見出し画像

全文公開 『2020年6月30日にまたここで会おう』 第三檄「世界を変える『学派』をつくれ」

 では、ここにいるみなさんが猿から人間になって、一人ひとりが個人として正しく物事を決められるようになったり、言葉を磨いていければ、それだけで世界が良くなって「はい、メデタシメデタシ」となるかといえば、残念ながら現実は、そうはうまくいかないんですね。
 なぜなら、就職とか結婚とか、人生に関する問題のほとんどは個人や個人間だけで決められるんですけど、社会に関する問題は、集合的な意思決定というのが避けられなくてですね、民主主義ではそれを多数決で決めていくしかないからです。
 たとえば、今まさに大きな社会問題となっている原子力発電の再稼働や、社会保障をどうするかなんて問題は、絶対にひとりの意思では決定できませんよね。
「僕は原子力が大っ嫌いなので、僕だけ原子力発電所を使いません」とか、どう考えても不可能じゃないですか。
 社会保障に関しても、少子高齢化がどんどん進んで将来の医療費の負担をどうするか、年金の支給時期やその額をどうするかでずっと騒いでますが、いま60代、70代の人々と、みなさんのような10代、20代の方々では、問題の前提も捉え方も大きく違っているので、価値観や利害が対立して決断困難な状況になるのは、どうしても避けられないわけです。


「霞が関の競合」をつくろう

 そうそう、僕と同じ東大出身の若手論客でいちばん有名な方、いるじゃないですか。あの、喋り方がちょっと独特な人(会場笑)。

……この続きは、星海社新書『2020年6月30日にまたここで会おう 瀧本哲史伝説の東大講義』で、受講してください!

星海社新書『2020年6月30日にまたここで会おう 瀧本哲史伝説の東大講義』全文公開

● 第一檄「人のふりした猿にはなるな」 (全文公開中)
● 第二檄「最重要の学問は『言葉』である」(全文公開中)
第三檄「世界を変える『学派』をつくれ」(全文公開終了)← イマココ
第四檄「交渉は『情報戦』」(全文公開終了)
● 第五檄「人生は『3勝97敗』のゲームだ」(全文公開終了)
● 第六檄「よき航海をゆけ」(全文公開終了)

※ 本講義を読んで感銘を受けた方は、ハッシュタグ #瀧本宿題 をつけて自分の学びや感想、決意表明などをnoteに投稿し、次世代にシェアして下さい!!

講義を読んで、いつでも読めるようお手元に置いておきたいと思った方は、こちらからご購入を(売り切れ状態が続いておりますがご了承ください)。

amazon以外のオンライン書店は、こちらから ↓
https://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000341338

【ニュース】
瀧本哲史の武器シリーズ、『武器としての決断思考』と『武器としての交渉思考』がついに電子書籍化! 星海社オリジナルの電子書籍専用フォント「なぎ(凪)」を搭載した電子書籍の予約がKindleストアにてスタートしました。※発売開始は7月17日です

kindle版『武器としての決断思考』
kindle版『武器としての交渉思考』

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

皆さまからのサポートは、『2020年6月30日にまたここで会おう』他、瀧本哲史さんの著作物を次世代につないでいくため、大切に使わせていただきます。

DO YOUR HOMEWORK!!!!
458
2019年に夭逝した瀧本哲史さんが、2012年6月30日に10代20代を集めて「君たちの力で世の中を変えよ」と檄を飛ばした〝伝説の東大講義〟。それから8年後、再結集を約束した「2020年6月30日」を記念し、このnoteを立ち上げました。講義を受けよ、そして#瀧本宿題で投稿せよ!