほう!と私は感心した。4歳ながらちゃんと2つの違いを捉え(正

もっとみる
良いことがありますように!
26

アンパンマンでも北欧知育玩具でも

うちの子は、アンパンマンが好きです。特にぬいぐるみをぎゅっと抱っこするのが好きです。

僕も妻も、はじめの頃は、アンパンマンのグッズやアニメは見せないでおこうと思っていました。アニメに関しては、アンパンチなど、暴力的な一面があるため、あまり教育に良くないと思ったからです。

ただ、子どもがどんどんアンパンマンを好きになっていくので、仕方ないかなと思い、ぬいぐるみを買ってあげたりしているうちに、キャ

もっとみる

アンドリュー・ノリス『マイク Mike』小学館

この本は 進路選択に関する本、思春期を迎える子どもとの接し方を考える本、親の期待と自分の生き方について考える本、ヤングアダルトの本、海外小説 です。

【おことわり】

ストーリー展開に関する記述があります。結末は記載しませんが、小説なのでストーリー展開を知りたくない方は、【あらすじ】はお控えください。

教育・育児ジャーナリストのおおたとしまささんがあとがきと帯で推薦文を書いています。進路選択を

もっとみる

親子で一緒に英語で遊ぼう!

英語を聴きとるお耳ができるのは、だいたい2才~8才頃といわれます。ちょうどこの時期音楽教育で絶対音階を作ることができる年齢といわれていますから、小さな子供の聴きとり能力にとって大切な時期であるのでしょう。

 ただこうした能力には個人差がありますし、絶対音階が無くても楽器を弾いたり曲を作ったりして音楽の才能を発揮する人はたくさんいますから、英語などの語学習得に関しても、この時期を逃したらアウトとい

もっとみる

ベビー絵本の選び方のコツ

2才前の子どもにとっての絵本は、パパやママ、周囲の大人が言葉がうまく通じない赤ちゃんに向かって話しかけるための道具だと思って選ぶことがポイントです。

 発達心理学や認知心理学などの研究結果を踏まえて赤ちゃんがパッとアテンションすることがえきるようにデザインされた赤ちゃん絵本を選ぶことが、まずポイントです。そうした絵本の中から、パパやママが「これならいろいろ楽しくお話できそうだな」と思える絵柄、内

もっとみる

☆5さい☆【編み物】に挑戦~マフラー~

娘が5歳8ヵ月の頃に撮った動画になります。
ダイソーの器具をつかってマフラーを作りました。

動画では、一周編んでいるだけです。
5歳でも出来るという、雰囲気だけでも伝わればと思いアップしました。

最初と仕上げ、そして色を変える所以外は自分でやりました。
根気がいりますが、編み物やってみたい!というお子さんの参考になれば幸いです(*^^*)