瀧本宿題

インスタントな答えを探してはいかん
教養 いろいろな見方があることを知る
自分で考える基礎 武器をもたねば

https://note.com/doourhomework/n/nb4572987819b

言葉と、とことん向き合っていく

書くということを毎朝の習慣にしたいけど、まだ習慣化するのに四苦八苦している6月ー7月の頃。

瀧本哲史『2020年6月30日にまたここで会おう』特設noteにたまたま出逢った。このたまたまにとても感謝したい。個人的は共感できる点が多々あり、何度も頷きながら読破しました(そのあと興奮して寝付けず)。自分のなかで塵のように積もっていた、もわっとしていたいろいろな思考をスッパーーーン!っと言語してくれて

もっとみる
あなたのお時間ありがとうございました!
1

von voyage①

四つ葉のクローバを見つけたら幸せになれるのかなと考えながら20分ほど探した結果、この何も考えずに必死に四つ葉のクローバを探してる時間が幸せなことに気づいた高司です。#見つかってないけどね

さて、今日は「瀧本さんの講演録を読んだよ」についてお話します。

もう一気に読んでしまいました。読み始めると止まらないので、注意してください。

この講演録を読んで、素直にすごく応援されている気持ちになりました

もっとみる

対話する社会へ

暉峻淑子さんの『対話する社会へ』を読んでいます。
何度も何か所も目頭付近が熱くなるポイントがあります。
冒頭部分に

日本人の多くは、戦争に巻き込まれたり、暴力行為によって支配されることがない平穏な生活を、平和だとかんがえているようです、平和とは受け身で何もしないことではない、平和も民主主義も努力して作っていくものだと、頭ではわかっていても、おまかせ主義の毎日が過ぎていきます。

と書かれてありま

もっとみる
嬉しいです!!ありがとうございます!!
3

瀧本哲史さんの宿題をやります。『2020年6月30日にまたここで会おう』

瀧本哲史さんとは?

エンジェル投資家、元マッキンゼー、経営コンサルタント、京都大学客員准教授で起業について教鞭を取り、絶大な支持を得ていた、瀧本哲史さんが亡くなったのは昨年8月。

そんな瀧本さんの本が全部公開されていて、しかも「7/6までってあと数日じゃないかあっ!」と気付いたので、今日はいつもと違って、文章力UP技術や文章力UPマインドについて書かないし、分かりやすくない文章かもしれませんが

もっとみる
わぁ!めっちゃ嬉しいっ^^ありがとうございますー!!!
4

宣誓

自分の決断に、人生に、責任を持って生きていく。いつでも大胆に最大限な自分でいることを誓う。そして少しずつ確実に世界を変えていく。

瀧本先生からもらった武器で、僕は宗教を変える

まずはこの記事を読んでみてください。

7月6日までは、瀧本哲史先生の講義を本にした『2020年6月30日にまたここで会おう』の本文も無料で公開されていて、読むことができます。

良ければそちらも先にご一読ください。

脳と心の両方が震える、数少ない名講義だと感じました。

それでは、僕の宿題を提出します。

と言っても、僕はこのnoteで初めて瀧本哲史さんを知ったので、直接宿題を出してもらったわ

もっとみる

わたしにとって、noteとは。

謝辞

先日、noteで瀧本哲史『2020年6月30日にまたここで会おう』特設noteを発見し、全文公開の方のみにはなりますが、読ませていただきました。それに刺激を受けたので、今月は早い時期になりますが、記事を更新します。

先ず、瀧本哲史氏が夭折されたこと、改めてお悔やみ申し上げます。

そして、このような特設サイトを設置し瀧本氏の声を届けてくださった柿内芳文氏に感謝申し上げます。

上の方にリ

もっとみる
よろしければshareもお願いします。
1

これから文章を書く自分に意識させたい11のこと

文章を書くことはそれなりに得意だと思っていたのに、全然書けずに3ヶ月経ったことを考えるとなんだかくやしくて、、、

ぼくには才能がない

まず、そう簡単に文章が書けないことに気付けて良かった。

だって才能があると思い込んでいたら

「別にいつでも書ける」とか
「書けないのではなく、書かない」とか

変なプライドで結局書かないでしょう?

そんなプライドよりも「文章を書く力が向上しないこと」が何よ

もっとみる
いつもありがとうございます
9

瀧本宿題

8年間の振り返りとしては、まずは生きるのに精いっぱいだったこと。
連れ合いのおかげで何の努力もせずに海外移住や店を持つ夢がうっかり叶ってしまった事。
夫と言う生活の安定を得て、ゆとりを得て自分がやらなくてはと言う事が見つかった。

2019年からベビーブーム革命家として、セックスの重要性や、素晴らしさを伝えている。

革命の目的は、

子どもが「お父さん、お母さん、もっとセックスしなよ」って言える

もっとみる