見出し画像

講義を受けよ、そして #瀧本宿題 で投稿せよ! DO OUR HOMEWORK.

この特設noteをつくった、編集者の柿内芳文です。昨年(2019年)瀧本哲史さんが急逝し、担当編集者として自分にできる「宿題」は何かと考え、僕は『2020年6月30日にまたここで会おう』という本をつくりました。2012年6月30日に東京大学の伊藤謝恩ホールにて、瀧本さんが300人の10代・20代を集めて行った「伝説の東大講義」を、一冊の本として完全収録したものになります。

「君たちは自分の力で世の中を変えていけ!」というメッセージがつまった白熱の2時間で、日本の未来に期待し、支援を行なっていた瀧本さんの思想と生き様を最もよく示した講義の一つなのだと思っています。

(未読の方には結末を先に伝えてしまいますが)その講義の最後で、瀧本さんは「8年後の今日、2020年の6月30日の火曜日にまたここに再び集まって、みんなで『宿題』の答え合せをしましょう」と言いました。

「みなさんは、すでに20代後半とか30代になってると思いますが、『あのときをきっかけに、この8年間、こんなテーマに取り組んでやってみた結果、ちょっとだけですが世の中を変えることができました』とか、『あの日たまたま隣にいた人とこういうことをやったら、こんなことができました』とか、『失敗続きですが、そのおかげで今はこういったことを考えてます』とか、何かそういう報告ができたら面白いじゃないですか。再決起ですよ(笑)。
 こういう話を30代半ばとか40代の人に言っても『ボワーッ』みたいな感じだと思うので(会場笑)、これからまだいろんなことができる可能性があるみなさんだから、ほんとうにやりたいと思っています」

ーー『2020年6月30日にまたここで会おう』第六檄「よき航海をゆけ」より

目の前の若者のミライ(アクション)に期待していた、瀧本さんらしい素敵な提案です。しかし残念ながら瀧本さんは昨年亡くなり、瀧本さん不在でも当時の講義参加者を見つけて集おうと考えていましたが、今度はコロナの影響により会場も使用できず、諸々鑑みて、再集結することは断念しました。

しかし、再集結することが瀧本さんの目的であったわけでは決してありません。瀧本さんが期待していたのは、講義を受けた若者の一人ひとりが、

●「自分で考えて、自分で決められる」個人として、自立し(猿から人間になり)
● 自立した人間同士、仲間をつくり
● それぞれの持ち場でできること(宿題)をやる
● その結果として、パラダイムシフトを起こす

こと。それを瀧本さんはよくひと言で「 DO YOUR HOMEWORK ! 」と言っていました。

僕は「中二病」の気もあるので言いますが、この『2020年6月30日にまたここで会おう』という本をきっかけにして、本当にこの社会にパラダイムシフトを起こしたいと思っています。

今回、再集結ではなく、2020年6月30日に合わせてこういったサイトをつくり、「伝説の東大講義」を全文無料公開したり、講義をオトバンクのオーディオブック(瀧本早口バージョン)にして皆で聴くイベントを開いたり、瀧本さんと関わりのあった方々にインタビューしたりしていますが、瀧本さんを偲ぶことが目的ではありません。そうではなく、瀧本さんからバトンを受け取った人間たち(特に10代・20代の若者たち)が、自分の「宿題」は何かと考え、自らの持ち場で何かしら具体的なアクションを起こすためのきっかけづくりにしたいーー。

なのでお願いがあります。瀧本さんの講義を受けた(読んだ)感想を、ご自身のnoteに書いて、シェアしていただけないでしょうか。具体的には #瀧本宿題 というハッシュタグをつけて投稿してほしいのです(以下は、三浦宗一郎さんによる投稿です。参考として)。

感想というと少しハードルが高いかもしれませんが、アマゾンレビューやツイートくらいの分量でも構いません! 

● 講義を受けて、感じたこと、考えたこと、決意したこと
● 2012年から2020年までのこの8年間、自分なりにやってきたことの振り返り
● これから先の8年間で、自分がやるべき「宿題」(課題・目標)
● 今回の講義に限らず、瀧本さんの著作から学んだこと
● 瀧本さんから直接学んだことがある方は、その学びや瀧本さんとのエピソード
●「伝説の東大講義」を受けた元10代・20代の300人は、当時の記憶やノートにとったメモ
● すでに感想等を書かれた方は #瀧本宿題 のタグを付けて再度感想を

ぜひシェアして下さい。お願いします。

また、この特設アカウントでは、瀧本さんの薫陶を受けた若き「ゲリラ」たちのインタビューを順次公開していきます。興味のある方はフォローをお願いします。


DO OUR HOMEWORK!!!
自分たちの、宿題を、やろう。


みなさんからの投稿を募るとともに、少しでも盛り上げるために、ちょっとしたプレゼント企画も用意しました。

ハッシュタグ #瀧本宿題 をつけてnoteに投稿していただいた方のなかから、独断と偏見で11名を選び、「瀧本哲史全著作」と「宿題軍資金10万円」をバラまきたいと思います。

●「瀧本哲史全著作」(10名様)
『僕は君たちに武器を配りたい』『僕は君たちに武器を配りたい エッセンシャル版』『武器としての決断思考』『武器としての交渉思考』『君に友だちはいらない』『読書は格闘技』『戦略がすべて』『ミライの授業』『ZERO to ONE(瀧本哲史・序文)』『2020年6月30日にまたここで会おう』計10冊。柿内が独断で選びます。
「宿題軍資金10万円」(1名様)
これから自分の持ち場でなすべき「宿題」のためにお使いください。『2020年6月30日にまたここで会おう』版元の星海社より資金提供。星海社と一緒に選びますが、10代・20代を優先します。

応募資格:「#瀧本宿題 をつけてnoteに投稿」のみ。7月31日24時時点でプレゼント企画は一度締め切り、8月上旬に当サイトにて結果発表、順次バラまき(#瀧本宿題 での投稿は、8月以降もずっと募ります!)。

画像1


そして、まだ「瀧本哲史伝説の講義」を受けていない方は、ぜひこちらから受講して下さい! ↓↓↓↓↓↓↓↓

① 2020年6月30日19時よりライブイベント(〜21時過ぎまで)
瀧本哲史ゲリラナイト
「伝説の東大講義」をみんなで聴こう!
(オーディオブック「全音無料公開」イベント)
※ こちらのイベントは終了いたしました。

② 「伝説の東大講義」無料全文公開(〜2020年7月6日24時まで)

③ 星海社新書『2020年6月30日にまたここで会おう』

amazon以外のオンライン書店は、こちらから ↓
https://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000341338

映像:そーせん/Hiroki Hayakawa

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

皆さまからのサポートは、『2020年6月30日にまたここで会おう』他、瀧本哲史さんの著作物を次世代につないでいくため、大切に使わせていただきます。

DO YOUR HOMEWORK!!!!
539
2019年に夭逝した瀧本哲史さんが、2012年6月30日に10代20代を集めて「君たちの力で世の中を変えよ」と檄を飛ばした〝伝説の東大講義〟。それから8年後、再結集を約束した「2020年6月30日」を記念し、このnoteを立ち上げました。講義を受けよ、そして#瀧本宿題で投稿せよ!

こちらでもピックアップされています

瀧本宿題
瀧本宿題
  • 1本
コメント (2)
グッジョブ!柿内芳文さん。
映画「きっとうまくいく」を見終わり、6月30日だと気づいて追いかけて視聴できました。声優さんの技量がすごい!そして、素晴らしい講義!優しさとサービス精神、愛を感じました。(若者ではないけど)感想書きます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。