漫画の描き方コラムを始めます。



こちらは私が漫画を描くうえで学んだことをまとめたキャラクターに特化した漫画の描き方本(https://shiomid.booth.pm/items/2574905)のイントロで使用した漫画です。

この本に書いたことをちょっとずつnoteにもアップしていこうと思います。

少しでも皆さんの役に立ちますように。

もっとみる

グータラ勉強法



おわり

普段私は漫画やイラスト、書籍、ゲーム制作、投資をしております。

そしてプログラミングをダラダラと始めました。

個人ブログやTwitterでイラストや漫画、漫画制作に役立つことを配信してます。

個人ブログ(松元美智子のクリエイティブブログ公式)
https://michikom1996.com/

Twitter
https://twitter.com/michiko1996

もっとみる

名作マンガを生み出す5つの方法

最近、マンガのことをよく考えているので、マンガについての考察をつれづれに書いてみたい。

マンガに限らずコンテンツ全般に言えるが、無意識にアクセスすると面白くなり、無意識にアクセスできないと面白くなくなる。中島らもは、無意識にアクセスするためにお酒を飲んで酩酊し、酩酊しながら書いていた。60年代のミュージシャンにもドラッグが欠かせなかった。特にLSDは強烈だったらしい。ジョブズもLSDで悟りを開い

もっとみる
嬉しいです。
6

持ち込み第2回目終了して気づいた多くの方がやってしまいがちなエッセイ漫画の描き方

今回は6名の方の作品を拝見させていただきました。

そして今回はそのオンライン持ち込みの際に陥りがちなエッセイ漫画の描き方がいくつかありましたので、そのひとつを紹介したいと思います。

その名も『ダイジェストになってしまってる〜!!』問題です!

どういうことかと言いますと…

↓こちら私の著作なんですが例として使わせていただきます。
まず読んでみてください。

これを、↓こう描きがちなんです。

もっとみる
ありがとうございます!
61

友情努力勝利の原点!?『描きたい!!を信じる 少年ジャンプがどうしても伝えたいマンガの描き方』を読みました。

マンガ家は職人だなって思いました。少年ジャンプのこと、マンガのことがもっと好きになりました。マンガの話が書かれていますが、クリエイティブにかかわる人には参考になると思います。

表情やセリフに戦略があることを知れるだけではなく、書き方のテクニック的なことだけではなく、描くことの敷居を下げてくれるとてもよい本でした。感想を綴ります。

もくじ
第1章 技術論の前に「描きたいもの」を育てる
第2章 2

もっとみる
次も頑張ります!
7

【超初心者向け漫画講座】絵上手人じゃなくても楽して推しカプまんがを描こう



まんが描いてみたいけどハードル高いな、というROM専や文字書き向けの講座です。

絵なんか上手く描けなくてもいい。
「推しカプの面白いOR萌え萌えキュンな会話を伝える」のが目的ならば。

あえて最初に言おう……ちょっと練習して絵のパターンを「覚える」のは以下で十分! これだけでコメディ調のまんがが描けます。

「真面目絵柄の斜め顔」「真面目絵柄の横顔」+「バストアップの胸元」
「デフォルメ顔」

もっとみる

漫画にセリフ数とキャラ数のダイエットを

今日はKの小部屋さんの記事を読ませていただきました。

ジャンプで大御所の松井先生が、漫画を描くためのお話をされていて、kの小部屋さんは、面白くて、このジャンプの漫画学校の記事を読むのが大好きだそうです。

僕も漫画家をしているので、とても参考になりました。

まずセリフは少なくする。ということですが、僕はセリフのダイエットと呼んで、自分の漫画のセリフを言い換えや、絵だけで見せられないだろうかと考

もっとみる
ありがとうございます
5

飽きやすい・ADHDの漫画の作り方

電車に乗ってる事が多い日が続いています。この時間、暇ですね。

瑳織の漫画が出来るまでを書きます。

タイトルにADHDと描いたのは、ちょくちょくADHD、忘れっぽい、興味がすぐうつる…etcゆえの工夫があるからです。私なりの工夫です。

今回描く漫画は
「男友達を好き過ぎる女友達の話」です。

【描きたいシーンを絵にする】

頭に浮かんだ「こんなシーンが欲しいな」というものから話を作ります。描き

もっとみる
超ハッピー!
20

【簡単】必ず描くのが上達する漫画の読み方まとめ【実証済】

今回は簡単に漫画が上達する漫画の読み方をお教えします。

◆こんな方にオススメ

・漫画を描いているけど、出版社の人に「初歩的なところが出来ていない」と言われる

・漫画の模写をしたり色々描いたけど自信がない

この記事ではこのような悩みにお応えします。

この記事を描いている私は、漫画の執筆歴12年ほど。全くの初心者で某アニメーションスクールからも見放されたほど漫画が描けませんでしたが、プロの講

もっとみる